表具について | 骨董品買取・絵画・掛軸・美術品鑑定なら東京で創業62年の福助

表具について

「掛け軸や屏風などをいろどる表具の魅力とは」

書画の価値は絵そのものの価値だけではありません。日本画や書は、掛け軸や屏風などに仕立てたときの表装が作品全体の雰囲気に大きな影響を与えます。絵の魅力を何倍にも引き立てる表装・表具について、簡単にご紹介しましょう。

表具は、書画に補強と装飾を加えるためのもの

表具表具・表装とは、書や絵画を和紙や布で裏打ちして補強し、掛け軸や屏風など飾りやすい形にすることです。

単なる補強だけでなく、書画のテーマや色彩に応じた装飾をすることで芸術性を高める意味もあり、華やかな花鳥画には上品かつ豪華な表装がふさわしく、仏画や水墨画などには落ち着いた表装が好まれます。表装の目的が書画の保存と装飾という両面であることを考えると、書画のテーマと表装の雰囲気が一体化していることが大事なのです。

表装技術の本場は、京都だといわれ、「京表具」とよばれる表装技術は伝統工芸としても認められています。京都には歴史の古いお寺や神社がたくさんありますし、たくさんの国宝・重要文化財が京都に集中しています。明治以前は御所も京都にありましたから、書画を美しい表装で飾ることは不可欠だったのです。

もちろん、現在は日本中のどこでもすぐれた職人による表装やお値打ちにできる機械表装などがあり、どんな表装にするか考えるのは、骨董好きの楽しみでもあります。

表具の種類

表具の意味には、書画を掛け軸や屏風に仕立てることも含まれています。掛け軸以外のおもな表具には、額装、屏風、衝立(ついたて)、ふすま、額装などがあります。

掛け軸は飛鳥時代以前に中国から伝来してきたもので、日本では仏教の発展とともに広がりました。当初は仏画を掛け軸にして、礼拝に使用していたようです。屏風は奈良時代にはすでに宮中に使用されていました。日本では儀式用のほか防風用や防寒用、間仕切り用などの実用品として使いますが、昭和初期に海外にも輸出された屏風は室内装飾用のインテリアとして大変人気がありました。

衝立は平安時代に発達したものです。当時の貴族が住んでいた寝殿造の建物は、丸柱があるだけのひろいワンルームでしたから、衝立や几帳、屏風など動かせる間仕切りが必要だったのです。衝立はやがて装飾用になり、現在に至っています。

ふすまも表具の一種です。日本家屋特有のもので、中世以降の武家屋敷である書院造とともに発達しました。書院造は広い部屋をふすまで間仕切りしたり、取り払って大広間にしたりします。ふすまもしだいに装飾性が高まり、表具として重要になりました。
額装は江戸時代に始まりました。室内用の紙額から明治初期に和額が発達し、今でも進化し続けています。

和紙と布、糊が表具の主な材料

表具・表装は、形式によって使用する素材がかわります。

たとえば掛軸は保管時に巻いておきますから、あまり厚手の和紙や布を使うわけにはいきません。コウゾなどの長い植物繊維を使った良質の和紙を使い、書画に裏打ちをして補強します。薄美濃紙、美濃紙、美栖紙(みすがみ)、宇陀紙(うだがみ)などがよく使われます。布は平織や綾織り、繻子(しゅす)織りの金襴(きんらん)や銀襴(ぎんらん)、緞子(どんす)、錦(にしき)などが人気です。高価な掛け軸の表装には、西陣で織られた表装裂(ひょうそうぎれ)が好まれます。

書画と裏打ちを貼り合わせるには、糊を使います。
表装に使う糊には、新糊と古糊があります。どちらも小麦粉から作ったもので、作ってからすぐに使う場合を新糊とよび、時間の経ったものを古糊といいます。

新糊は接着力が強く、乾燥後に硬くなります。古糊は大寒のころにつくった糊をかめにいれ、冷暗所で10年ほど保管して発酵させたものです。表装を使うと仕上がりが柔軟になり、将来、掛け軸を修繕するときに裏打ちの和紙をはがしやすいというメリットがあります。

掛け軸の上手な保管方法

では、表具の代表である掛け軸の上手な管理方法をご紹介しましょう。
掛軸にふれるときは手を洗い、清潔にしてから広げます。かけ外しの時に書画や表装に折れができないように注意します。折れてしまった掛け軸は修繕が必要になります。

床の間などにかけている間は、掛け軸に直射日光や冷暖房の風が直接あたらないようにしましょう。そして、どんなに気に入った掛け軸でも長期間かけっぱなしにせず、定期的に掛け替えましょう。
掛軸を出すときも片付ける時も、湿気の少ないよく晴れた日を選びます。しまうときはあまり力を入れずにゆるく巻き、ゆるくひもをかけて軸箱にしまいます。
あとは年に2回(春と秋)を目安に虫干しをすればいいでしょう。

表装は書画の魅力を引き出す重要な脇役

いかがですか。表装はたんなる絵の添え物ではなく、書画の魅力をいっそう引き出す重要な脇役だということがおわかりでしょうか。ご自宅にしまったままの掛け軸や額装品があれば、一度とりだして表装を詳しくみてみると興味深いものです。
久しぶりに書画や掛け軸を眺めて、もう使わないから鑑定→買取してほしいというものがございましたら、お気軽に福助へご連絡ください。経験のある鑑定士が拝見いたします。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
Scroll Up