美人画の買取価格相場

美人画の買取・鑑定なら福助へ!

日本では江戸時代の浮世絵から美人画の人気が高まり、大正・昭和まで有名作家が数多く輩出されました。今でも美術館の展覧会で、多くの観客を惹きつける人気のテーマです。

査定無料査定無料
0120-777-064

お問合せ


美人画の買取価格

広田多津の美人画

買取価格10,000~5,000,000
  • 小西秀磨の美人画掛け軸
    小西秀磨の美人画掛け軸

    買取価格 80,000円
  • 甲斐庄楠音の美人画
    甲斐庄楠音の美人画

    買取価格 100,000円
  • 中村左洲の美人画 加賀千代尼
    中村左洲の美人画 加賀千代尼

    買取価格 20,000円
  • 美人画掛け軸 広田多津『髪』
    美人画掛け軸 広田多津『髪』

    買取価格 36,000円
  • 美人画の大家 勝田哲の掛け軸『雨』
    美人画の大家 勝田哲の掛け軸『雨』

    買取価格 28,000円
  • 三木翠山 桜花美人図掛け軸
    三木翠山 桜花美人図掛け軸

    買取価格 35,000円

こんなお悩みございませんか?

  • 価値の分からない古い美人画を鑑定してほしい
  • 故人が大切にしていた美人画の掛軸を買い取ってほしい
  • 高齢で片付けや搬出ができない
  • 美人画の掛軸を売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない

ご安心ください!
掛軸買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

査定無料査定無料
0120-777-064

お問合せ

美人画を高く売る方法

美人画を高く売るには、
美人画の価値がわかる鑑定士に依頼し、複数店の見積りを調べることです。

高く売る方法

美人画作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
女性の美しさを表現する美人画。これまでに数多くの有名作家が美人画を描いており、アンティーク作品だけでなく現代アート作家のものも高額買取されています。

美人画には世界中に熱心なコレクターがいるため、経験豊富な専門家に査定してもらえば高額買取が可能です。
遺品整理や生前整理で美人画を売却するなら、作品の価値がわかり、美術品相場の動向を知る目利きに依頼しましょう。


作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
高価な美人画には、作者の落款入りの箱、保証書、鑑定書などが付属品としてついています。付属品は買取価格の決め手にもなる大切なもの。
付属品がすべてそろい、作品の状態がよければ見積り額も高くなります。

引越しの時に「邪魔だ」と思って骨董品の箱を処分する人もいますが、将来、損をするかもしれません。買取業者の出張買取ではかならず付属品をそろえて出しましょう。


評判の良い美人画買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
大事な美人画コレクションを売る時は、ネット上で高評価の買取店から複数の見積りをとり、金額を比較しましょう。

希少価値のある作品でも、すべての店舗が高額査定とは限りません。買取相場を目安としても店舗ごとに見積り額が違うのが普通です。
古美術品の査定はむずかしいものですから、コレクターは一番高く買い取ってくれる業者を探す必要があります。


信頼できる美人画買取業者の選び方

信頼できる美人画の買取業者は、
どんな美人画も無料査定で、買取実績多数の店です。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
美人画は世界中で人気の骨董品です。買取業者は多数の作品を査定・鑑定していますが、とくに費用はかかりません。
超有名作家の美人画鑑定でも無料ですし、鑑定書も付属品もない作品でも古美術相場における相場に従って無料見積りをしてくれます。

良心的な買取業者ほど、お金がかからないのです。
なかには査定後に「売却しないなら出張費を」と請求する業者がいますので気をつけましょう。


美人画の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
高価な美人画コレクションを売るときは、これまでに多数の美人画を遺品整理や家財整理で買取している店舗に依頼しましょう。
多くの作品を見ている専門家は美人画の価値がよくわかっていますし、希少価値があれば買取価格にプレミアをつけます。

だから買取実績があがるのです。
売却するなら、ホームページで多数の買取実績を掲載している業者を選ぶのがコツ。安心できる店に売りましょう。


美人画買取でよくある質問

美人画買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。

3つの買取方法が選べます。

  • 出張買取
  • 店頭買取
  • 宅配買取

店舗のご案内

査定無料査定無料
0120-777-064

お問合せ

掛軸の買取品目一覧

掛軸買取 TOP へ戻る

美人画掛軸買取について

美人画は、女性の中にある美を描いた絵画です。
女性の容姿や内面の美しさを描いたものだけでなく、歌舞伎の女形や衆道の美しい男性を描いた浮世絵も、美人画と見なされる場合があります。江戸時代の浮世絵における美人画は、喜多川歌麿や歌川国貞らの作品が有名です。
吉原の遊女や茶屋の看板娘、八百屋お七や小野小町など、ありとあらゆる美人が題材となり描かれてきました。
切れ長で小さい目と、やや下膨れの輪郭が江戸時代の美人画の特徴です。
人気絵師の描き方は模倣され、「歌麿美人」、「国貞美人」など美人画の型といえるものが確立されていました。
実際にモデルが存在する場合も、似ているかどうかはあまり問題にならず、定型化した美人に落としこまれるのが常でした。
明治および大正における美人画は、浮世絵の様式美を踏襲した作品のほか、竹久夢二による「夢二式美人」が特に有名です。
手足がすらりと伸びてたおやかな色気を放つ「夢二式美人」は、浮世絵の様式美と大正浪漫の雰囲気を巧みに融合させたものです。
そして日本画における美人画とえば、鏑木清方と上村松園という二人の画家なくしては語れません。
二人は東京と京都というそれぞれの地で活動をしていたため、「西の松園、東の清方」と並び称されています。
松園は、同じ女性の目から見た美人画を描き、1948年に女性初の文化勲章を受章した画家です。格調高くやさしい印象の作品がほとんどですが、狂女の表情を参考にしたという情念に満ちた作品も描いています。
一方の清方の美人画は、単なる美人画にとどまらず、東京の当時の風俗を描いた風俗画としての面ももっています。
ちなみに、同じ門下であった伊東深水(女優・朝丘雪路の父)も、依頼の絶えない美人画の画家として有名でした。
妻の好子をモデルに、大量の作品を制作したことでも知られています。

フリーダイヤル LINE査定 無料相談