狩野派掛軸買取 | 骨董品買取・絵画・掛軸・美術品鑑定なら東京で創業62年の福助

MENU

狩野派掛軸買取

狩野派絵師の掛軸・屏風の買取なら福助へ

狩野探幽筆の水墨画掛軸狩野派とは、室町時代中期から明治時代初期頃まで、約400年にわたって活動し続けた、日本画史上最大の画派です。

主に親・子供・孫などの血族や師弟関係を主軸とした画家の集団です。室町幕府の御用絵師・狩野正信を始祖とし、正信の長男・狩野元信、次男の狩野之信(通称:狩野雅楽助)をはじめ、その後、子孫・弟子たちは、時代ごとの権力者である織田信長、豊臣秀吉、徳川将軍などに絵師として仕え、狩野派は長年にわたり画壇(画家業界全体)の頂点に君臨していました。

主に、扇面や団扇(うちわ)などの小道具から、内裏(御所)、城郭、大寺院や城の障壁画など、様々なジャンルの絵画を手掛けており、その功績は、日本の絵画史・美術界に大きな影響を与えています。

狩野派画家の屏風や掛軸の買取は、都内23区(江東区・中野区・文京区・渋谷区・新宿区・港区・世田谷区・大田区・品川区・目黒区)や・横浜市内限定の無料出張買取も実施中です。

鑑定・買取方法のご案内

買取福助がたくさんのお客様に選ばれる、6つの理由買取福助がたくさんのお客様に選ばれる、6つの理由

  1. ①高価買取!

    国内大手オークション会社顧問も務める骨董買取の專門店だから出来る高価買取

  2. ②鑑定力に自信あり!

    骨董の本場、京都新門前通りの有名古美術店で修行した鑑定歴20年以上の代表が掛軸・屏風を誠実に鑑定

  3. ③62年の実績!

    昭和30年創業、祖父の代から3代に渡って積み重ねた信頼の実績

  4. ④査定無料・出張費無料!

    絵画・掛軸の査定はもちろん無料、東京23区・横浜市は最短30分で無料出張買取いたします。

  5. ⑤便利な駅チカ!

    東京銀座・自由が丘至近の大岡山、都内に2店舗・便利な駅チカ徒歩1分!

  6. ⑥現金払い!

    高額商品でも、その場で現金お支払い

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

狩野元信

狩野派の代表的な絵師として、まず挙げられるのが、狩野派2代目・狩野元信(もとのぶ)です。狩野派は、父・正信が得意とした漢画(中国風の絵画)を基礎とした水墨を画風としていました。

父・正信が、室町幕府の御用絵師に任命された頃、宮廷の絵所預(絵画制作所)の職にあった土佐光信(土佐派)は、金彩・着彩の鮮やかな大和絵を描いており、2つの派が対立するかたちとなります。

その後、色鮮やかな大和絵が脚光を浴びはじめ、画壇の頂点にいたのが、土佐派の頭領・土佐光信でした。元信は、土佐光信の娘と政略結婚し、狩野派の革新的な挑戦を始めます。

狩野派の基本である漢画・水墨画に、大和絵の手法・金箔を貼り付けて背景する「金碧障壁画」を取り入れ、新たなる狩野派の様式(作品を特徴づける表現形式)の基礎となる絵画の作風を確立しました。主に屏風や襖などの装飾的な大画面を得意としており、代表的な作品では、重要文化財『四季花鳥図屏風』があります。

また元信は、顧客からの注文の増加に対応するため、複数の画家が短時間で同質の仕事ができるように、絵画における画体(真体、行体、草体)という学習概念を作りあげました。さらに、弟子の育成体制をしっかりと整えたことにより、多種多様な絵を大量制作することができるようになります。このシステムは、後々の狩野派の制作体制を決定づけるものとなります。狩野元信が始めた金碧花鳥画は、孫の狩野永徳に引き継がれます。

天才・狩野永徳

安土桃山時代に画壇の巨人と謳われた狩野派5代目狩野永徳(元信の孫)は、日本を代表する大絵師の一人で、狩野派の中でも、随一の天才と云われました。

まるで素材から飛び出すかのようなスケール感と力強い表現(大画様式・大画方式)が魅力で、戦国時代の諸大名たちに高い評価を受けました。そのため、大坂城や安土城、戦国大名の邸宅、寺社仏閣など、数多くの絵画制作を手掛けています。

狩野永徳の代表的な作品には、国宝『檜図屏風』や『洛中洛外図屏風』があり、他にも『唐獅子図屏風』、『梅花禽鳥図(四季花鳥図襖)』、『唐獅子図屏風』などがあります。弟子には、京狩野派の祖となった狩野山楽などがいました。

養父で、師でもあった永徳から大画様式を学んだ狩野山楽(永徳の弟子)は、安土桃山後期・江戸初期に活躍した絵師で、鳥獣などの動的表現力に秀でていました。豊臣秀吉や秀頼の御用絵師として、大阪城をはじめ、多くの障壁画や襖絵などを手掛けていました。その後、京狩野派の祖となります。狩野山楽の代表的な作品には、重要文化財『龍虎図屏風』、『牡丹図襖』、『紅梅図襖』などがあります。

狩野派最大の巨匠:狩野探幽

16歳の若さで江戸幕府の御用絵師であった狩野探幽(たんゆう:永徳の孫)は、狩野派最大の巨匠と云われました。

探幽は、安土桃山時代から伝えられている狩野派の大画様式を、優美で洗練された様式へと変えていきます。主に江戸城、二条城・名古屋城障壁画などの絵画制作や有力寺院(大徳寺、妙心寺等)の障壁画などを制作しました。他にも絵巻、掛軸、屏風、写生図集(スケッチ)や模写画集など、様々なジャンルの作品を残しています。

狩野探幽の代表的な作品には、重要文化財『雪中梅竹遊禽図襖』をはじめ、『探幽縮図』、『四季松図屏風』、『桐鳳凰図屏風 』などがあり、他にも大徳寺本坊方丈障壁画などがあります。

江戸時代には、狩野派は、全国規模の絵画教育機関としての役割をもち、多くの画家たちがここで学びました。その後、江戸幕府の終焉と共にその役目を終えました。

出張買取いたします。

無料出張買取いたします。

受付の手順

*成約に至らなくても出張料金は生じませんのでご安心ください。
ご質問・ご相談は無料です、些細な事でも、お気軽にお電話ください。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

Copyright (C)骨董品買取・絵画・掛軸・美術品鑑定なら東京で創業62年の福助. All Rights Reserved.

Scroll Up