中国掛軸 | 骨董品買取・絵画・掛軸・美術品鑑定なら東京で創業62年の福助

MENU

中国掛軸

中国作家の掛軸が大人気!? 中国掛軸が高価買取されるわけ

掛軸は身近な和風絵画ですが、その起源は中国です。そのためもあり、掛軸のなかには中国作家の絵画を表装した作品が数多くあります。

今、そんな中国掛軸が高価買取の対象になっているのをご存知ですか?
もし中国掛軸をお持ちなら、買取店で鑑定してもらいましょう。驚きの価格になるかもしれませんよ。

中国の骨董収集熱はいまだ活発!

近年見られる中国の経済的な発展は、ご存知のことと思います。
その結果、中国の富裕層を中心に骨董品収集熱が高まりました。

「乱世的金銀、太平時的古董」とは中国の古い言葉ですが、意訳すれば「天下が乱れているときは金銀(金銭)が重宝され、平和な時代は骨董品がもてはやされる」といった意味合いになるでしょうか。
この言葉が示すように、経済的な余裕をもった中国人は、海外に散らばった自国の骨董品を集めています。

現在、中国人は海外の美術品オークションの中心的な地位を占めていますし、日本へ旅行にきた中国人が骨董品店を巡る姿もよく見受けられます。

そんな中国人にとって、中国作家の掛軸が人気ある品であることは想像に難くありません。
だからこそ、骨董買取店は中国掛軸の買取に力を入れているのです。

中国掛軸の見極めは難しいので、専門の買取店にお願いしましょう

中国掛軸とは、中国作家の書画を表装したものです。

しかし水墨画、山水画、文人画など、その表現技法は日本にも伝わり、日本の作家も同じように作品を作り続けてきました。

絵画の特徴だけで中国掛軸であることを見破るのは、初心者には少々難しいでしょう。
事前に調べるなら、落款や署名から作家名を調べ、文献やインターネットなどで照合してみて下さい。
もっともオススメは、掛軸の専門買取店へ直接持っていくことです。

掛軸はその作家名や時代背景、真贋の見極めなど、専門性の高い骨董品ですから、必ず中国掛軸の買取実績が豊富な店で鑑定してもらいましょう。

中国掛軸か日本掛軸か判断し、その価値を正確に判定してくれます。

中国掛軸を売るなら今!専門買取店で鑑定してもらいましょう

このように掛軸の中でも中国作家の作品は、需要が高まっています。

日本では床の間が少なくなったせいであまり見かけなくなった掛軸も、自国の骨董品を集めている中国人にとってはより貴重な宝物なのです。

だからこそ、買取店や骨董品店も中国掛軸の買取に力を入れています。
もし飾る予定も愛着もない中国掛軸をお持ちなら、買取に出すのは今です!

ぜひ掛軸を専門に扱う買取店に持っていき、鑑定してもらいましょう。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

Copyright (C)骨董品買取・絵画・掛軸・美術品鑑定なら東京で創業62年の福助. All Rights Reserved.

Scroll Up