橋本関雪

橋本関雪:写実性と独自の感性で新南画を生み出した巨匠

橋本関雪(はしもとかんせつ)は、大正・昭和期に活躍した日本画家です。

播磨明石藩のお抱え儒学者の家に生まれ、父から漢学や詩文、書画などの教養を授けられます。12歳で四条派の画家・片岡公曠(かたおかこうこう)の弟子になり、漢詩や和歌なども作り始めます。

画業では京都岡崎で開催された第4回内国勧業博覧会で席上揮毫をおこない、15歳の時に絵画修行のために上京。

のちに京都に移り、竹内栖鳳(たけうちせいほう)の画塾「竹杖会」に入りました。当時の竹丈会には上村松園や小野竹喬、土田麦僊、池田遙邨などの近代日本画のホープがそろっていました。

橋本関雪も文展審査員や帝展審査員を歴任し、1934年(昭和9年)に帝室技芸員に任命されました。のちに帝国美術院会員、フランスのシュバリエドレジョン・ドヌール勲章を授与されるなど、国内外で高い評価を得ています。

橋本関雪の画風は、四条派の写実性を重んじたものです。大正期に入ってからは、新南画・新古典と呼ばれる作風で新しい絵を次々と発表し、京都のみならず日本画壇において重要な中心人物のひとりでした。代表的作品に「玄猿」「長恨歌」「木蘭」「琵琶行」などがあり、大陸文化への深い理解が独自の画風を生み出した巨匠です。

掛軸買取 TOPへ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取品目

  • 絵画
  • 掛け軸
  • 彫刻
  • 漆器・蒔絵
  • 銀製品
  • 銅器
  • 陶磁器
  • 茶道具
  • 西洋美術・アンティーク
  • 宝石・貴金属
  • 時計
  • 勲章
  • 人形
  • ブリキのおもちゃ
  • 仏像
  • 骨董品
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル