中国掛軸の買取・査定相場

中国掛軸の買取

中国掛軸買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な中国掛軸の価値を査定いたします。福助では様々な中国掛軸の高価買取・査定が可能です。作家や価値の分からない中国掛軸の査定や、不要な中国掛け軸の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

中国掛軸の買取相場

品名 買取相場
中国掛軸 愛新覚羅 溥傑 肉筆書  200,000~1,000,000円
中国掛軸 宋文治 250,000~800,000円
中国掛軸 隠元隆琦行書 200,000~500,000円
中国掛軸 粛親王肉筆 100,000~250,000円
中国掛軸 王文治肉筆 140,000~240,000円
中国掛軸 呉湖帆肉筆 180,000~300,000円
中国掛軸 郭雪湖肉筆 130,000~220,000円
中国掛軸 粛親王肉筆 120,000~200,000円

中国掛軸の買取実績

                  中国掛軸の買取実績
  • 中国掛軸 馬萬全筆 柘榴図幅
    中国掛軸 馬萬全筆 柘榴図幅 買取価格 250,000円
  • 中国掛軸 清時代の文人画家 王暈(模写)
    中国掛軸 清時代の文人画家 王暈(模写) 買取価格 40,000円
  • 中国掛軸 呉鉄城の扁額『共存共栄』
    中国掛軸 呉鉄城の扁額『共存共栄』 買取価格 20,000円
  • 中国掛軸 沈南蘋(模写)
    中国掛軸 沈南蘋(模写) 買取価格 70,000円
  • 中国掛軸 陳半丁 菊花図
    中国掛軸 陳半丁 菊花図 買取価格 400,000円
  • 中国掛軸 傅法の鶏図
    中国掛軸 傅法の鶏図 買取価格 80,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 先祖から受け継いだ古い中国掛軸を査定してほしい
  • 遺品整理で相続した中国の掛け軸を買い取ってほしい
  • 大量の中国掛け軸を処分したいが、高齢で片付けや搬出ができない
  • 不要な中国掛け軸を売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない

ご安心ください!
中国掛軸買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

中国掛軸を高く売る方法|買取のポイントは?

中国掛軸の高価買取には専門家に査定を依頼し、見積り額を比較することが必要です。

中国掛軸作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

中国掛軸は長い歴史をもつ骨董品です。有名作家の作品も多く残っていますし、世界中にコレクターがいて高価買取される古美術品。
それだけに贋物が多いジャンルです。大切なコレクションを売却する時には、中国掛軸の真贋が鑑定できる専門家に査定依頼しましょう。
目利き業者による査定は見積り額も高くなりますし、鑑定書が無くても作品を見て、適切な価格で買取ってくれます。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

プレミアがつくような中国掛軸には、作者の落款や署名入りの保管箱や鑑定書が付属しています。
付属品はアンティーク品の査定では非常に重要なもの。付属品がすべてそろっている作品は価値が上がりますし、美術収集家やマニアは「完品」に大金を払うからです。
引越しや家財整理時に、箱などを処分してしまうのは厳禁。そして業者による出張査定の前に、付属品一式をそろえておきましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

遺品整理や生前整理では、希少価値のある中国掛軸が査定に出されます。このとき、複数店舗から見積りをとって比較することが大切です。
骨董品には定価がありませんから店によって見積りが変わり、時には大きな価格差が生まれます。コレクターにとって希少価値のある作品は高く売れますので、かならず売却前に見積りを比べておきましょう。買取が一番高い業者がわかれば安心して売れます。

信頼できる中国掛軸買取業者の選び方

信頼できる中国掛軸の買取業者は、珍しい中国掛軸も無料で査定でき、多数の買取実績があるところです。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

中国掛軸のような高価な骨董品であっても、買取業者の査定は基本的に無料です。
出張査定でも無料のことが多いですし、見積り額が折り合わなければコレクションを売却する必要はありません。
だから花鳥画の遺品整理や生前整理などたくさんの査定ほど、無料がお得なんです。
ただしすべての業者が無料ではありませんから、「鑑定料や出張料はかかりますか?」と確認してから依頼しましょう。

中国掛軸の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

中国掛軸は人気の美術品で、業者による売買もさかんです。それだけに専門家や信頼できる業者を探すのが重要なポイント。
たとえば多数の買取実績をホームページに掲載している店舗は、コレクターと良好な関係を持っている=信頼できる業者です。
また買取価格を公開している店や買取強化作家を掲載しているところも古美術相場がよくわかっている店ですから、安心して依頼できます。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

中国掛軸買取でよくある質問

中国掛軸買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。

中国掛け軸買取について

清時代の文人画家 王暈(模写)

掛け軸は中国由来の美術品です。掛けて拝するという意味があり、仏教における礼拝に用いられていたとされています。丸めて桐箱に納めると保管と持ち運びが容易であることから、日本に仏教を広める際、多くが持ち込まれました。そこから日本独自の掛け軸文化も発展していったのです。日本には、中国から到来したものを指す雅称である唐物という言葉があり、特に、江戸時代以前には中国から伝来したものを唐物、書物を唐本と呼んでいました。唐物の掛け軸と日本の掛け軸は異なる文化のものです。中国掛け軸には、書画という書と絵の組み合わせを描いた掛け軸がよくみられます。書画は、文の内容だけでなく文字そのものの美しさも絵ととともに愛でる書法でもあります。また、文人があらわした文人画の掛け軸では四君子がよく素材として描かれています。文人画は文人が余暇にあらわした絵画で、江戸時代に日本にも流入しました。四君子とは蘭、竹、菊、梅の四種を、徳と学識および礼儀をそなえた君子になぞらえた言葉です。これらは四季をあらわすモチーフでもあるため、いずれか、あるいは四種すべてを用いて描いたものは、中国宋代より画題としてよく取り上げられるようになります。四君子以外にもめでたいモチーフをセットにした対幅、絹本などさまざまなものがあります。中国掛け軸は、本人が描いた複製ではないものを肉筆といい、オークションでは肉筆保證(肉筆保証)と記載されていることもあります。一方、掛け軸は、印刷技術がない頃から、模写などが発達しており比較的複製がしやすい美術品として知られています。そのため、中国美術の掛け軸を楽しむ時、特に注目したいのが落款です。落款には作家がいつ、どのような経緯で作品をあらわしたかを示す役割があり、骨董品である中国掛け軸を査定する場合に価値の決め手になることもあります。また、中国掛け軸の落款は価値を決めるだけではなく、それ自体が美術品として楽しめるという特徴もあります。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定