南桂子作ペン画

東京都品川区小山で銅版画家として有名な南桂子氏のペン画をお買取りしました。

南圭子は、昭和期に活躍した銅版画家です。
1911年、富山県に生まれ、1928年に富山県立高岡高等女学校を卒業。在学中から絵画に興味を持っており、結婚して長男を得ます。第二次世界大戦の1945年に、長男とともに東京へ移り、最初は作家の壷井栄(つぼいさかえ)に師事して童話を書き始めました。

絵画への情熱はやみがたく、1949年に第13回自由美術展へ油彩画「抒情詩」を出品。同じころ、油絵の師である森芳雄のアトリエで、将来の夫・浜口陽三と出会いました。1950年に第2回日本アンデパンダン展、第14回自由美術展に出品。1951年に第5 回女流画家協会展へ「風景」を出品するなど精力的に活動を続けます。
1954年に浜口洋三とともにフランスへ渡り、フリードランデルの版画研究所で版画の技法アクアチントを学び、帰国後の第18回自由美術展に銅版画「占い師」「小鳥と少女」を出品。版画家として歩み始めます。
1956年にはアンデパンダン展に出品した「風景」を、フランス文部省が買い上げるなど、高く評価されました。

南圭子の作風は、硬質な線で幻想的な描写を生み出した点です。1958年のユニセフのグリーティングカード「平和の木」にみられるように、一見すると平板な線を用いながら非常にロマン性の高い作品を次々に制作しました。
今回のお品物もメルヘンの空気あふれる作品で、静謐な抒情性を豊かにたたえています。

品川区絵画版画・リトグラフ