勲四等旭日小綬章

東京都品川区中延で勲四等旭日小綬章を買取りました。

旭日章は日本で初めて制定された勲章です。
1875年(明治8年)に制定された時点では、勲一等から八等まで8等級でしたが、1888年(明治21年)に、最上位に勲一等旭日桐花大綬章が追加され9等級になりました。
その後2003年(平成15年)に勲等表示の取りやめと、旭日桐花大綬章を旭日章の上位の勲章「桐花章」として独立させるなど制度改正が行われ、現在では6等級で運営されています。
旭日章は国家もしくは公共に対して顕著な功績を挙げた人物に授与されます。
2003年の制度改正までは、基本的に男性にのみ授与されていました。

旭日章は日輪を中心に八方へ光を放つ旭日を表したデザインに、紐部分には日本において政権を持つ者の紋章である「桐の花」が使用されています。
この桐花紋は、等級によって違いがあり、勲四等以上は「五七の桐」、勲五等以下は「五三の桐」です。
「五七の桐」は「菊の御紋」に次ぐといわれる高貴な文様で、昔は天下人を象徴する紋として、武家の指導者が賜ることもありました。現在では内閣総理大臣の紋章にもなっています。

買取りした旭日章は、勲四等に位置づけられる旭日小綬章で、桐花紋は「五七の桐」です。
この旭日小綬章の下位にあたる旭日双光章は「五三の桐」ですから、より特別感がありますね。

勲章は国や公共に対して大きな貢献をした人物に授与されるもので、上位のものほど数が少なく希少です。
大変に名誉ある骨董品ですが、もし買取りをお考えなら買取福助にご連絡ください。
勲章が持つ骨董品としての価値を正しく査定して、買取りいたします。

品川区勲章