丸紋黒塗陣笠

東京都目黒区八雲で丸紋黒塗陣笠をお買取りしました。

陣笠というのは、もともと戦陣で着用した笠のことです。戦国時代の文献によれば、足軽と呼ばれた下級武士はそりのない陣笠を使用したようです。足軽が使用していた陣笠は素材が革もしくは金属製だったと考えられ、もともとは兜の代用品でした。ごく簡単で安価な防具だったのです。

戦場で使用されるため、陣笠を一目見て敵と味方がわかるようにする必要がありました。陣笠の正面にある紋や合印(あいじるし)は、所属軍の目印として機能していました。

やがて江戸時代になると、陣笠の役割が変わります。上級の武士が軍事行動に参加する場合や、出火などの非常時に着用し、大名陣笠と呼ばれました。大名陣笠はサイズが大きく、笠の端にそりがつけてあります。また今回のお品物のように自家の紋を正面に入れることが多く、高位の武士が着用する陣笠には笠の裏に金銀の箔押しがしてあったり、漆塗り、たたき塗り、朱塗りなどをほどこしたりと、高級化していきました。

こういった陣笠などは処分しようと思われる方が多いのですが、実は非常に堅調な売れ行きがあります。最近ではコスプレ(いろいろな衣装を着て、マンガやアニメのキャラクターに扮すること)のためにわざわざ陣笠をオーダーする人もいるくらいです。

自宅の蔵から刀剣・甲冑や陣笠などが出てきた場合は、ぜひご一報ください。

目黒区骨董品