大韓帝国 勲一等太極章

港区赤坂で大韓帝国 勲一等太極章を買取りました。

太極章は、1897年から1910年まで朝鮮半島を統治していた大韓帝国で授与されていた勲章です。
大韓帝国では1900年に勲章条例が制定されました。その後、紆余曲折を経て金尺大勲章・瑞星大勲章・李花大勲章・太極章・八卦章・紫鷹章・瑞鳳章の7つの勲章が授与されるようになります。

太極章は文武官を対象にした勲章で、勲一等から勲八等まで8等級に分かれており、それぞれ決められた基準によって授与されます。
ちなみに勲一等太極章を授与された者で、さらに国や皇帝に対して特別な貢献をした場合には、李花大勲章(大勲位李花大綬章)が与えられます。
大韓帝国は日本との関わりが深かったため、太極章を授与された日本人も多くいました。

今回買取りしました太極章は勲一等。太極章の等級でもっとも高い位にある勲章です。
その名の由来となった太極の図案を中心に李花で飾られたデザインは格調高く、見ていると身が引き締まる思いに駆られますね。

このような勲章やメダルの買取りなら、買取福助にお任せください。
日本はもとより、他国の勲章・メダルも正確に鑑定して買取りいたします。

港区勲章・軍服