浅野治志作 色絵陶筥

東京都目黒区上目黒で浅野治志作 色絵陶筥をお買取りしました。

浅野治志(あさのはるゆき)は陶芸家であり、宮城教育大学教授という教育者でもあります。日本工芸会正会員で、河北工芸展招待作家でもあるという多彩な顔の持ち主です。

宮城教育大学では、主として陶磁器の表面装飾と器のフォルムとの関わり合いをテーマとして研究活動を精力的に展開しています。
研究テーマは、ろくろ成型で素地を作り、透明釉薬やマット釉、青磁釉などを用いて高温焼成した後にサンドブラストを使った表面装飾をするというものです。
染付の技法による装飾効果や色絵による絵画表現の研究なども大きなテーマとなっています。

浅野治志は、教育者として学生の教育に非常に熱心で、門下生の中からはプロの陶芸家が何人も巣立っていますし、定期的に卒業生とともにグループ展などもおこない、東北地方の陶芸を盛り立てる一翼を担っています。

浅野治志の作風は、繊細な絵付けと透明感のある白磁の色合いです。つやのある釉薬の肌に絵柄がマッチして、実に上品な作品が出来上がります。
今回のお品物は、色絵陶筥(とうばこ)。色絵とは陶磁器の表面に彩色したもので、このお品は丸みを帯びた陶器の箱に植物を描き、さらにトンボを添えて、秋風を感じさせる陶筥(とうばこ)です。

目黒区陶磁器