大西清右衛門作 鉄製ナタマメ置物

東京都港区南青山で大西清右衛門作の鉄製ナタマメ置物をお買い取りいたしました。

大西清右衛門(おおにしせいえもん)は千家十職の釜師。大西家は室町時代から400年以上続く京釜師の名門です。四代目当主から清右衛門を名乗り、代々の当主は清右衛門という名を継いでいます。現在は16代目清右衛門氏は15代目の長男として生まれ、大阪芸術大学美術部彫金科を卒業し、先代が隠居をされた後に当主を継いでいます。隠居をした後は、隠居名として代々「浄」がつく名前を名乗り、浄林、浄清、浄玄などがあります。

京都市中央区の三条釜座に工房があり、大西清右衛門美術館も併設されております。

今回お買取りをさせていただいたものは、ナタマメの置物で硬い鉄地で造られたとは思えぬほど繊細で華奢な作品です。
湯釜が有名な清右衛門の作品ですが、このようなお品物も存在します。

買取福助では千家十職などをはじめとした茶道具を高額買取させていただいております。ご自宅の棚や倉庫などに使わなくなった茶道具がある際はお気軽にご相談ください。破損があっても、どんなものか詳細がわからないものでも問題ありません。
またお見積りだけでも大歓迎です。便利な無料出張査定も大変好評です。

港区彫刻