池田泰真の買取・査定相場

池田泰真の買取実績

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い池田泰真を処分したい
  • 所有している池田泰真が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた池田泰真の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた池田泰真を、まとめて売りたい

ご安心ください!
池田泰真買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

池田泰真について

洒脱で上品な江戸風蒔絵の名工

池田泰真(いけだたいしん)は、幕末から明治にかけて活躍した画家・蒔絵師です。江戸の赤坂に西尾藩士の子として生まれ、幼少期より画家を志しました。11歳の時に画家・蒔絵師の柴田是真の弟子となり、以後25年間にわたって是真の工房で修業を積みます。師の是真が蒔絵の変わり塗の復興に力を注いだため、池田泰真も師の補助として青海波塗や墨型塗、青銅塗、砂張塗などの漆芸技法の改良に力を尽くしました。柴田是真から徹底した技術の伝承をうけたのち、独立。みずからも後進の指導に非常に熱心で、多くの弟子を育てました。当時、池田泰真が住んでいた住所にちなんで、薬研堀派と呼ばれるグループができるほど多数の弟子を教えていました。明治以降はウィーン万博に出品して高く評価され、以後は国内外の博覧会・展覧会に出品してはさまざまな賞を受賞しました。展覧会の審査員も数多くつとめ、1896年(明治29年)に帝室技芸員に任命されました。
池田泰真の作風は、小気味のいい江戸風です。代表作のひとつにシカゴ万博に出品した「江之島蒔絵額」などがありますが、本来の粋さがよく出ているのは小品のほうです。突出した個性を前面に押し出すタイプの作家ではなく、むしろ洒脱で品のいい蒔絵が特徴です。美術館や博物館でガラス越しに見るより手元に置いてじっくりと楽しみたい作風のため、骨董市場における需要が非常に高い作家です。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定