水墨画掛軸の買取・査定相場

水墨画掛軸の買取

水墨画掛軸買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な水墨画掛軸の価値を査定いたします。福助では様々な水墨画掛軸の高価買取・査定が可能です。作家や価値の分からない水墨画の査定や、不要な水墨画の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

水墨画掛軸買取相場

品名 買取相場
水墨画掛軸 渡辺省亭 100,000~3,000,000円
水墨画掛軸 謝稚柳 20,000~80,000円
水墨画掛軸 竹久夢二 少女図 50,000~150,000円
水墨画掛軸 白隠和尚 達磨大師像 300,000~800,000円
水墨画掛軸 朝鮮民画 李朝絵画 50,000~200,000円
水墨画掛軸 田能村竹田筆 山水図 40,000~150,000円
水墨画掛軸 棟方志功 菩薩図 75,000~120,000円
水墨画掛軸 冷泉為恭 瓢箪に駒図 100,000~180,000円

水墨画掛軸の買取実績

                  水墨画掛軸
商品名 買取価格

水墨画掛軸 富岡鉄斎 東坡謁佛図 買取価格 150,000円

水墨画掛軸 富岡鉄斎 東坡謁佛図

150,000円

山田真山 『達磨』 共箱

120,000円

猿猴図 買取価格:80,000円

猿猴図

80,000円

滝和亭筆 水墨画竹林図 掛軸

滝和亭筆 竹林図

25,000円

土方稲嶺筆 紙本虎図掛軸 買取価格:12,000円

土方稲嶺筆 紙本虎図掛軸

12,000円

小堀権十郎の山水画掛軸 買取価格:50,000円

小堀権十郎の山水画掛軸

50,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 古い水墨画掛軸の価値を査定していほしい
  • 相続した古い水墨画掛軸を売りたい
  • 床の間にある水墨画掛軸を処分したいけど、高齢で片付けや搬出ができない
  • 不要な水墨画掛軸を売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない

ご安心ください!
水墨画掛軸買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

査定の流れ

3STEPでカンタン!

1

鑑定をする鑑定士

査定

鑑定歴20年以上の経験豊富な鑑定士がお客様のお品物をしっかり査定します。

2

お見積もりをご提出する鑑定士

お見積り

『古い品物の価値を知りたい…』こんな場合も、お見積りは無料です。万が一、査定価格にご満足いただけない場合でも、キャンセル自由です。

3

買取成立・お支払い

買取成立・お支払い

査定価格に同意いただければ、買取申込書に必要事項を記入いただき、即現金にてお支払いいたします。

水墨画掛軸を高く売る方法

水墨画掛軸の高価買取は、水墨画掛軸の価値を知る目利きに依頼し、複数店舗からの見積りを比べましょう。

水墨画掛軸の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼
掛軸の鑑定・査定において最も重要なのは、「作家名」です。水墨画では数多くの有名作家が活躍したため「何を描いた掛軸か」というよりは「誰が描いたか」が高額査定のポイントになります。

雪舟のほか、南北朝時代の作家である可翁(かおう)、黙庵(もくあん)、室町時代中期の禅僧・吉山明兆(きつさんみんちょう)や、安土桃山時代から江戸時代初期にかけて活躍した長谷川等伯(はせがわとうはく)などの作品は高価な査定になりますし、
現代水墨画の大家の山田玉雲(やまだぎょくうん)の水墨画もコレクターが多く、美術品市場での価値が高い作品です。

ただし水墨画の掛軸は贋物が多いジャンルです。サイン、落款があっても本物ではないことも多く、真贋の鑑定が大切になりますので、
査定を依頼するときは、水墨画の価値が分かり古美術相場をよく知る目利き鑑定士に依頼しましょう。

同じ作品でも専門家と一般の人では見積り額がまるで違います。
遺品整理などで水墨画コレクションを売却する時は、目利きに依頼すると損がないでしょう。

作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定
希少価値のある水墨画掛軸には、付属品が付いています。作者の落款入りの箱や鑑定書があれば作品の真贋判定が容易になりますし、買取価格もアップ。

高価な水墨画掛軸やプレミアがつくとわかっている水墨画の査定には、付属品も必ず出しましょう。
「共箱(ともばこ)」と呼ばれる掛軸をしまう箱にタイトルや作家名、以前の持ち主の名前などが記載してあると、より査定額がアップします。
引越しなどで箱と作品がバラバラになっても買取業者がそろえてくれますので、心当たりのある付属品はすべて作品とともに出すのがおすすめです。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較
貴重な水墨画や高価なアンティーク品と分かっている作品は、複数の店舗から見積りをとって買取価格を比べてから売却しましょう。

目利きのいる買取業者は比較的高額な見積りを出しますし、リサイクルショップでは、掘り出し物も貴重な水墨画もまとめて安く買い取ります。
損のない水墨画売却のためには、評判のいい買取業者から相見積りをとり、納得できる価格の店に売りましょう。

保存状態がよくなくても、一度は専門家に査定依頼を

売却を希望される場合は、保存状態によっても買取り価格が変わります。紙の上に墨だけで描く水墨画は、掛け軸の保存状態によって傷みぐあいがまったくちがってきます。

万が一、保存状態がそれほど良くなくても、すぐに処分しないで一度は専門の鑑定士に出張査定してもらいましょう。
とても有名な作家の水墨画が自宅に眠っていたということもよくあるのです。

水墨画掛軸買取業者の選び方

信頼できる水墨画の買取業者は「無料査定」「水墨画掛軸の買取実績が多い店」です。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

水墨画掛軸のように高価な古美術品の査定・鑑定は、お金がかかると思っていませんか?
良心的な買取業者は無料で見積りしてくれ、有名作家でもコレクターの遺品整理による大量査定でも、無料です。
出張査定では作品ごとに査定をしますので、売りたいもの・保管しておきたいものに分けて売却することもできます。
大切なコレクションの価値がわかる鑑定士に、無料査定を依頼しましょう。

水墨画掛軸の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

引越し・家財整理・生前整理をするなら、多数の水墨画を買取している業者を探すのが重要です。
骨董品の専門家は水墨画掛軸を多数取り扱っていますから、最新のアート相場に合った価格で買取できます。
希少価値のある水墨画掛軸は高く買取りますからコレクターからの信頼も厚く、買取実績が豊富です。
初めての買取なら、ホームページに多数の実績を掲載・公開している店舗が安心でしょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

水墨画掛軸買取でよくある質問

水墨画掛軸買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。

水墨画掛軸について

水墨画は「墨絵」ともいいます。その名の通り、墨一色をぼかして明暗や濃淡をつけたり、筆運びのにじみやかすれによってあらわされる絵画です。中国の水墨画は、山水画の技法の一種としてうみだされたものでした。中国の水墨画は、鎌倉時代に禅の思想とともに日本へ伝播します。中国は山水画から表現が出発したのに対し、日本ではまず禅宗にまつわる絵画が先に伝えられ、徐々に山水画も描かれるようになったというのが興味深いところです。鎌倉時代の水墨画は、僧職であり仏教絵画の制作や仏像の彩色をおこなう専門職でもあった絵仏師(えぶっし)や禅僧たちによってあらわされたもので、美術史においては「初期水墨画」に区分されています。祖師像や仏教関連の人物画「道釈画」や、蘭、竹、菊、梅をあらわす「四君子」という画題がよく描かれていました。全盛期となるのは、室町時代。これは、当時絶大な権力を握っていた足利氏が、禅宗を手厚く保護していたことと関係しています。足利氏の禅寺、相国寺からは周文や、「瓢鮎図」で知られる如拙といった画僧が名を成しました。中国美術の伝統的な技法を踏襲しつつ、独自の水墨画を確立した雪舟も相国寺の画僧です。代表作の一つである「天橋立図」は、日本に実際に存在している景色を水墨画で描くという、当時としては新しい表現の作品でした。この頃になると国内においても山水画としての水墨画が描かれるようになり、絵の上部に漢詩を書く「詩画軸」も登場します。「詩画軸」の最古の作品とされるのは、1405年に描かれた「柴門新月図」です。禅僧18名が絵の上部に詩文を書いたもので、絵よりも書が書かれたスペースの方が広いという特徴があります。

高価買取中の掛軸

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定