永島慎二作リトグラフ

大田区蒲田で永島慎二作「ピエロⅡ」のリトグラフをお買取りしました。

永島慎二は昭和期に活躍した漫画家です。
1937年に東京に生まれ、生家は雑貨商でした。幼いころより漫画家をこころざし、目黒区立第一中学校を2年で中退してからは家出をして職を転々としつつ、漫画を描き続けていました。
しかしなかなか芽が出ず、1952年にようやく「さんしょのピリちゃん」でプロの漫画家としてデビューを果たしました。

1953年ごろには若木書房に原稿を持ち込むようになり、つげ義春や遠藤政治と出会いました。この頃より同業の漫画家の集まりに参加して、同じころに活躍していた辰巳ヨシヒロ、さいとう・たかをなどとも親交を深めました。
永島慎二の代表作は、1961年に発表した「漫画家残酷物語」。漫画業界の赤裸々な現実を描き出した意欲作で、漫画にすべてをかける青春群像をリアルに描きこみました。
ほかにも「フーテン」や「はないちもんめ」で、若者から熱狂的に支持された漫画家です。

今回のお品物は、ピエロを描いたリトグラフ。ブルーと黒のバックに、椅子に座って頬杖をついているピエロの姿。画面全体からは哀愁がただよい、なんともセンチメンタルな作品です。
あの手塚治虫に、”マンガのカリスマ”と呼ばれた漫画家の、繊細な抒情性が匂い立つようなリトグラフです。

大田区絵画版画・リトグラフ