花鳥画掛軸の買取・査定相場

花鳥画掛軸の買取

花鳥画掛軸買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な花鳥画掛軸の価値を査定いたします。福助では様々な花鳥画掛軸の高価買取・査定が可能です。作家や価値の分からない花鳥画の査定や、不要な花鳥画の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

花鳥画掛軸の買取相場

品名 買取相場
花鳥画掛軸 松尾敏男 100,000~250,000円
花鳥画掛軸 川島睦郎 20,000~50,000円
花鳥画掛軸 後藤順一 25,000~65,000円
花鳥画掛軸 岡崎忠雄 15,000~60,000円
花鳥画掛軸 牧進 20,000~100,000円
花鳥画掛軸 渡辺省亭 150,000~420,000円
花鳥画掛軸 池上秀畝 40,000~70,000円
花鳥画掛軸 土田麦僊 20,000~45,000円

花鳥画掛軸の買取実績

商品名 買取価格

虎絵の名人 三尾呉石画『瀑布猛虎』

虎絵の名人 三尾呉石画『瀑布猛虎』

38,000円

林文塘 『雨中白鷺』

林文塘 『雨中白鷺』

30,000円

岡村宇太郎『牡丹』

岡村宇太郎『牡丹』

23,000円

絹本軸装 秋草に鹿の図

絹本軸装 秋草に鹿の図

100,000円

紙本軸装大幅 鵞鳥図

紙本軸装大幅 鵞鳥図

60,000円

武者小路実篤 木蓮之図

武者小路実篤 木蓮之図

20,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 作者が分からない花鳥画の掛軸を鑑定してほしい
  • 遺品整理で出てきた古い花鳥画を買い取ってほしい
  • 仕舞ったままの花鳥画掛軸を処分したいが、高齢で片付けや搬出ができない
  • 不要な花鳥画を売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない

ご安心ください!
花鳥画掛軸買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

査定の流れ

3STEPでカンタン!

1

鑑定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

花鳥画掛軸を高く売る方法|買取のポイントは?

花鳥画掛軸を高く売るには、高価な花鳥画にくわしい鑑定士に頼み、相見積りで比較することです。

花鳥画掛軸の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

華やかな花鳥を描いた「花鳥画」は、本場中国はもちろん世界中に収集家がいる高価な美術品です。
有名作家も多数いるジャンルのため、査定時には作品ごとの価値を判断できる専門家がおすすめ。
鑑定士によって見積り額が大きく異なりますので、古美術相場にくわしい目利き業者に依頼しましょう。専門家なら、鑑定書がないアンティーク品であっても作品の真贋を見て査定してくれます。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

花鳥画掛軸の多くには、作家の落款・署名の入った保管箱がついています。
箱や保証書などの付属品は、買取価格にプレミアをつけるための重要なもの。出張査定では作品とともに作られた「共箱」が価値を高めますから、引越し時に保管箱を処分してはいけません。
美術品コレクターの遺品整理やお宝花鳥画の査定では、必ず作品と付属品をセットにしておきましょう。売却額が変わってきます。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

大切なコレクションを売る時は、複数の店舗から見積りを取り、金額をしっかりと見比べることが大切です。
花鳥画の見積り額は買取業者によって価格差があり、複数の見積りを取らなければコレクターが損をすることもあります。
評判のいい買取業者はけっして相見積りを嫌がりませんし、高額査定。マニア垂涎の作品をうっかり安く売ってしまわないよう、査定額は必ず比較しましょう。

花鳥画掛軸買取業者の選び方

信頼できる花鳥画掛軸の買取業者は、どんな花鳥画も無料査定で、買取実績多数の店です。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

花鳥画は日本画コレクターにも中国美術マニアにも人気の骨董品ですが、査定・見積りだけなら無料です。
鑑定書を発行する場合はお金がかかりますが、売却のための査定ならほとんどの業者は無料。
また金額に納得できない場合は、作品を売らなくてもかまいません。お手元に保管したままでいいのです。
ただし、ときには有料査定の店舗もありますので、事前に電話で確認をしておきましょう。

花鳥画掛軸の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

引越しの家財整理や生前整理で花鳥画を売る時は、多数の買取実績をホームページ上で記載している店がおすすめです。
たくさんの古美術品を買取っている店は、専門家がきちんと価値を鑑定してプレミアをつけ、買取価格に反映するから買取実績が上がります。
おなじ作家の作品でも実績豊富な店ほど高額で買取が可能。査定依頼前に、ホームページでこれまでの実績を確認してみましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

花鳥画掛軸買取でよくある質問

花鳥画掛軸買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。

花鳥画掛軸について

武者小路実篤 木蓮之図

東洋画のひとつである花鳥画は中国で確立された後に、朝鮮や日本にも伝わった画題です。花鳥といっても花と鳥類のみに限定されているわけではなく、草花や水生生物、虫、小動物もそのモチーフに含まれます。日本では、狩野派をはじめとした多くの画家が花鳥画の掛軸を残しています。また、江戸から明治にかけて活躍した日本画家、幸野楳嶺(こうのばいれい)は優れた花鳥画の画家として知られ、なかでも「楳嶺花鳥画譜」は特に有名です。これらの花鳥画は、四季折々の自然を描いた雅な美しさだけでなく描かれた草花や動物による寓意も魅力の一つです。構成に隠されたテーマや言葉遊びによって花鳥画の芸術性は高められ、文化人同士の贈答品としても好まれました。掛け軸、屏風、障子などさまざまなものに描かれています。例えば、魚や鯰(なまず)、鯉といった魚を描いた花鳥画は、豊穣や子孫繁栄、出世をあらわす吉祥画とされています。また、水鳥である鷺(さぎ)も子孫繁栄の象徴と考えられ、高潔な人格をあらわすモチーフとしても描かれています。日本でも縁起の良いとされる鶴は、仙人の乗り物であると言い伝えられていて、花鳥画においても長寿や吉祥の意味をもちます。古来の中国では文芸の愛好家である「文人」の愛玩動物としても人気が高く、風流な隠遁生活を暗示するモチーフとしても描かれます。松竹梅の一つである竹も、もちろん花鳥画に欠かせないめでたい植物です。地下茎を張り巡らし一夜で大きく成長することから、強い生命力をあらわすモチーフとして見なされるようになりました。さらに中国では「竹」と「祝」の発音が同音であることから、爆竹の賑わいや祝いの意味を込められていることもあります。日本には数多くの花鳥画が残されていますが、大ブームを巻き起こした画家と言えば、江戸時代の伊藤若冲(じゃくちゅう)でしょう。中国の明・清時代の花鳥画を学んで、ニワトリや鳳凰、草花、昆虫、魚介類を精密に描いた画家です。若冲は日本における写生画の先駆的な存在で、繊細かつ正確な描写技法を用いており、動植物をあるがまま以上に生き生きと描くことができました。考え抜かれた構図ときめ細やかな観察力が生み出す花鳥画は日本のみならず海外でも非常に高い評価を得ています。このように、花鳥画掛け軸に描かれる動物や草花は、いずれも子孫繁栄や立身出世、長寿や豊かな生活への願いが重ねられているものばかりです。込められた暗喩を読み解くことによって、花鳥画の価値をさらに深く感じることができるのではないでしょうか。

高価買取中の掛軸

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定