漆器の買取価格相場

漆器の買取

漆器買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な漆器の価値を査定いたします。福助では漆器の汁椀やお盆など様々な漆器の高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からない漆器の査定や、不要な漆器の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

漆器の買取相場

品名 買取相場
漆器 金蒔絵梨地文箱 5,000~150,000円
漆器 漆工芸家 角偉三郎 漆椀 15,000~70,000円
漆器 純銀火屋蒔絵阿古陀形香炉 15,000~80,000円
漆器 加賀蒔絵 田村一舟 漆大棗 5,000~20,000円
漆器 加賀蒔絵 吉田華正 棗 6,000~70,000円
漆器 李朝 螺鈿漆器 青磁唐草文花瓶 96,000~170,000円
漆器 玉渓作 内梨地螺鈿細蒔絵香合 70,000~120,000円
漆器 静峰 純銀火屋 鳳凰蒔絵香炉 50,000~90,000円

漆器の買取実績

                  漆器の買取実績

彫漆の買取実績

商品名 買取価格

北原比沙志 彫漆忽忘草紋茶筥

北原比沙志 彫漆忽忘草紋茶筥

13,000円

彫漆正方盆

彫漆正方盆

25,000円

岡田雄志作 彫漆花器

岡田雄志作 彫漆花器

100,000円

堆朱の買取実績

商品名 買取価格

堆朱天女図大花瓶

堆朱天女図大花瓶

130,000円

堆朱菊図蓋物

堆朱菊図蓋物

7,000円

堆朱山水図瓢型花瓶

堆朱山水図瓢型花瓶

30,000円

蒔絵の買取実績

商品名 買取価格

朝香宮家拝領 八卦形漆黒御紋章花器

朝香宮家拝領 八卦形漆黒御紋章花器

6,000円

天皇家御下賜品 天盃

天皇家御下賜品 天盃

2,000円

松錦斉作 絵変わり蒔絵盃

松錦斉作 絵変わり蒔絵盃

10,000円

螺鈿の買取実績

商品名 買取価格

山中橋爪庵 螺鈿大棗

山中橋爪庵 螺鈿大棗

30,000円

奥津一心斉作 源氏車蒔絵乾漆螺鈿入香合

奥津一心斉作 源氏車蒔絵乾漆螺鈿入香合

8,000円

螺鈿細工入黒漆高卓

螺鈿細工入黒漆高卓

50,000円

輪島塗の買取実績

商品名 買取価格

慶塚作 輪島塗卓上膳五客

慶塚作 輪島塗卓上膳五客

14,000円

稲忠漆芸堂謹製 輪島塗合鹿椀二客

稲忠漆芸堂謹製 輪島塗合鹿椀二客

6,000円

輪島塗小箱

輪島塗小箱

15,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

漆器の買取品目一覧

有名作家の漆器買取価格

高価買取中の漆器

  • 漆絵
  • 卵殻
  • 鎌倉彫
  • 沈金
  • 平文
  • 蒟醤
  • 乾漆
  • 藍胎

こんなお悩みございませんか?

  • 蒔絵の入った漆器汁椀の価値を査定してほしい
  • 遺品整理で出てきた漆器の椀を引き取ってほしい
  • 蔵の中に古い漆器盆があるが高齢で片付けや搬出ができない
  • 漆器作品を売りたいけど、どこに持ち込んでいいか分からない
  • 先祖から受け継いだ、漆器の盆や茶道具を売りたい

ご安心ください!
漆器買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

漆器の処分・引取でお困りの方、「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

漆器を高く売る方法|買取のポイントは?

漆器を高く売るには、漆器の専門家に査定依頼し、複数の見積りを比べることです。

  • 漆器作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    漆器は日本を代表する美術工芸品。世界中に多くのコレクターがいて、有名作家の漆器なら高額でも欲しいというマニアも少なくありません。
    日本には多数の漆器があり、遺品整理や旧家の引越しでよく見つかりますが、高価な漆器でもアンティークや骨董品についてよく知らない業者では見積りも安くなります。
    漆器作品の売却にあたっては価値のわかる専門家に査定を頼むようにしましょう。

  • 作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    家財整理などで漆器を売るときは、鑑定書や落款入りの保管箱も添えて査定に出すことです。
    高価なアート作品でもある漆器には真贋を証明する付属品がついており、付属品の有無で買取価格に差が出ます。付属品があれば作品にプレミアがつき、相場より高く買取されるのです。
    コレクションの鑑定を依頼する時には、作品と付属品をそろえておくのが肝心。完全な状態で査定にのぞみましょう。

  • 相見積もりを取って査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    漆器を売る時、一店舗の査定で終わりにしていませんか?古美術品は買取店ごとに査定額がまったく違うので、複数の店舗から査定を取るのがおすすめです。
    良心的な買取業者は複数店舗との相見積りを嫌がりませんから、出てきた査定額を比較すること。そして一番高い買取額を提示した店へ売れば損もありません。
    収集家の欲しがるビンテージ漆器も、相場に見合った適正価格で売却できます。

漆器買取業者の選び方

信頼できる漆器の買取業者は、高価な漆器も無料査定でき、買取実績も多数です。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    漆器はコレクターやマニアの多い人気の美術工芸品です。作品本来の価値を見抜いて、ただしい査定額をつけるのは簡単ではありませんが、買取業者の多くは無料で査定をします。
    これは査定後の売却を想定しているためで、査定は「買取価格の提示」でもあるのです。だから出張査定でも所定エリア内なら無料でうかがいます。
    しかし中には「有料査定」の店舗もありますので、注意しましょう。

  • 漆器の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    お手元の漆器コレクションを売るときは、漆器の買取実績を多数ホームページに掲載している買取店が安心です。
    希少価値のある漆器を高額で査定できる店舗には骨董品の専門家が在籍し、鑑定書がなくても高価買取をしてくれます。安心だからコレクターが大量に売ってくれるのです。
    漆器の買取実績が多い店ほど鑑定力が高く、見積りも高額。初めてでも安心して、大切な漆器をまかせられます。

漆器買取で鑑定士がチェックする3つの査定ポイント

輪島塗漆器
漆器は全国の様々な場所で生産されています。種類も豊富ですが、買取の際に鑑定士がチェックするポイントは3つあります。

漆器買取で鑑定士がチェックする査定ポイント
  1. 産地をチェック!日本三大漆器が人気
  2. 天然・木製が基本!美術品としての価値が高く評価されています
  3. 希少性に付加価値!有名作家の漆器・蒔絵は高価買取

1産地をチェック!日本三大漆器が人気

全国各地で生産されている漆器ですが、人気が高いのは日本三大漆器と呼ばれる輪島塗・会津漆器・山中塗です。そのほか、飛騨春慶、琉球漆器、浄法寺塗、鎌倉彫、村上堆朱彫などもマニアに人気があります。

2天然・木製が基本!美術品としての価値が高く評価されています

天然木を使用した木製であること。さらに、天然漆を塗布していること。高価買取のキーワードは「天然」「木製」です。買取強化中の漆器には、印籠・菓子器・喰籠・硯箱・文箱・香合・重箱・膳・盆・椀・棗などがあります。茶道で使う棗などは、海外でも人気の高い品物です。

3希少性に付加価値!有名作家の漆器・蒔絵は高価買取

美術品として価値があると評価され、高値で買取されるのは、有名作家の作品です。最近では中国漆器も高価買取の対象になっています。特に堆朱存清など古い中国の漆器をお持ちであれば高額査定が期待できます。

漆器買取で福助が選ばれる4つの理由

他社との比較で買取福助がお客様に選ばれる4つの理由

  • 1安心のお取引

    買取価格を透明に
    買取福助では、どうしてこの価格なのか?という疑問にすべてお答えできる体制を整えています。 お客様の真摯な疑問にも誠実にお答えすることで、安心してご判断いただけるような工夫をしています。
    分かりやすい明細で安心
    後日、お取引の内容をお客様に確認していただけるように、取引明細書をお客様にお渡ししています。
  • 2満足いただける高価買取の仕組みがある

    手数料は無料
    査定・売却時の手数料は無料。お客様にご満足頂けることを目指しています。
    買取価格日本一に挑戦
    当店では、お客様の満足を第一に考えます。高価買取も大切な課題の一つ。 納得の買取額をご提示いたします。
  • 3お客様目線での対応・お店づくり

    査定が初めてのお客様にも安心していただけるよう、お客様の目線に立ったお店づくりを心がけています。

    査定だけもOK、キャンセル料はいただきません
    思い入れのある大切なお品物は、売るかどうかを迷っているお客様も多いと思います。 買取福助は査定だけでも大歓迎、無料でお見積いたします。 無理に引き止めたりは致しませんので、安心してご来店ください。
    ※クーリングオフ制度により8日以内、キャンセル可能(出張買取のみ)
    即現金化、スピーディーに対応します
    お見積額に納得いただければ買取申込書に必要事項を記入後、1円単位までキッチリ現金にてお支払いします。 急な出費で現金が必要という方も、お手間を取らせません。
  • 4東京・大岡山駅徒歩1分、入りやすい駅チカ店舗

    東京・大岡山駅から徒歩1分
    入りやすい店舗づくり
    どこか閉鎖的で入りにくいイメージのある買取店ですが、当店は安心して利用いただけるよう、明るい店舗作りを目指しています。
    東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便! ベビーカーや車いすでもアクセスしやすい1階バリアフリー店舗です。
    女性お一人やお子様連れでもお気軽にご来店ください。
店舗名称買取福助 東京大岡山店
住所145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
TEL03-6425-9735
営業時間
定休日日曜
交通大岡山駅より徒歩1分
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

漆器買取をご利用いただいたお客様の声

  • 蒔絵御所車図硯箱の買取事例

    80代男性

    80代男性

    骨董趣味を50年ほど嗜みここまで参りました。 長年同じ道を歩いておりますと自然と連れだつ仲間も少なくなり、終活というわけではありませんが、身の回りの整理をしようと思い立ち息子に聞いて申し込みをしました。骨董は特に蒔絵の細工物が好みで、時には遠方まで出かけて収集家から譲っていただいたものです。 漆塗りの丁寧な仕事はいくら眺めても飽きず、贅を凝らした蒔絵の美しさたるや小宇宙のようですね。 息子はあまり興味を示しませんでしたが、真実重要な品物はいくつか遺すつもりでおります。鑑定士の方はさすがの目利きで託すのに良いお相手でした。 この度はご面倒をおかけして誠に恐縮です。ありがとうございました。

  • 輪島塗 一后一兆謹製 蒔絵屠蘇器の買取事例

    40代女性

    40代女性

    親戚の自宅を片づけることになり、困っていたところを助けていただきました。少しずつ通いで整理をしていたのですが、ある時点で押入れから漆塗りの漆器や箱に入ったままのブランド食器などが見つかりました。 リサイクルショップでは二束三文になってしまいそうなところ、たまたま知人からこちらのお店を紹介してもらい出張買取をお願いすることができました。 漆器は軽くて美しいものだと思いますが、食洗機を使っている共働き家庭では活用できそうにないので、買取していただけて良かったです。買い取っていただけたことが片づけのモチベーションにもなりました。 まだ整理が終わっていないので、またお世話になるかもしれません!

  • 稲忠漆芸堂謹製 輪島塗合鹿椀二客の買取事例

    60代女性

    60代女性

    輪島塗のセットを買取していただきました。 一応、事前に漆器や骨董の買取相場を調べていきましたが、リサイクルショップと大して変わらない査定なのではないか、と疑っていました。スミマセン。相見積もりを取る気満々で、なかば冷やかし半分で持ち込みましたが、スピーディに鑑定していただき思わず「え?」と聞き返してしまうような買取額。 何より、担当の方が丁寧で穏やかで、まるでブランドショップで接客されているような気分になって、その場で即決しました。 お店を出て見えなくなるまでお見送りをしていただき、ワクワクドキドキの体験でした。飛び込みで伺ったのにも関わらず対応していただき感謝です!

漆器買取でよくある質問

漆器買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

漆器について

「漆器」は、木地の上に漆を塗り重ねて作る伝統工芸です。漆は東アジア地域ではよく見られる植物で、漆器づくりはタイやベトナム、カンボジア、ミャンマー、中国、朝鮮、日本などでおこなわれています。どの国の漆器も個性がありますが、とりわけ日本の漆器は美しさと堅牢性に定評があり、ヨーロッパでは漆器をあらわす言葉として「japan」が使用されているほど。漆器は、日本を代表する美術工芸品なのです。漆器といえば上品な黒と華やかな朱がイメージされますが、本来の漆は無色透明。「生漆」といわれる加工されない漆は、接着剤として使用されたり漆器の光沢を出すための仕上げに使われたりします。黒漆は生漆に鉄を入れ、化学反応を利用して深みのある黒を生成。「本朱」と呼ばれる赤は、生漆に天然石の辰砂を細かく砕いたものを入れます。いずれも華やかさのある色合いで、漆器の上品さを引き立てるものです。最近は漆器の種類が増えたので購入したいが、手入れが心配……という意見もあります。お椀やお盆、重箱、弁当箱などの食器は使用後にすぐ中性洗剤で洗い、布巾で水分をふき取るだけで十分。輪島塗や会津塗といったブランド漆器も水分を避けるだけで長持ちし、いつまでも美しい艶を維持したまま使用できます。