螺鈿の買取・査定相場

螺鈿の買取

螺鈿買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な螺鈿の価値を査定いたします。福助では様々な螺鈿の高価買取・査定が可能です。作家や価値の分からない螺鈿の査定や、不要な螺鈿の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

螺鈿の買取相場

品名買取相場
螺鈿 細工四君子図五段重箱 20,000~150,000円
螺鈿 李朝後期 二層籠箪笥 150,000~250,000円
螺鈿 平安光阿弥作 黒漆白鷺蒔絵硯箱 10,000~25,000円
螺鈿 杣田細工 唐賢人図青貝冠卓 25,000~100,000円
螺鈿 光琳蒔絵 細工硯箱 80,000~150,000円
螺鈿 李王家 朝鮮 青貝象嵌平卓 120,000~200,000円
螺鈿 安藤七宝店製 七宝 群鶴文花瓶 40,000~70,000円
螺鈿 井田宣秋 葵祭図 硯箱 35,000~50,000円

螺鈿の買取実績

                  螺鈿の買取実績
  • 山中橋爪庵 螺鈿大棗
    山中橋爪庵 螺鈿大棗 買取価格 30,000円
  • 奥津一心斉作 源氏車蒔絵乾漆螺鈿入香合
    奥津一心斉作 源氏車蒔絵乾漆螺鈿入香合 買取価格 8,000円
  • 螺鈿細工入黒漆高卓
    螺鈿細工入黒漆高卓 買取価格 50,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 古い螺鈿細工の工芸品を処分したい
  • 所有している螺鈿の飾台が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた螺鈿香合の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた螺鈿の文箱を、まとめて売りたい
  • 使っていない螺鈿細工のアクセサリーを売りたい

ご安心ください!
螺鈿買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

螺鈿を高く売る方法|買取のポイントは?

貴重な工芸品である螺鈿。高価買取をねらうなら工芸品の買取相場に詳しい鑑定士に、査定を依頼しましょう。

螺鈿の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

螺鈿(らでん)は貝類の内側にある真珠層を使ってピースを作り、漆をほどこした木地にはめ込む美術工芸品です。
螺鈿の工芸品としての歴史は古く、日本では明治末期ごろからデザインが多様になりました。花鳥風月や人物を細かく表現できるようになり、美術品としての価値が高まりました。
現在も安定の人気アイテムであるため、買取相場は高額です。螺鈿作品の売却時は、工芸品に詳しい目利き鑑定士に査定を依頼しましょう。

作者の署名・落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

伝統工芸品のひとつである螺鈿。買取店の無料鑑定では、作品だけでなく鑑定書や収納用の箱も一緒に出しましょう。
古美術品の「付属品」とよばれるものです。付属品は、なしでも鑑定できます。目利き鑑定士は鑑定書なしでも作品の真贋を見抜くことができるからです。
しかし付属品があると鑑定額がアップする可能性が高いでしょう。螺鈿作品についていた書類や箱は処分せず、売却前の無料査定が終わるまでは保管しておきましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

螺鈿の査定では、複数の買取店からの見積もりを取ることが大事です。複数の評判がいい買取店で無料査定を受け、買取価格を比べてみましょう。
業者の買取価格は、そのときの買取相場に応じて変化をします。また螺鈿製品を求める顧客がいる買取店は、他店より高い査定額を提示するでしょう。
複数見積もりで金額を比べて、一番高い買取店もしくは売り手が一番なっとくできる買取店に螺鈿を売却すればいいのです。

螺鈿の買取業者の選び方

自宅にある螺鈿作品を売却する時は、査定が無料で、これまでに螺鈿を多数買取している店を探しましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

螺鈿の売却では、無料鑑定を実施している店を探すのが肝心です。
螺鈿作品は大小さまざまなサイズで作られており、万年筆の軸に華麗な螺鈿をほどこしたものや漆器の宝石箱に仕立てたもの、大きな座卓まであります。
大型の螺鈿作品の査定では買取業者を自宅へ呼ぶ出張買取がおすすめ。
ベテラン鑑定士がやってきますから、螺鈿作品以外でも売却したいものがあれば一緒に相談しましょう。まとめて査定してもらえるので安心です。

螺鈿の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

螺鈿製品はアイテム数が多いのが特徴です。箸や扇子、茶道具の棗などにも螺鈿がされています。多様なアイテムがあるため、買取実績が豊富な業者に頼むのがコツです。
業者の買取実績はホームページに記載されている螺鈿作品の数によってわかります。多数の螺鈿を買取していれば、その業者は相場に精通しており安心の査定額を提示できる良心的な買取店だということ。
売却前に、一度は買取店のホームページをのぞいてみましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

螺鈿について

奥津一心斉作 源氏車蒔絵乾漆螺鈿入香合

「螺鈿(らでん)」とは貝類を薄く削り、箱や食器などの木地・漆地に埋め込む技法です。「螺」とは、貝の螺旋状のカラを意味する言葉。「鈿」は金属飾りの意味です。工芸技法としては非常に古く、エジプト初期王朝以前からおこなわれていたといわれます。中国では唐時代に発達し、日本へは奈良時代にやってきました。正倉院の宝物の中にも、螺鈿細工が含まれています。素材となる貝は夜光貝やアワビ、白蝶貝などです。貝をグラインダーなどで必要な薄さにして、文様型に切り取ってから漆地にはめ込んでいきます。削り、磨き上げることで貝は宝石のような輝きを見せ、漆黒の漆地のうえにくっきりと浮かび上がります。ちなみに研磨しおわった「薄貝」は厚み0.1ミリ以下。「厚貝」でも1ミリほどの厚さしかありません。螺鈿は貝殻を半透明になるまで薄く磨き上げることで繊細な色合い、模様を作り上げる技法なのです。現在も螺鈿細工の美術品は多数作られています。黒漆のお盆や硯箱、酒器などに華麗な螺鈿がほどこされ、それぞれが独自の色合いを表現。貝は自然のものでまったく同じものはこの世にふたつないため、螺鈿細工にもオリジナリティがあります。唯一無二の素材を扱う職人の手わざが光る逸品です。

高価買取中の漆器
彫漆 堆朱 蒔絵 螺鈿 輪島塗

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定