吉川観方作 美人画掛軸

東京品川区のお客様から日本画家 吉川観方作の美人画をお買取りさせていただきました。

吉川観方(よしかわかんぽう)は大正から昭和にかけて活躍した京都の日本画家、版画家です。

1900年(明治33年)京都生まれ。本名は賢次郎。幼少より岡坂鉄山に書を、西堀刀水、竹内栖鳳に師事し日本画を学びました。京都市立絵画専門学校卒業。在学中に江馬務が主宰していた風俗研究会に参加、「風俗研究」を創刊してから古画の模写や挿絵を担当。同年に京都で初めて木版役者絵を制作、また時を経て関西において初めて雲母摺り大錦判の役者絵を制作しました。

これらの経験から観方は新版画作家として関西でその名が知れ渡っていきます。また役者絵のほかにも風景画や美人画の作品も残しています。
観方は1965年(昭和40年)に京都市から第1回観光事業功労賞を授与、翌年の1966年(昭和41年)には 、京都新聞社から文化賞を授与、さらに1967年(昭和42年)に自治省から地方自治功労者として賞牌を授与、1968年(昭和43年)、京都市より第1回文化功労賞を授与。1979年(昭和54年)84歳で逝去。
美術品や人形など多岐にわたり観方の収集品が存在し、没後に奈良県立美術館、京都府立総合資料館、福岡市博物館などの寄贈されています。

品川区日本画掛軸