隠崎隆一作 備前焼ぐい呑

東京都世田谷区のお客様から隠崎隆一作 備前焼ぐい呑をお買取りしました。

隠崎隆一(かくれざきりゅういち)は、昭和後期から現在にわたって活躍している陶芸家です。
昭和25年に長崎県に生まれ、大阪芸大ではデザインを学びました。

卒業後はグラフィックデザイナーとして働き、やがて2次元のデザイナーから立体に興味が移ったため、陶芸の道に入ることを決意。はじめは岩本修一に師事して、備前陶芸センターで陶芸の基礎を学びました。のち備前焼の人間国宝・伊勢崎淳などの弟子になり、二人の師から備前焼の技術をしっかりと受け継ぎました。

昭和57年に岡山県美術展で山陽新聞社賞を受賞、ついで昭和60年には岡山県長船町(現・瀬戸内市)にみずからの窯を開き、独立。その後も田部美術館大賞・MOA岡田茂吉賞優秀賞受賞・日本陶磁協会賞受賞などを経て、今なお独自の路線をゆく新しい感覚の備前焼を作り続けています。

隠崎隆一の特徴は、ひとひねりしたインパクトのある造形です。
今回のお品物も、端正なろくろ造りから一変して、ちょっとつぶれたような形に変形するなど、見るものをひきつけて放さない造形美があります。

非常に現代感覚が強いため、日本のみならず海外でも高い評価を受けており、2000年以降もアメリカのボストン美術館やニューヨークのジャパンソサエティに作品を出品するなど精力的に活動を続けています。

世田谷区陶磁器