伊藤若冲

伊藤若冲:奇想の画家と称される鮮やかな天才芸

伊藤若冲(いとう じゃくちゅう 1716-1800年)は、江戸時代中期の絵師です。

曾我蕭白長沢芦雪らとともに「奇想の画家」という異名をもっています。若冲という号だけでなく、斗米庵、米斗翁、心遠館、錦街居士などを用いて活躍しました。

京の青物問屋の長男として生まれた若冲は、23歳で4代目枡屋(伊藤)源左衛門を襲名しました。
しかし商売に興味はなく、家業はそこそこに絵を描くことに没頭していたといわれています。40歳で家業を弟に譲ると自身は隠居を宣言、絵師としての活動を本格的にスタートさせました。

とはいえ家業についての一切を放棄したわけではなく、錦市場の閉鎖危機に際しては市場を守るため奔走していたことが近年の研究で明らかになっています。

その作風は精緻でありながら大胆であり、米国人の収集家であるエツコ&ジョー・プライス・コレクションによって海外でも広く知られるようになりました。

「隠元豆 玉蜀黍図(いんげんまめ とうもろこしず)」、「竹梅双鶴図(ちくばいそうかくず)」、「旭日鳳凰図」など精密に描きこまれた動植物を大胆に配置させたインパクトのある絵は生前から高く評価され、多くの襖絵や壁画をあらわしました。

なお、若冲には数名の弟子がいたことが知られています。晩年に描かれた水墨画の中には、落款が若冲のものであっても自筆とは判断し難い作品が見られるため、若冲が工房を組織し、弟子とともに若冲ブランドを作り出していたのではないかという見方がされています。

掛軸買取 TOPへ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取品目

  • 絵画
  • 掛け軸
  • 彫刻
  • 漆器・蒔絵
  • 銀製品
  • 銅器
  • 陶磁器
  • 茶道具
  • 西洋美術・アンティーク
  • 宝石・貴金属
  • 時計
  • 勲章
  • 人形
  • ブリキのおもちゃ
  • 仏像
  • 骨董品
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル