川端玉章

川端玉章:円山派の写実性で洒脱さと軽さを表現した巨匠

川端玉章(かわばたぎょくしょう)は、幕末から明治にかけて活躍した日本画家です。

京都の蒔絵師の家に生まれた川端玉章は中島来章の弟子になり、日本画円山派の技法を学びました。ついで小田海僊のもとでも指導を受け、幕末のころには江戸に移って高橋由一から洋画を学びました。

写実性と装飾性を兼ね備えた作品を多く描き、内国勧業博覧会で受賞を重ねていきました。
川端玉章はそもそも京都で生まれた円山派の技法を東京で伝えようと考えて活動を始めます。

教育者としての一面も持っていた川端玉章は、1888年(明治21年)に開校した東京美術学校にも招かれて教授になり、1909年(明治42年)には東京の小石川に学校を開き、円山派、そのほかの流派の画技教育に力を注ぎました。

1896年(明治29年)に帝室技芸員に任命され、名実ともに日本画界の第一人者となってからは、円山派最後の巨匠と呼ばれました。

川端玉章の画風は、円山派の伝統を重んじた風雅さが特徴です。
代表作に「桃季園・独楽園」「四時ノ名勝」などがあり、いずれも写実性を生かして小品でも画面に奥行きを感じさせます。

花鳥画山水画や風景画を得意とし、伝統的な技術を駆使しながらも軽さと洒脱さを表現できるという稀有な才能の持ち主で、風韻がある作風です。

人気の高さから市場に出ている作品は多いのですが、比較的、贋作は少ないといわれている作家です。しかし作品数が多いだけに、真贋を見極めるのはとても難しい作家のひとりです。

掛軸買取 TOPへ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取品目

  • 絵画
  • 掛け軸
  • 彫刻
  • 漆器・蒔絵
  • 銀製品
  • 銅器
  • 陶磁器
  • 茶道具
  • 西洋美術・アンティーク
  • 宝石・貴金属
  • 時計
  • 勲章
  • 人形
  • ブリキのおもちゃ
  • 仏像
  • 骨董品
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル