小川芋銭 草刈女図

品目 掛軸
価格 20,000円
買取方法 出張買取
買取地域 東京都品川区
作者・ブランド 小川芋銭
状態 紙本軸装・共箱

小川芋銭 草刈女図掛軸をお買取りいたしました。

小川芋銭(おがわうせん)は、大正時代に活躍した日本画家です。
明治元年・1868年に武士の子として生まれた小川芋銭は、廃藩置県にともなって家族とともに茨城県牛久市に移り住みました。

幼いころから絵が好きな子供でしたが、生活のために農業に従事したり小間物店で働いたりしながら、1881年に13才で洋画家の本多錦吉郎(ほんだきんきちろう)について絵の基本を学びました。

小川芋銭にとってはこれが生涯で唯一の画業を学んだ機会であり、本多錦吉郎がただ一人の師匠です。

その後、朝野新聞で挿絵や漫画を担当した小川芋銭は、1887年に家族のために牛久に戻ります。
その後は農業のかたわら茨城日報に漫画を投稿していましたが、これが当時の編集長である渡辺鼓堂(わたなべこどう)に注目され、それ以来、芋銭は鼓堂と生涯の交友を続けました。

のちに、1908年に小川芋銭が刊行した「草汁漫画」が反響を呼んだことから「平民新聞」「国民新聞」「読売新聞」や俳句誌「ホトトギス」に表紙画や挿絵をえがくようになります。

やがて本格的な日本画を目指すようになった小川芋銭は、1915年に平福百穂(ひらふくひゃくすい)・川端龍子(かわばたりゅうし)らとともに珊瑚会を結成、横山大観や斉藤隆三らの推挙を受けて日本美術院の同人になりました。

代表作は、1925年の第12回院展に出品した「夢中千燈」。この作品で新境地を開いたとして、芋銭は画壇で高く評価をされました。

今回のお品物は、草刈女二人を描いた掛軸です。
小川芋銭の特徴は、スタート地点だった漫画的な柔らかい線を残しつつ、ディテールは克明な写生に基づいている点です。

遊戯的な画面構成になりがちなところをシンプルな構図で整え、繊細な情景を描き出す。草刈女ふたりを描いただけのシンプルな掛軸ですが、ほのぼのとした色彩と無駄のない線が、温かみと見る人の心を打つ作品です。

掛軸買取 TOP へ戻る

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up