曼荼羅掛軸の買取・査定相場

曼荼羅の買取

曼荼羅掛軸買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な曼荼羅の価値を査定いたします。福助では、曼荼羅掛軸・タンカの高価買取・査定が可能です。作家や価値の分からない曼荼羅の査定や、不要なタンカの処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

曼荼羅・タンカの買取相場

品名買取相場
曼荼羅 釈迦如来図 5,000~35,000円
曼荼羅 タンカ カーラチャクラ 4,000~25,000円
法曼荼羅 3,000~25,000円
三味耶曼荼羅 3,000~20,000円
羯磨曼荼羅 3,000~20,000円
春日鹿曼荼羅 8,000~80,000円
当麻曼荼羅 18,000~64,000円
両界曼荼羅 8,000~120,000円

曼荼羅・タンカの買取実績

                  曼荼羅の買取実績
  • 曼荼羅 タンカ マハー・カーラ・チャクラ
    曼荼羅 タンカ マハー・カーラ・チャクラ 買取価格 5,000円
  • 曼荼羅 タンカ ヴァジュラ・サットバ
    曼荼羅 タンカ ヴァジュラ・サットバ 買取価格 10,000円
  • 時代彩色曼荼羅
    時代彩色曼荼羅 買取価格 70,000円
  • 曼荼羅 彩色六道輪廻図タンカ
    曼荼羅 彩色六道輪廻図タンカ 買取価格 5,000円
  • チベット密教布本手彩色曼荼羅
    チベット密教布本手彩色曼荼羅 買取価格 20,000円
  • チベット仏教曼荼羅図掛軸
    チベット仏教曼荼羅図掛軸 買取価格 260,000円
  • 曼荼羅 タンカ 六道輪廻図 サンサーラ
    曼荼羅 タンカ 六道輪廻図 サンサーラ 買取価格 10,000円
  • チベット曼荼羅
    チベット曼荼羅 買取価格 28,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の曼荼羅掛軸を処分したい
  • 所有している曼荼羅が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた曼荼羅の買取相場が知りたい
  • コレクションしていたチベット・ネパールのタンカを、まとめて売りたい

ご安心ください!
曼荼羅買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

曼荼羅を高く売る方法|買取のポイントは?

貴重な曼荼羅を高価買取してほしいなら、仏教アートの知識がある買取業者に、正確な査定をしてもらいましょう。

曼荼羅の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

曼荼羅(まんだら)は、仏教美術のひとつです。仏教の中でも「密教」と呼ばれる分野の宗教絵画で、仏像や悟りの世界観が描かれています。
独特のデザインや模様が人気で、今ではスピリチュアルなアートの作品として認知され、買取相場はとても高額です。
所有する曼荼羅掛軸の売却をお考えなら、曼荼羅など仏教美術の価値が分かる買取業者に無料査定を依頼しましょう。目利きの鑑定なら、お手元の大事な曼荼羅を損せずに売却できます。

作者のサインの入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

タンカ・曼荼羅は宗教作品であるとともに、アートでもあります。有名作家の曼荼羅には鑑定書や保証書、作家のサインが入った箱、落款付きの箱などがついていることが多いものです。
作品に付随するものは「付属品」とまとめて呼ばれ、付属品の有無が査定額を決めることもあります。
無料鑑定の時には、曼荼羅に関係のありそうなものは全部出して、一緒に査定を受けましょう。付属品によって売却額が変わる可能性もあります。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

タンカ・曼荼羅を高額で売りたいのなら、複数の買取店から見積もりを取ることです。見積もり額を比べることで、一番高い買取価格が分かります。あとはその買取店に曼陀羅を売却するだけでOK。
買取業者の見積もりは基本的に無料です。お金がかかりませんから、評判のいい店に査定を依頼するといいでしょう。
査定だけ頼んで、実際に作品を売却しなくても問題ありません。「今回は売りません」と連絡すればいいのです。

信頼できる曼荼羅・タンカの買取業者の選び方

曼陀羅の売却では、無料査定・無料鑑定OKで、過去の買取実績が多い業者を選ぶことです。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

価値のある曼荼羅を売るときは、無料査定・無料鑑定ができる店を選びましょう。買取店の査定では、目利き鑑定士がたくさんの作品を見ても、無料です。
出張買取なら、タンカ・曼荼羅以外の作品もまとめて査定を依頼できます。せっかくですから高価買取ができそうな品物も、タンカ・曼荼羅と一緒に査定してもらいましょう。
ただし、中には査定後に「出張費がいる」「鑑定料を」と言い出す悪質な業者がいます。注意をしましょう。

曼荼羅・タンカの買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

貴重なアート作品でもある曼荼羅。人気のアイテムですが、どの買取業者も扱っているわけではありません。高価買取をねらうなら、曼荼羅の買取実績が多い業者を選ぶべきです。
買取店のホームページを見ると、タンカ・曼荼羅の買取実績が掲載されています。実績数が多いほど曼荼羅の価値がよくわかる目利きだ、という証拠です。
逆に曼荼羅・タンカの買取実績ゼロという業者では査定額も上がりません。売却前に、業者の買取実績を確認しましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

曼荼羅について

曼荼羅の買取

「タンカ」とはチベット文化圏で作られている、チベット密教の仏画のことです。仏教の世界観や教えを、画だけでなくさまざまなシンボルを使ってわかりやすく描いたもので、日本では「曼荼羅(まんだら)」といったほうがイメージしやすいでしょう。タンカは、基本的にチベット仏教の僧侶や専門の絵師が手描きをしたものですから、世界でたった一つしかない貴重な肉筆画でもあります。仏教の世界においては、タンカ(曼荼羅)は、瞑想の助けをする道具だと考えられています。非常に美しく精緻に描かれたタンカを見ることによって精神が集中しやすくなり、集中した状態のまま涅槃へいたるという流れです。タンカはもともとは宗教儀式に使う仏画で、寺院の壁や祭壇にかけられていました。僧侶が修行や瞑想のために使うもので、巡礼者がお守りとしても携帯しています。また巨大なタンカはお祭りの時に寺院や修道院の壁にかけられて、一般に公開されることもあります。
伝統的な宗教画であるタンカでは、描かれる仏様の形や姿、色、持ち物などが明確に定められています。そのためタンカを製作する絵師には絵画的な技量だけではなく、仏教に関する深い知識も必要とされます。具体的な制作過程としては、最初にタンカを描くキャンバス作りから始まり、下絵のトレース、背景の彩色、仏様の彩色・金彩色など多数の工程があり、最後に仏様の眼を入れる「開眼」という筆入れがおこなわれます。ちなみに、タンカ制作の過程のほとんどは技術を経験の豊富なタンカ絵師の手によりますが、最後の「開眼」だけは、ラマ僧によっておこなうと決まっています。この点からも、タンカが観賞用の作品ではなく宗教的美術作品であることがうかがわれます。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定