丁銀・豆板銀買取・査定相場

丁銀・豆板銀の査定、高価買取なら福助にご依頼ください。

丁銀、豆板銀は江戸時代に使われていた銀製の貨幣です。重量によって価値が決まる貨幣で、丁銀は40匁(約150g)と決まっていましたが、実際には重さにばらつきがありました。

複数の丁銀をまとめて包んで使用する場合、重量調整のために使われたのが豆板銀です。
丁銀・豆板銀ともに刻印が打たれており、両面に刻印があるものがコレクターに人気です。

また丁銀は残っている数が少なく、希少価値が高いために高価買取されています。

丁銀・豆板銀の買取・査定実績


丁銀・豆板銀買取相場

品名買取相場
天保丁銀 8,000~75,000円
天保丁銀 7,000~60,000円
安政丁銀 7,000~60,000円
元文豆板銀 15,000~90,000円
安政豆板銀 10,000~45,000円

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い丁銀・豆板銀を処分したい
  • 所有している丁銀・豆板銀が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 丁銀・豆板銀の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた丁銀・豆板銀など古銭を、まとめて売りたい

ご安心ください!
丁銀・豆板銀買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に!

あなたのガラクタ、
だれかのお宝!

こんな古いものは価値がないのでは?」と処分してしまう前に、その価値を調べてみませんか?
一見するとゴミのように見える品物に驚きの値段が付くことがあります。「買取福助」は価値ある骨董を次の世代へと受け継ぐためのお手伝いをいたします。

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

店舗案内

東急目黒線・大井町線

大岡山駅徒歩1分

営業時間
11:00~18:00

クリックして今すぐお電話ください

0120-777-064

店舗名称骨董品買取の福助
住所145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
TEL03-6425-9735
営業時間
定休日日曜
交通大岡山駅より徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布駅から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山駅から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川駅から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘駅から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分
  • 店舗外観

    店舗外観

  • 店内①

    白を基調とした明るい店内

  • 店舗とスタッフ

    お客様のご来店を
    お待ちしております。

丁銀・豆板銀を高く売る方法

丁銀・豆板銀を高額で買取してもらうためのポイントについて、
順番に解説しています。

高く売る方法

丁銀・豆板銀の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
丁銀・豆板銀は、ヤフオクなどでも取引されていますが、銀貨としての価値、貨幣としての当時の価値以上に、美術品、骨董品としての価値が高まっているため専門業者に買取依頼をした方が高額査定されやすいコインです。

慶長、文政、天保と時代によって形状が異なるので、しっかりと査定してもらうために鑑定眼をもった専門家に依頼しましょう。


作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
丁銀・豆板銀に鑑定書やケースがついている場合、それらも一緒に査定に出すことをおすすめします。鑑定書はレプリカや偽物ではない証拠として有効であり、ケースやメモ、手紙が思わぬ価値を生むこともあります。

丁銀・豆板銀の査定に限らず、骨董品や記念コインの買取は付属品をすべてそろえた状態で査定に出すことをおすすめします。


評判の良い丁銀・豆板銀の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
丁銀・豆板銀をはじめとする日本の昔の貨幣、記念コインは、定価がありません。金相場を元にした貴金属的な価値と、骨董品としての価値により査定額が算出されます。

また、丁銀・豆板銀を得意としている買取店とそうでない買取業者によっても査定に差が出るので、相見積もりを取って買取額を比較してみてください。

査定の申し込みは専用申し込みフォームからだけでなく、メール、LINEからも気軽に行えます。


信頼できる丁銀・豆板銀の買取業者の選び方

丁銀・豆板銀の売却は、査定を無料で実施していて
実績の豊富な買取業者に任せましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
丁銀・豆板銀の鑑定や査定は、無料査定の実施店に依頼すると安心です。しかし東京都内には、まれに押し買い行為をしたり、査定後に不当な手数料を要求したりする悪徳業者もいるので注意してください。

申し込みの前に査定の流れや鑑定の料金、出張査定にかかる経費などを確認しておきましょう。


丁銀・豆板銀の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
丁銀・豆板銀や古銭の買取実績豊富な買取業者は、買取に必要な専門知識を有していると判断できます。丁銀・豆板銀の売却を検討する際は、買取店のサイトやSNSを検索して買取実績を探してみてください。

ブログやコラムなどで丁銀・豆板銀、古銭の解説を連載している買取業者もおすすめです。


出張買取

  • 日時のご予約日時のご予約
  • ご自宅へ訪問・査定ご自宅へ訪問・査定
  • その場でお支払いその場でお支払い

出張買取対応地域

東京都内、川崎市
出張買取対応中

出張買取可能地域

*出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

ポイント
  • 成約に至らなくても出張料金はかかりませんのでご安心ください。
  • お品物によっては出張買取をお断りする場合がございます。
  • ご質問・ご相談は無料です、些細な事でも、お気軽にお問い合わせください。

店頭買取

宅配買取

  • 伝票到着後に品物と必要書類を郵送伝票到着後に品物と必要書類を郵送
  • 品物到着後、2営業日以内に査定、ご連絡品物到着後、2営業日以内に査定、ご連絡
  • 買取金額ご同意後、翌営業日までにお振込み買取金額ご同意後、翌営業日までにお振込み
0120-777-064電話をかける
お問合せ

買取福助「安心」の3つのこだわり

当店では、初めてのお客様やお一人様でも安心してご利用いただくために、3つのこだわりを持ってご対応させていただいております。

1安心のお取引

買取価格を透明に

買取価格を透明に

買取価格を透明に

買取福助では、どうしてこの価格なのか?という疑問にすべてお答えできる体制を整えています。

お客様の真摯な疑問にも誠実にお答えすることで、安心してご判断いただけるような工夫をしています。

分かりやすい見積書

分かりやすい明細で安心

分かりやすい見積書
後日、お取引の内容をお客様に確認していただけるように、取引明細書をお客様にお渡ししています。

2満足いただける高価買取の仕組みがある

手数料は無料

手数料は無料

手数料は無料
査定・売却時の手数料は無料。お客様にご満足頂けることを目指しています。
買取価格日本一へ挑戦

買取価格日本一に挑戦

買取価格日本一へ挑戦

当店では、お客様の満足を第一に考えます。高価買取も大切な課題の一つ。 納得の買取額をご提示いたします。

3お客様目線での対応・お店づくり

査定が初めてのお客様にも安心していただけるよう、お客様の目線に立ったお店づくりを心がけています。
査定だけでもOK

査定だけもOK、キャンセル料はいただきません

査定だけでもOK
思い入れのある大切なお品物は、売るかどうかを迷っているお客様も多いと思います。 買取福助は査定だけでも大歓迎、無料でお見積いたします。 無理に引き止めたりは致しませんので、安心してご来店ください。
買取成立すれば、即現金でお支払します。

即現金化、スピーディーに対応します

買取成立すれば、即現金でお支払します。

お見積額に納得いただければ買取申込書に必要事項を記入後、1円単位までキッチリ現金にてお支払いします。 急な出費で現金が必要という方も、お手間を取らせません。

入りやすい店舗づくりを心がけています。

入りやすい店舗づくり

入りやすい店舗づくりを心がけています。

どこか閉鎖的で入りにくいイメージのある古美術店ですが、当店は安心して利用いただけるよう、明るい店舗作りを目指しています。

お店は1階にある路面店なので、ベビーカーや車椅子の方でも安心です。 女性お一人やお子様連れでもお気軽にご来店ください。

丁銀・豆板銀について

丁銀・豆板銀は、江戸時代に使われた銀製の貨幣です。「丁銀(ちょうぎん)」は、慶弔6年・1601年から作られ始め、幕末まで作られていました。江戸時代の日本は銀貨を多数発行しており、丁銀は全部で11種類。いずれも「銀座」で鋳造されました。丁銀のなかでも「慶長銀(けいちょうぎん)」・「享保銀(きょうほうぎん)銀」は銀の割合が高くて良質なもの。銀:銅の割合は8:2と、銀比率が高かったのです。これが「安政銀(あんせいぎん)」となると銀:銅の比率は13:87と変化しました。幕末になって国外へ大量の銀が流出したため、国内の銀を守る目的で銀比率が低くなったのです。
丁銀には「常是(じょうぜ)」「宝」および大黒(だいこく)の印が打ってあるのが特徴。形はいずれもナマコ型で重さは約40匁(150g)と決まっていましたが上下に幅があり、一定した重量ではありませんでした。そのため、複数の丁銀に重量調整用の「豆板銀(まめいたぎん)」を一緒に入れた「封包(ふうづつみ)」にして使われることがほとんど。ちなみに封包にも常是またが両替店の印が押されていました。
丁銀・豆板銀は明治元年・1868年に、維新政府が廃止するまで、日本経済を支える重要な貨幣のひとつだったのです。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談