掛軸買取なら東京の福助へ

掛軸買取

掛軸の高価買取なら、東京の福助にお任せください。
作家や価値のわからない掛け軸でも鑑定士が無料で査定いたします。
不要な掛け軸の処分・売却は、お気軽にご相談ください。

掛軸の買取価格

「掛軸(かけじく)」とは、山水画や仏画などの絵や書を、表装した美術品です。もともとは仏教を布教するために中国で作られ、日本では室町時代に「床の間(とこのま)」が登場したことから、室内装飾品として発達しました。

現在でも、茶道では禅語などを書いた「茶掛け」が茶室に欠かせませんし、現代作家による新しい掛け軸も制作されています。

歴史の長い骨董品である掛軸はお客様からの無料査定、出張・宅配買取のご相談がとても多いのですが、価値がわかりづらいお品です。

鑑定の結果、文化財級の作品が見つかり、高額な買取価格を提示されることもめずらしくありませんので、目利きのいる買取業者に査定依頼をされるといいでしょう。

こんな
お悩みございませんか?

  • 持っている掛軸がいくらくらいで売れるか値段や買取相場を知りたい
  • 二重箱に入った価値の分からない古い掛け軸を鑑定してほしい
  • 床の間の茶掛けを売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 落款はあるが、作者が分からない掛軸を査定してほしい
  • 故人が大切にしていた遺品の巻物や掛軸を処分したい

ご安心ください!
「買取福助」が解決いたします!

「こんな古いものは価値がないのでは?」と処分してしまう前に、その価値を調べてみませんか?
一見するとゴミのように見える品物に驚きの値段が付くことがあります。 「買取福助」は価値ある掛軸を次の世代へと受け継ぐためのお手伝いをいたします。

掛軸は古美術の知識をもった鑑定士が査定をおこなうことで、その価値にふさわしい価格で売却することができます。

掛軸を高額で買い取ってほしい!家にある掛軸の値打ちを知りたい!というご希望なら、鑑定実績豊富な鑑定士へ依頼を出すことをオススメします。

掛け軸の買取価格相場

仏画、花鳥画、水墨画、山水画、美人画などさまざまな掛軸の買取価格を公開しております。

  • 東京都大田区
    吉田松陰自筆書簡掛軸
    買取価格
    250,000円
  • 東京都目黒区
    古い書画掛軸30本まとめて
    買取価格
    168,000円
  • 東京都港区
    吉川観方筆 美人画掛軸
    買取価格
    100,000円
  • 東京都渋谷区
    久保田米僊・一休和尚筆の書など掛け軸6本
    買取価格
    85,000円
  • 東京都世田谷区
    岡田茂吉 自筆落款入り扁額『地上天国』
    買取価格
    40,000円
  • 東京都大田区
    絹本着色幽霊図掛軸
    買取価格
    35,000円
  • 東京都港区
    乃木希典の書他掛軸11本
    買取価格
    85,000円
  • 東京都大田区
    紙本軸装 面尽くし図掛軸
    買取価格
    130,000円

中国掛軸の買取価格

呉昌碩・斉白石など中国人作家の書画・掛け軸作品も買い取りしています。

中国掛軸はその作家名や時代背景、・真贋の見極めなど、専門性の高い骨董品のため、
必ず絵画や掛軸を専門に扱う買取店で査定してもらいましょう。

もし飾る予定も愛着もない中国掛軸をお持ちなら、お気軽にご相談ください。

  • 東京都港区
    掛軸 沈南蘋(模写) 花鳥図
    買取価格
    70,000円
  • 東京都目黒区
    掛軸 馬萬全筆 花蝶図
    買取価格
    250,000円
  • 東京都品川区
    掛軸 陳半丁筆 菊花図
    買取価格
    400,000円
  • 東京都大田区
    掛け軸 傅法作 水墨鶏図
    買取価格
    80,000円

中国掛軸買取・査定価格相場を詳しく見る

【掛軸】仏画の買取価格

仏画掛け軸は、本来は仏像のように礼拝されるもので、仏教の諸仏の姿を描いたものや曼荼羅図(まんだらず)を指します。

仏教世界をわかりやすく描いた掛軸も多く、人が死後に行く極楽や地獄を描いた極楽地獄絵図も仏教伝説図のひとつです。

  •  
     

    東京都世田谷区
     釈迦涅槃図 掛け軸
    買取価格
    35,000円
  • 東京都大田区
    十六羅漢図 掛軸
    買取価格
    18,000円
  • 東京都品川区
    黄檗宗 雲門禅師画賛 掛軸
    買取価格
    30,000円
  • 東京都港区
    チベット曼荼羅タンカ(掛軸)
    買取価格
    28,000円

仏画買取・査定価格相場を詳しく見る

【掛軸】水墨画の買取価格

水墨画の掛け軸は日本画のなかでも非常に人気が高いものです。
基本的には墨の黒一色だけを使い、墨の濃淡やにじみ方、かすれを技法として使いこなします。

もともとは中国から伝わったもので「唐絵」と呼ばれた絵画のひとつでした。

  • 東京都品川区
    水墨画猿猴図 掛け軸
    買取価格
    80,000円
  • 東京都世田谷区
    滝和亭筆 水墨画竹林図 掛軸
    買取価格
    25,000円
  • 東京都大田区
    土方稲嶺筆 紙本虎図 掛軸
    買取価格
    12,000円

水墨画買取・査定価格相場を詳しく見る

【掛軸】山水画の買取価格

山水画の特徴は、見ているうちに心が静かになり、安らいでくることです。そのため、骨董の世界でも知識人を中心に山水画ファンが途切れません。

掛け軸になっている山水画も多いので、床の間に飾って日常的に奥深い世界を楽しむことができます。

いっぽうで、山水画を形見分けでもらったがどうも苦手で手放したい、という場合は専門の鑑定士に依頼して、売却を検討されるといいでしょう。

  • 山水画 紙本着色大幅

    東京都世田谷区
    掛軸 山水画 紙本着色大幅
    買取価格
    75,000円
  • 東京都大田区
    掛軸 山水画 王暈(模写)
    買取価格
    40,000円
  • 東京都目黒区
    掛軸 山水画 絹本着色古筆
    買取価格
    180,000円
  • 掛軸 平野古桑筆 山水画
    買取価格
    10,000円

山水画買取・査定価格相場を詳しく見る

【掛軸】墨跡の買取価格

禅の精神的な内容を表出するものとして独自の風格が鑑賞の対象となりました。

中国の宋・元時代、日本の鎌倉・室町・江戸時代の大徳寺や妙心寺の墨跡掛軸がとくに珍重されます。

  • 東京都品川区
    掛軸 費隠通容禅師 墨跡
    買取価格
    350,000円
  • 東京都大田区
    掛軸 隠元隆琦の墨跡
    買取価格
    100,000円
  • 東京都目黒区
    【掛け軸】陶牛居蔵 霊源和尚の墨跡
    買取価格
    25,000円
  • 【掛軸】古筆・隠元和尚 観世音菩薩
    買取価格
    80,000円

墨跡買取・査定価格相場を詳しく見る

【掛軸】花鳥画の買取価格

花鳥といっても花と鳥類のみに限定されているわけではなく、草花や水生生物、虫、小動物もそのモチーフに含まれます。

日本では、狩野派をはじめとした多くの画家が花鳥画の掛け軸作品を残しています。

  • 東京都大田区
    掛軸 絹本軸装 秋草に鹿の図
    買取価格
    100,000円
  • 東京都目黒区
    掛け軸 紙本 鵞鳥図象牙軸先
    買取価格
    60,000円
  • 東京都大田区
    武者小路実篤 木蓮之図 掛軸
    買取価格
    20,000円
  • 東京都大田区
    のむら清六の扇面 牡丹図 掛軸
    買取価格
    7,000円

花鳥画買取・査定価格相場を詳しく見る

買取対象の掛軸

  • 仏画
  • 水墨画
  • 山水画
  • 花鳥画
  • 屏風
  • 色紙
  • 書簡
  • 短冊
  • 墨蹟
  • 古筆
  • 画賛
  • 消息
  • 巻物
  • 中国掛け軸
  • 肉筆浮世絵
  • 断簡

掛軸の買取査定ポイント:鑑定士はここをチェックしている!

掛軸
掛け軸を書いた作者が高い評価を得ている事が相場を決める最も重要な要因です。

更に描かれている画題や、作品の状態(傷・染みなどは無いか?)、制作年代、展覧会出品作品などの希少性、美術年鑑、美術オークション・ギャラリーでの人気や落札相場などから相場動向を判断し、掛軸の買取価格を決定します。

著名な作家の掛け軸は多くの贋物が出回っており、作者の特定や真贋の判断がたいへん難しい為、掛け軸買取の経験豊富なプロの鑑定士の査定が必要です。

譲り受けたものや相続品の場合は、プロでなければ価値を判断するのはとても難しいもの。
掛け軸を高価買取してもらうためには!正しい査定をすること。
これがポイントです。つまり、掛け軸の価値をしっかり鑑定できる鑑定士の眼が必須なのです。

1作家の署名や落款をチェック!有名作家なら高価買取

作家の署名や落款をチェック
掛け軸には、作家の署名や落款があります。現代のサインのようなものなので独特な書体をしているものが多いですが、本物そっくりに署名を書いた贋作も少なくありません。

判定が難しい作品もあり、鑑定士は長い鑑定歴と豊富な鑑定実績によって査定をしていきます。

有名作家のものであれば高値がつきますが、本紙や表装に破れた部分があったり、軸先に用いられる象牙や唐木に欠損があると価値が下がってしまうこともあります。

また、修復や加筆の痕跡があると、場合によっては査定額が下がることもあります。

  • 作成年代によって落款を使い分けている作家
  • 複数の雅号を使い分けている作家
  • 複数の作家が合作として仕上げた作品

などがあり、作品によってはサインや落款が見つけづらいこともあるでしょう。

同じ作者でも作品によって大きな価格差があることも

絵画や壺などでも同じですが、同じ作家だからといって一点一点の掛け軸が同じ価格とは限りません。

同じ作家でも作品によっては、大きな査定額の違いがあるのです。、展覧会の出展作品や代表作など有名な作品などは、それだけ高価な査定となるケースがあります。

2作品の希少性

掛軸の価値を決めるもうひとつのポイントとして重要なのが、美術品としての価値、ひいては希少性です。

掛軸は、絵画や陶芸と同様に基本は一点もの。同じものは二つとないオリジナル作品ばかりです。

とはいえ、オリジナルであればすべて価値が高いかというとそうではありません。
著名な作家による唯一無二の作品だからこそ、その掛軸は貴重で高額といえるのです。

また、希少性を高める別の要因として、「当該作家の作品がどれだけ後世に残っているのか」という点が挙げられます。

現存する作品の数以外にも流行や需要と供給のバランスも複雑に作用するため現実では例えのように明快にはいきませんが、作家名と希少性の関係については売却に際して覚えておくと役立つかもしれません。

描かれた年代

古い掛け軸はそれだけで価値があります。長いときを超えて現代まで残ってきただけでも、希少なものだと感じるもの。
希少であればそれだけ高くなります。

もともと掛け軸は仏画が中心であり、仏教伝来とともに日本へ伝えられたのです。
日本に伝えられて以降は、

飛鳥時代仏画
鎌倉時代禅宗のモチーフ・水墨画・山水画・花鳥画
室町時代中国絵画に倣った水墨画・貴族文化への流入・茶掛け
江戸時代肉筆浮世絵・吉祥画・対幅
明治時代日本画・庶民の床の間への流入

と時代に応じてさまざまな変遷がみられます。

掛け軸に描かれる絵は、その時代を知る一つの指標です。当時の流行の技法、思想、生活、宗教観等、さまざまなものが反映されています。
中にはこうした時代性とは違う価値観で描いた掛け軸もあるでしょう。「この時代にこんな掛け軸があったなんて」というような品であれば、その希少性から高値がつくこともあります。

3本物か贋作か? 肉筆と印刷では価値が違う

掛軸の中には有名作家の書体や画風を真似て描かれた、贋作や模写、もともとある肉筆の掛け軸を印刷して複製した工芸品などがあります。とくに有名作家のものであれば、印刷した複製品でも買い求める人は少なくありません。

ただ、買取査定の価格は、やはりオリジナルの肉筆で描かれた掛け軸の方が上。
どれくらい劣るかというと、例えば、肉筆で描かれた掛け軸が10万円以上するのに対して、印刷したものは高くても2万円程度。それ以下である可能性もゼロではありません。
ただ、中には印刷したものか、肉筆のものかを見極めるのが大変な場合があります。本物かどうかを確かめるのは素人では難しいため、一度プロの鑑定士の目で確かめてもらうのが大切です。

4本紙・表具の状態確認

掛け軸の表装
本紙や表装の状態も掛け軸買取価格を決めるポイントになります。絹本・紙本の本紙や表装の汚れや破れ、軸先に使われた象牙や唐木の欠損は査定価格に影響しますので、掛け軸には定期的なお手入れが必要です。また修復や加筆がある場合も買取価格減額の対象です。

掛軸のような骨董品は、そもそも「古い時代のものである」というのが大前提で、多少の経年劣化は折り込み済みです。
とはいえ、絵柄を大きく損なうようなシミ、汚れ、破損などはやはり査定額にひびいてくると考えなければなりません。

状態が良ければもっと高いのに‥‥」、「カビが発生していなければこの倍は価格がついたかも‥‥」というケースはけっして珍しくないのです。
特に、掛軸は飾って楽しむものであり、また紙でできた美術品。骨董品のなかでも特に劣化しやすい品物といえるでしょう。掛軸を所持しているという方は、なるべく次のようなお手入れをして、品質を保って大切にすることをオススメします。

  • 全体的に褪色している
  • ホコリや湿気によりシミや汚れがついている
  • カビが浮いてしまっている
  • 本紙が破れている
  • 虫食いなどの傷みがある

こうした状態の掛け軸は、作家物や古い時代のものであっても査定額が大きく下がってしまう可能性があります。

保管状態がよくなくても、一度は専門家に査定依頼を

売却を希望される場合は、保管状態によっても買取り価格が変わります。

万が一、保管状態がそれほど良くなくても、すぐに処分しないで一度は専門の鑑定士に出張査定してもらいましょう。
とても有名な作家の掛軸が自宅に眠っていたということもよくあるのです。

掛軸の保管で気をつけること

  • 湿気の多い場所には保管しない
  • 適度に風通しの良いところで陰干しをおこなう
  • 古いものは紐が切れて落ちるおそれがあるので気をつけて扱う

とはいえ、これらの注意点を守り続けるのは難しいという方も多いかと思います。
その場合は早めに売却し、次に大切にしてくれる方へバトンを譲るのが良いのではないでしょうか。

5作者名、作品名が記載された箱の有無

掛け軸の桐共箱
桐で出来た掛け軸がぴったり収まるサイズの共箱はございますか?共箱(桐箱)に掛け軸と同じ署名と作者名、もしくは作品名は記載されていますか?
桐箱があっても掛け軸本体とは別の作者の名前が書いてあったり、オリジナルではない合わせ箱の場合は掛け軸の価値が下がる要因となります。
掛け軸の箱には下記のような種類があります。

  • 共箱(ともばこ)
  • 書付箱(かきつけばこ)
  • 極箱(きわめばこ)
  • 合箱(あわせばこ)

共箱は、箱のいずれかの場所に作家自身が

  • 作品名
  • 作家名

を記した箱をいいます。この箱がないと、掛け軸の価値が下がることもあります。
書付箱は、作家が記す共箱と一緒にあつらえられる箱で、

  • 大名
  • 高僧
  • 茶道の家元

といった権威ある人物が作品の品名について書いたものをさします。
極箱は、共箱と同等の権威をもつ箱で、

  • 作家の親族や後継者
  • 鑑定者

などが作家本人の作品だと認定した旨を記した箱のことです。

合箱は、作品に由来する本来の箱ではなく、作品を入れるのにちょうどよい箱のことをです。

掛軸は、巻物状に巻かれて、箱に入れて収められていることがほとんどです。
桐箱や漆塗りの箱の二重箱になっているもの、古いものであれば、切れた紐が別に保管されていたり、本来は対幅であるものが別々の場所に保管されていたりするかもしれません。また、入っている掛軸と収められている箱が別々のものだったというケースさえあります。

掛軸に合った箱に入っていることを確認して査定に出す、紐や購入時のメモ書きなどがあれば付属品としてつけておく、この原則を守ることで査定額がプラスになる可能性があります。
査定当日に慌てることのないよう、事前に保管場所や掛軸本体をチェックしてみることをオススメします。

掛軸買取でよくある質問

買取福助が選ばれる
6つのポイント

高価買取!
高価買取!
国内大手オークション会社顧問、美術品買取専門店だから出来る高価買取!
目利きの鑑定士が在籍!
目利きの鑑定士が在籍!
骨董の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の鑑定士が、掛軸を誠実に鑑定いたします。
買取業者として64年の実績!
買取業者として64年の実績!
昭和30年創業。祖父の代から3代に渡って積み重ねた64年続く信頼の実績で確かな買取を行います。
東京都内無料出張!
東京都内無料出張!
東京都内(港区・目黒区・大田区・品川区・世田谷区・渋谷区)は無料出張いたします。
便利な駅チカ 1階路面店舗!
便利な駅チカ 1階路面店舗!
東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便!
査定無料・即日現金買取
現金買取
掛軸の査定・見積もりは無料!高額商品でも、買取価格にご満足いただけましたら、その場で現金買取いたします。
思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に!

査定の流れ ~経験豊富な鑑定士が無料でお見積り~

3STEPでカンタン!

1

査定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

店舗情報・地図

東急目黒線・大井町線

大岡山駅徒歩1分

営業時間
11:00~18:00

クリックして今すぐお電話ください

0120-777-064

店舗名称買取福助 東京大岡山店
住所145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
TEL03-6425-9735
営業時間
定休日日曜
交通大岡山駅より徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布駅から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山駅から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川駅から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘駅から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分
詳しい地図・駅からの道順

出張買取対応地域

出張買取可能地域
  • 都心エリア
    • 千代田区
    • 中央区
    • 港区
    • 新宿区
    • 渋谷区
  • 城北エリア
    • 文京区
    • 豊島区
  • 城南エリア
    • 品川区
    • 目黒区
    • 大田区
    • 世田谷区
  • 城西エリア
    • 中野区
    • 杉並区

*出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

  • 成約に至らなくても出張料金は生じませんのでご安心ください。
  • お品物によっては出張買取をお断りする場合がございます。
  • ご質問・ご相談は無料です、些細な事でも、お気軽にお電話ください。

安心してお取引いただくための5つのこだわり

1入りやすいお店作り
入りやすいお店作り
お店は1階にある路面店なので、ベビーカーや車椅子の方でも安心です。 女性お一人やお子様連れでもお気軽にご来店ください。
2査定・売却時の手数料無料
手数料は無料
査定・売却時の手数料は無料。お客様にご満足いただけることを目指しています。
3査定だけでもOK
査定だけでもOK
思い入れのある大切なお品物を売るかどうか迷っているお客様も多いと思います。 福助は査定だけでも大歓迎。無理に引き止めたりは致しません。
4お取引毎に明細書を発行
お取引毎に明細書を発行
取引内容をお客様に確認していただけるよう、買取価格が記載された取引明細書をお渡ししています。
5即日、現金でお支払い
即日、現金でお支払い
お見積額に納得いただければ、即日現金にてお支払い致します。 急な出費で現金が必要な方にもお手間を取らせません。

掛軸買取について

掛け軸は床の間に飾って鑑賞する以外にも、さまざまな用途で親しまれてきた芸術品です。
もともと仏教を日本に広めるために中国美術として持ち込まれ、以来、飛鳥時代から続く長い歴史があります。

時代が下ると、水墨画の掛け軸が人気になりました。その後、江戸時代には文人画、花鳥画や山水画、肉筆浮世絵がもてはやされ、仏教の道具としてだけでなく室内装飾としての価値と人気も高まりました。

海外には季節や動物を描いたタペストリーがありますが、掛け軸にも「対幅」という掛け軸があり、観音や植物、動物といったモチーフを描いた三対幅、四季をあらわす四対幅、十二ヶ月の移り変わりを描く十二対幅と、それぞれ呼ばれています。

古筆や色紙、短冊、消息(手紙)、巻物の一部を飾る断簡といった掛け軸のほかに、表装や軸先を愛でるのも大切な文化です。象牙以外にも紫檀・花梨などの唐木や、水晶、漆器、陶磁器などさまざまな素材による軸先は、掛け軸の価値を一層高めてくれるもの。

千利休が茶室にかける茶掛けを確立させたことから、茶道とも深い関わりがあります。

また、仏壇の中にかけるための仏掛けもあり、ひとくちに掛け軸といってもその用途や味わいはさまざまといえます。
「買取福助」では、床掛けだけでなく茶掛けや仏掛けといった掛軸の買取査定にも対応いたしておりますので、お気軽にお問い合わせください。

掛軸の関連記事

掛け軸の保管方法

掛け軸の保管方法

掛け軸のように保管の方法次第で傷んでしまうような骨董品や美術品は、状態が悪いと著しく価値が下がってし...

この記事を読む

掛軸とは?掛け軸の種類や評価のポイントを解説

掛軸とは?掛け軸の種類や評価のポイントを解説

床の間を飾る掛軸を目にした方は多いのではないでしょうか。 和室を飾る掛け軸は、私たち日本人にとって...

この記事を読む

掛け軸の表装について

掛け軸の表装について

掛け軸は書画を床の間に飾るように表装した作品のことを指します。 書画の部分こそが本体ですが、その表...

この記事を読む

作者は誰? 掛け軸の落款やサインが読めないときの対処法

作者は誰? 掛け軸の落款やサインが読めないときの対処法

「家族の遺品を整理していたら、押し入れからたくさんの掛け軸を発見! 誰の作品か知りたいけれど、落款や...

この記事を読む

本物か偽物か… 掛け軸の「真贋」を見分ける方法

本物か偽物か… 掛け軸の「真贋」を見分ける方法

「家にある掛け軸、価値はあるのかな・・・?」「作者が誰かわからないから、安物かも・・・」そんなふうに...

この記事を読む

掛軸の歴史 中国から伝わり日本で花開いた文化

掛軸の歴史 中国から伝わり日本で花開いた文化

中国から渡来し、 日本独自の進化を遂げた骨董品・掛軸の歴史 掛軸は、中国から渡来した絵画様式です。...

この記事を読む

和風のインテリアにおすすめ、人気・売れ筋の掛軸を紹介!

和風のインテリアにおすすめ、人気・売れ筋の掛軸を紹介!

人気の骨董品として、市場にたくさん流通している掛け軸。 これから掛け軸をコレクションしてみたい...

この記事を読む

床の間のないお家で掛け軸を飾る方法

床の間のないお家で掛け軸を飾る方法

掛軸は、季節の花鳥風月を描いた日本画や東洋画、中国美術の書画などを床の間に飾る絵画作品です。 季節...

この記事を読む

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up