堆朱買取

堆朱 買取

堆朱の買取なら東京の買取福助にお任せください。

堆朱の査定経験豊富な鑑定士がしっかり価値を見極めて、高価買取いたします。

堆朱とは彫漆の技法のひとつで、ヒノキ材などの素地(きじ)に朱漆を数十回~百回以上も塗り重ねて厚みを作り、表面に図柄を浮彫にしたものです。
歴史の古い技法で中国では宋の時代に盛んにつくられ、日本には鎌倉時代に輸入品が入ってきました。

価値のわからない堆朱の香合や喰籠などございましたら経験豊富な鑑定士が無料で査定いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

堆朱の買取相場

こんなお悩みございませんか?

  • 形見分けで貰った古い堆朱の香合を売りたい
  • 古い彫漆の花瓶の買取相場を知りたい
  • 実家にある中国の堆朱食籠を鑑定してほしい
  • 遺品整理で出てきた、堆朱の茶道具を査定してほしい

ご安心ください!
漆器買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

堆朱や彫漆工芸品の買取でお困りの方、「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

堆朱を高く売る方法

堆朱・彫漆を高く売るには、
価値のわかる目利きに査定依頼し、複数見積もりを比較するのがコツです。

高く売る方法

堆朱の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
堆朱(ついしゅ)は、彫漆(ちょうしつ)の一種です。漆を塗り重ねて厚みを作り、漆の層を彫刻した美術工芸品で、表面が朱色なら堆朱、黒なら堆黒と言います。

国内外を問わず人気の骨董品のため、鑑定書付き、作家物の堆朱は高価買取が可能です。

売却時は価値のわかる買取業者に無料査定を依頼し、高額見積もりを取りましょう。目利き鑑定士ほど、買取価格が高い傾向があります。


作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
価値のある堆朱・彫漆作品には、作家の署名・落款入り桐箱や鑑定書が付属しています。付属品がそろっていれば、買取業者の真贋の判定がしやすくなり、見積もり額もアップ。

もともと高価買取の彫漆作品が古美術品としてさらに高値買取されるのです。

ですから、買取店の無料鑑定の前にはすべての付属品を見つけておくこと。そして目利き鑑定士に依頼して、最新の買取相場に応じた買取価格を提示してもらいましょう。


評判の良い堆朱の買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
堆朱・彫漆の根付などは、小さくても高価買取ができる骨董品です。売却するときは、必ず複数の買取店から見積もりを取って比べましょう。

漆芸・美術工芸品の価値をよく知る買取業者は、作品の真贋を見分けて高い鑑定額を出します。堆朱の鑑定に自信のある目利き鑑定士ほど、高額査定なのです。

鑑定書のある彫漆作品などは買取価格の高い店を探すこと。買取相場に見合った価格で上手に売りましょう。


信頼できる堆朱買取業者の選び方

堆朱・彫漆の買取業者は、
無料査定・無料鑑定ができてこれまでの堆朱・彫漆の買取実績が多い業者です。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
堆朱・彫漆作品は人気の骨董品。査定依頼も多く、良心的な買取店は目利き鑑定士が無料査定で対応します。

査定後に売却しなくてもいいので、高価な作家物の香合・文箱などは、無料鑑定で最新の買取価格だけでも聞いておきましょう。

茶道具の棗や仏具の念珠などは高価買取できる作品で、買取相場もかなり高いのです。

しかし、見積もり後に高額な鑑定料を請求する買取業者もいますので、ご注意を。


堆朱の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
堆朱・彫漆の無料査定を依頼するなら、まず買取業者のホームページを見てみましょう。

多数の買取実績がある業者は美術工芸品の買取相場にくわしく、見積もり額も高い傾向にあります。

花瓶や印籠など堆朱作品の価値がわかる鑑定士が高く買うので、買取実績が多いのです。

堆朱・彫漆の売却時は、実績豊富な買取店に無料鑑定を依頼することが大切です。


堆朱の買取でよくある質問

堆朱買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。

堆朱について

「堆朱(ついしゅ)」は漆工芸の技法です。朱色に着色した漆を土台となる器に何層も塗り、漆層を作ってその上に絵柄や文様を彫刻するもの。

中国で生まれた技法だといわれ、唐時代の文献に見られます。なお、中国では堆朱といわず、「剔紅(じっこう)」という呼称です。

堆朱は、鎌倉・室町時代に日本へ伝わりました。当時、中国からやってくる美術品・工芸品は「唐物(からもの)」と呼ばれて、日本の貴人に珍重されていました。

現在も日本各地で堆朱作品が作られています。有名なのは新潟県の村上地方で制作される「村上木彫堆朱」。村上地方は平安時代から続く天然漆の産地です。

15世紀の初め、村上地方での寺社建築にあたって京都からきた漆器職人が堆朱の技法を伝え、江戸時代を通じて庶民にまで広がりました。

村上木彫堆朱は、完成までに約19の皇帝が必要とされる繊細な美術品。木地に花鳥を彫刻して漆を塗り、上塗り後に艶消し、毛彫りをおこないます。

茶筒や箱、花瓶のほか、キーホルダーやペンダントなどのアクセサリー類が作られており、いずれも人気のアイテム。

また宮城県の伝統工芸「仙台堆朱」は朱漆と黒漆を入れる技法です。朱と黒の取り合わせが上品で美しく、海外からの観光客にも、とても人気があります。

漆器の買取品目一覧


0120-777-064電話をかける
お問合せ

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談