根木牛置物

東京都大田区で根木で出来た牛置物を買取りました。

牛は人類の歴史に無くてはならない存在であり、それゆえに多くの地域で神聖な動物とされています。
特にインドのヒンドゥー教では牛は崇拝の対象で、神が宿る生きもの、または神の乗り物と考えられてきました。
牛を殺した者は輪廻転生を最初からやり直さなくてはならないとまで言われ、現在でも牛の食肉は忌避されているほどです。
他にも古代エジプトでは雄牛を聖なる動物として崇めていました。このような伝承は世界各地にあり、牛と人類の深い関係を感じさせます。

日本でも牛(丑)は十二支の1つとして、また農耕のパートナーとして身近な存在でした。
同時に豊穣や繁栄を象徴する縁起のよい動物とされ、彫刻や絵画のモチーフになることも多くあります。

この度買取りました根木の彫刻像も、素材の形状を生かして座り込む牛をうまく表現しています。
牛は繁栄の象徴ですから、手に入れた繁栄が留まリ続けることを祈願した縁起物なのかもしれません。

このような木彫り彫刻がございましたら、ぜひ買取福助にご連絡ください。
銘や箱がなくとも、正確に鑑定し査定額をご提示いたします。
LINEでの簡易鑑定も受け付けております。手続きは簡単ですのでお気軽にご利用ください。
LINE査定については、こちらからどうぞ。

大田区木彫・竹籠