安田靫彦

安田靫彦:新日本画活動を推し進め上品で高雅な作風で知られる大家

安田靫彦(やすだゆきひこ)は、大正・昭和期に活躍した日本画家です。

江戸時代から続く料亭の子として生まれ、14歳で小堀鞆音(こぼりともと)の弟子になりました。
のち、岡倉天心にも師事。

おなじ門下生の今村紫紅らと紫紅会(のちに紅児会)を結成して画技の研究につとめ、日本美術院の再興にかかわります。新日本画運動を推進し、東京美術学校(東京芸大の前身)に入学するも中退。

初期には文展に出品を重ねて活躍しました。
東京勧業博覧会で「最手(ほて)」が二等賞、第1回文展で「豊公(ほうこう)」が三等賞を受賞します。
第六回文展に出品した「夢殿」(現在は東京国立博物館が所蔵)で注目を集めました。

古美術に対する造詣も深く、法隆寺金堂壁画の模写や再現模写の監修を前田青邨とともにつとめました。1934年(昭和9年)に帝室技芸員に任命、芸術院会員となり、文化勲章を受章しました。

安田靫彦の画風は、代表作の「風神雷神」や「飛鳥の春の額田王」に見られるように、大和絵の技法をベースに歴史から題材をとった格調高いものです。
色使いも筆遣いも洗練された画風で、構成にゆとりがあります。また能書家としても有名で、良寛風の書を書きました。

伝統的な技法を大切にした日本画も良寛風ののびやかな書も、どちらも品の良さと高雅さが持ち味です。手元に置いて愛玩したいファンが非常に多く、骨董的な価値も非常に高い作家です。

掛軸買取 TOPへ

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064

買取品目

  • 絵画
  • 掛け軸
  • 彫刻
  • 漆器・蒔絵
  • 銀製品
  • 銅器
  • 陶磁器
  • 茶道具
  • 西洋美術・アンティーク
  • 宝石・貴金属
  • 時計
  • 勲章
  • 人形
  • ブリキのおもちゃ
  • 仏像
  • 骨董品
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル