象牙蓋付き茶入れ

東京都大田区西嶺町で象牙蓋付き茶入をお買取りしました。

茶入(ちゃいれ)とは、茶道のお道具の一つです。
濃茶を入れるための容器で、陶器でできているものがほとんどです。もともと、中国から茶道の道具としてやってきたため、中国製の茶入れは”唐物(からもの)”といって珍重されてきました。
青磁や白磁の茶入れが有名で、日本でも唐物の茶入を模したものが多数つくられていました。

いっぽうで、日本で作られた陶器の茶入は”和物(わもの)”とよばれました。和物の茶入で人気があったのは、古瀬戸の器です。愛知県の瀬戸市で作られた陶器で、釉薬を全体にほどこすのが特徴です。
わび・さびを感じる風情を持つ茶入が多く、戦国時代から安土桃山時代にかけて、唐物よりも人気の高い茶入が作られました。戦国時代以降は、日本の美意識に基づいた茶道の道具がしっかりと根付いた時代だと言っていいでしょう。

今回のお品物は、象牙の蓋つきの茶入です。
形は、肩が張り出した”肩衝(かたつき)”。茶入の他の形である、四滴(してき)や小壺(こつぼ)より、シャープなフォルムが印象的です。肩衝
小さな象牙製の蓋がついており、つややかな釉薬と釉薬のない部分の対比が味わいとなっているお品です。

大田区茶道具