池大雅

池大雅:多彩な作風を特徴とする川端康成も好んだ文人画家

池大雅(いけの たいが 1723-1776年)は江戸時代の文人画家、書画家です。
大雅堂、待賈堂(たいかどう)、三岳道者(さんがくどうしゃ)、霞樵(かしょう)など多くの号を用いています。ちなみに妻の玉瀾(ぎょくらん)も画家として活動していました。

京都銀座役人である父を早くに亡くして貧しい少年時代を過ごしていましたが、6〜7歳で書を独学し、神童と絶賛されました。

その才能は柳沢淇園(やなぎさわ きえん)に見出され、文人画家として活動するようになります。
旅と山登りを好んだことも有名で、富士山の話題で盛り上がるといきなり旅支度を始め、そのまま京都から富士山へ旅をして一ヶ月以上戻ってこなかったというエピソードもあります。

これは文人としての雅な生き方を体現するものだとして、大雅の名声を高めることとなりました。

大雅の作風は変化に富んでいて、中国の故事や名所を描いた屏風や、日本の風景を軽やかな筆致であらわしたものをはじめ、室町絵画や琳派、西洋画の要素を積極的に取り入れた独自の画風を確立したことが知られています。

ゆるやかでリズミックな描線は、雄大な自然と直に接した体験から生まれたものなのかもしれません。川端康成も作品を好み、「十便十宜図」を所有していました。これは、中国の「十便十宜詩」に基づいて大雅と与謝蕪村が共作した画帖です。

「山水人物図」、「老松図」をはじめとした複数の作品が国宝に指定され、「前後赤壁図」、「陸奥奇勝図」など重要文化財に指定されている作品も数多くあります。

池大雅の書画掛け軸買取なら東京の福助にご依頼ください。

掛軸買取 TOPへ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取品目

  • 絵画
  • 掛け軸
  • 彫刻
  • 漆器・蒔絵
  • 銀製品
  • 銅器
  • 陶磁器
  • 茶道具
  • 西洋美術・アンティーク
  • 宝石・貴金属
  • 時計
  • 勲章
  • 人形
  • ブリキのおもちゃ
  • 仏像
  • 骨董品
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル