掛軸の豆知識 | 骨董品買取・絵画・掛軸・美術品鑑定なら東京で創業62年の福助

MENU

掛軸の豆知識

掛軸を高く買取ってもらうために。知っておきたい掛軸の豆知識!

床の間を飾る掛軸を目にした方は多いのではないでしょうか。
和室を飾る掛軸は、私たち日本人にとってもっとも身近な絵画であり、骨董品の代名詞でもあります。

それだけに意外と多くの方が持っていて、探すと押し入れや倉庫から出てきます。
もし掛軸を飾る場所がなく、しまいっぱなしになるぐらいなら、買取に出してみましょう。
もしかしたら、びっくりする鑑定額になるかもしれません。

掛軸ってどんなもの?

掛軸は、書や絵画を紙や布に張り、壁面に飾って鑑賞を楽しむインテリア品の1つです。日本独特の室内様式である床の間とともに、普及してきました。

掛軸の歴史は古く、日本には飛鳥時代には中国から伝わっていました。本家である中国でも、北宋の時代(960-1127年)には儀礼用の仏画として広く普及していたといいます。

日本で掛軸が定着したのは、鎌倉時代に発展した仏教の一派である禅宗の影響からでした。
中国から伝わった禅宗は、仏の教えとともに中国風の建築様式や芸術を日本に広げました。そのなかに水墨画の技術もあったのです。
始めは仏教の儀礼用に仏画や祖師像が描かれ掛軸として用いられていましたが、徐々に芸術性を増し、花鳥画や山水画も制作されます。

そのような水墨画の発達とともに、飾るための掛軸と言う形も広まったのです。
特に室町時代の頃に茶の湯が生まれ茶室が作られるようになると、床の間という座敷飾りを彩るために掛軸はますます芸術性を高めていきました。現代につながる茶道を大成した千利休も掛軸の重要性を主張していたといいます。

江戸時代から明治・大正にいたるまで、掛軸は茶室だけでなく和室を飾る一級のインテリア品として発展してきました。

戦後、生活様式が著しく西洋化し家屋から床の間が少なくなると、掛軸はあまり見かけなくなりました。しかし、しまったまま忘れられている作品は数多くあるのです。

掛軸の種類

掛軸はその特徴から大きく3種類に分けられます。
「書」と「絵」、そして「書と絵を合わせた作品」です。

書はその名の通り字を書き表したもので、単語のみである場合や、漢詩、和歌、俳句など、詩文を記したりするなど、さまざまな作品があります。作者も書家だけでなく、武将や貴族、僧のほか、近現代では政財界人や詩人など多彩です。

絵は水墨画、日本絵画、肉筆浮世絵、明治以降の日本画などが該当します。
書と絵を合わせたものは水墨画の世界でいう「詩画軸」のように、縦に長い掛軸の上部分に書を、下部分に絵を描いたものです。書は絵に合わせた漢詩や和歌、俳句などが用いられることが多く、書と絵で1つのテーマを表現します。

また、起源である中国やその文化の影響を受けた韓国で制作された掛軸もあります。それぞれの国の文化を表現した素晴らしい作品は、非常に高値で取引されています。

掛軸の買取で注目するポイント

掛軸は大きな分類では絵画に属します。ですから、その価値基準も基本は同じです。
もっとも大きな評価ポイントは「誰が描いたのか」であり、次に「希少な作品かどうか」となります。

誰が描いたのかによってその美術的歴史的な価値が変わるのは、美術品の買取では共通のポイントです。極端な表現をすれば、無名の書家の美しい作品よりも、歴史的に高名な素人が制作した書のほうが高く評価されます。

掛軸の署名や落款などから誰が描いた作品なのか調べておくと、査定額の予想がしやすく、買取店を比較するときの基準になります。

掛軸に付属していることが多い保存用の桐箱も、作家名を特定するための重要な要素になりますので重要な鑑定対象です。あるなら必ず掛軸と一緒に鑑定してもらいましょう。

また、同じ作者の作品でも希少性によって、価値は変わります。
その作者の経歴の中でどのような位置づけにある作品なのか。一点ものなのか、量産品なのか。コレクターからの人気はどうか。賞を取ったとか有名な歴史的人物の所有物だったといったような付加価値はあるか、など、同じ作家でも作品の価値は大きく異なるのです。

買取店に依頼するときには、掛軸の作家名と、図柄や大きさなど作品を絞りこめる特徴を伝えておくと、後の鑑定がスムーズです。

掛軸の買取は、傷み具合と贋作に注意

掛軸は他の絵画と比べても傷みやすいといわれます。
それは素材が紙や布といった経年劣化するものである他にも、しまう際に巻くため丁寧に扱わないと絵の本体にダメージを与えてしまうからです。
傷み具合がひどければ、表層し直す必要もでてきますし、もちろん評価額も低くなってしまいます。
掛軸を巻くときはきつくしないようにしてください。湿気にも乾燥にも弱いので、巻いたあとは桐箱に収め温度変化の少ない場所に保存します。
防虫効果のある香木などを一緒にしまうとなお良いでしょう。化学防虫剤はかえって掛軸を痛める場合があるので、おすすめできません。

また、掛軸は日本では特に人気がある絵画のため、贋作や本物そっくりの印刷物も多くあります。
印刷物はまだしも、贋作は素人目には判断できない精巧なものです。経験の浅い鑑定士だと見破れない時すらあります。

本物だと思って買取ってくれれば、売る側からすれば得だと思われるかもしれません。しかし後ほど贋作だと判明すれば、トラブルに発展することもあるのです。
掛軸の鑑定・買取は、実績が豊富な専門鑑定士がいるお店に依頼しましょう。

掛軸を高く買取してもらうなら、専門の買取店が一番確実!

このように、掛軸は日本においてもっとも身近な芸術品の1つでした。
戦中に失われた作品も多いですが、まだまだ一般の家庭に眠っている骨董品です。なかには価値が高い作品もあるでしょう。

しかし、その材質や様式の特徴から傷みやすく保存が難しい美術品でもあります。もし飾る予定がないなら、傷んでしまう前に買取店に連絡してみることをお勧めします。

掛軸は贋作も多いので、本当の価値を見定めることができる業績豊かな専門買取店を選びましょう。
お持ちの掛軸はもしかしたら、とても評価の高い作品かもしれません。

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

Copyright (C)骨董品買取・絵画・掛軸・美術品鑑定なら東京で創業62年の福助. All Rights Reserved.

Scroll Up