米久和彦作 九谷焼 赤繪風車文花瓶

東京都太田区のお客様から米久和彦作 九谷焼赤繪風車文花瓶をお買取いたしました。

このお品物は、九谷焼でも人気のある赤絵の手法を用いています。九谷焼の歴史は360年におよび、古九谷風や木米風(もくべいふう)など時代ごとに画風や作風がかわって洗練されてきました。

多くの手法があるなか、飯田屋風(いいだやふう)と呼ばれる赤絵は、絵柄と赤い絵の具の華やかなコンビネーションで非常に人気があります。

赤絵は緻密な線描が特徴で、職人や作家の腕の見せ所。高い技術力がなければ制作できません。また、九谷焼の赤絵はかつて京焼の名工・青木木米(あおきもくべい)の指導によって始まったため、京都風の優雅さを残した華麗な作風なのです。

今回のお品物にもその伝統が受け継がれ、スキのない造形の花瓶にはびっしりと風車文様が描かれています。ちなみに風車文様は着物の柄にもよく取り入れられている和のパターンです。軽快な風車の動きをイメージさせる絵付けで、花瓶の重量感とのバランスがすばらしい作品です。

九谷焼は食器のほか飾り皿や花瓶、酒器、茶道具などがあり、いずれも非常に人気があります。なかには骨董的に価値の高い作品もございますので、お手元に九谷焼があれば、いちど鑑定を依頼されるといいでしょう。

大田区陶磁器