曾我蕭白

曾我蕭白:ダイナミックな筆致で知られる異端の水墨画絵師

曾我蕭白(そが しょうはく 1730-1781年)は、江戸時代中期の絵師です。別号を蛇足軒、蛇足十世などと称していました。

丹波屋という京都の商家に生まれた蕭白は、十代のうちに相次いで家族を亡くし、その後何らかの絵の修行をして絵師として活動するようになったと考えられています。

蕭白の作品は、中国の故事や仙人といった画題を正統的な水墨画であらわしたものです。

しかしテーマは時に大きくデフォルメされ、型破りで得体の知れない印象を見る人に与えます。岩や樹木は濃墨で荒々しく描かれ、画面から荒ぶる筆使いが飛び出してくるような錯覚を覚える作品をあらわしています。

そんなダイナミックな蕭白の知名度は、円山応挙与謝蕪村には及ばずとも遠からずというものでした。

江戸時代から異端の画家として一定の評価を得ており、見る者を不安にさせる凄みを帯びた作品として知られていました。それゆえ贋作も古い時代から多く制作されているので、鑑賞する際は注意が必要です。

明治時代以降、いっとき忘れ去られた時期もありましたが、その後は蕭白独特の解釈や構図が大々的に取り上げられて脚光を浴びました。現在では伊藤若冲長沢蘆雪らと並び「奇想の画家」、「異端の画家」と称されています。

代表作としては、重要文化財に指定された「寒山取得図」、「群仙図屏風」などがあります。ちなみに、蕭白の作品の大半は明治時代に海外へ流出しました。最も大きなコレクションを所有しているのはボストン美術館です。

掛軸買取 TOPへ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取品目

  • 絵画
  • 掛け軸
  • 彫刻
  • 漆器・蒔絵
  • 銀製品
  • 銅器
  • 陶磁器
  • 茶道具
  • 西洋美術・アンティーク
  • 宝石・貴金属
  • 時計
  • 勲章
  • 人形
  • ブリキのおもちゃ
  • 仏像
  • 骨董品
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル