日本楽器會社 (山葉)文化椅子

折りたたみ式の山葉文化椅子2脚セットを東京都世田谷区のお客様からお買取しました。

文化椅子という言葉も日本楽器會社 (山葉)という社名にも、あまり聞き覚えがないかもしれません。
文化椅子は、大正末期から昭和10年ごろまで製造販売されていた椅子です。当時、文化椅子を製造していたのが山葉家具で、今のYAMAHA/ヤマハのことです。

そもそもは1903年に日本楽器が日本木工を吸収合併し、家具製作を始めたことがスタートです。最初は楽器の箱制作から始め、しだいに家具や調度品に発展して、クラシックホテルとして名高い箱根富士屋ホテルの家具や調度品の納入などを行いました。

文化椅子はこうした高い技術力を背景にして、1930年代に製造がはじまりました。和洋折衷のデザインで折り畳みができるテーブルと椅子のセットは、当時の最先端モードのひとつでした。中流階級以上の家庭では畳の部屋にテーブルと椅子を置く生活をしていたため、この文化椅子セットのように小さくたたんで収納できる家具が必要だったのです。

シンプルかつ優雅なアールデコ調のデザインと機能性の高さから一大ブームを巻き起こしましたが、やがて戦争のために製造中止となりました。

しかし多くのファンが復刻を希望したため、ヤマハでは1981年に文化椅子セットを復刻販売、また2001年にはカタログハウス社より椅子のみの復刻販売を行いました。
復刻版の文化椅子も良品ですが、やはり当時のオリジナルのしっとりした風情はいいものです。オリジナルの人気は高く、需要が尽きないお品物です。

世田谷区骨董品