輪島塗の買取価格相場

輪島塗の買取

輪島塗買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な輪島塗の価値を査定いたします。福助ではお椀や重箱など様々な輪島塗の高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からない輪島塗の査定や、不要な輪島塗の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

輪島塗の買取相場

品名買取相場
輪島塗 箱瀬淳一 作 漆塗小判型 二段重蓋付弁当箱 四客 20,000~40,000円
輪島塗 今田祐一 純銀火屋金地花菱蒔絵香炉 20,000~40,000円
輪島塗 輪島屋本店謹製 天然木漆塗蒔絵蓋付椀 六客 15,000~30,000円
輪島塗 蒔絵師 角好司 内梨地棗 8,000~20,000円
輪島塗 浜崎貞鳳作 天然木 漆塗蒔絵菓子皿 六枚 5,000~12,000円
輪島塗 一后一兆 能登塩釜 蒔絵平棗 35,000~90,000円
輪島塗 慶塚作 日月蒔絵祝椀五客 45,000~90,000円
輪島塗 田村一舟 住吉蒔絵大棗 40,000~70,000円

輪島塗の買取実績

                  輪島塗の買取実績
商品名 買取価格

慶塚作 輪島塗卓上膳五客

慶塚作 輪島塗卓上膳五客

14,000円

稲忠漆芸堂謹製 輪島塗合鹿椀二客

稲忠漆芸堂謹製 輪島塗合鹿椀二客

6,000円

輪島塗小箱

輪島塗小箱

15,000円

輪島塗黒漆花器

輪島塗黒漆花器

18,000円

輪島塗千秋刀 沈金蒔絵棗

輪島塗千秋刀 沈金蒔絵棗

5,000円

稲忠漆芸堂謹製 沈金師 西勝廣作 輪島塗昇竜文沈金盃

稲忠漆芸堂謹製 沈金師 西勝廣作 輪島塗昇竜文沈金盃

5,000円

蒔絵師 光峯作 草花絵変り蒔絵 輪島塗吸物椀五客

蒔絵師 光峯作 草花絵変り蒔絵 輪島塗吸物椀五客

12,000円

輪島塗 一后一兆謹製 蒔絵屠蘇器

輪島塗 一后一兆謹製 蒔絵屠蘇器

20,000円

稲忠漆芸堂謹製 輪島塗合鹿椀2客

稲忠漆芸堂謹製 輪島塗合鹿椀2客

20,000円

角好司作 輪島塗蟻の図盆

角好司作 輪島塗蟻の図盆

23,000円

桜井一良作 輪島塗花器

桜井一良作 輪島塗花器

13,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 実家の蔵にあった輪島塗の椀を買い取ってほしい
  • 豪華な蒔絵が施された輪島塗の重箱を鑑定してほしい
  • 作家物の輪島塗棗や菓子鉢など輪島塗の茶道具を査定してほしい
  • 輪島塗の漆器を売りたいけど、どこに売ればいいか分からない

ご安心ください!
輪島塗買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

輪島塗の処分・引取でお困りの方、「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

輪島塗を高く売る方法|買取のポイントは?

輪島塗を高く売るには、輪島塗の価値がわかる目利きに頼み見積りは複数とることです。

  • 輪島塗の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

    価値がわかる目利きに鑑定を依頼

    輪島塗は江戸時代から続く伝統工芸品です。遺品整理や生前整理でよく見つかる骨董品で、査定依頼も多数あります。
    丈夫で美しい輪島塗には熱心なコレクターがいて、アンティーク相場での買取価格はつねに高額。世界でも価値を認められています。
    保管状態にもよりますが、有名作家の輪島塗は見積り額も高値傾向です。売却時には目利き鑑定士に依頼して正確に査定してもらいましょう。

  • 作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

    箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

    美術的価値が高い輪島塗は、作品保護のために専用箱に収納されています。箱には作者の落款や署名がつき、鑑定書があることが多いでしょう。
    こういった付属品は高価な古美術品の由来を証明するもので、マニアや収集家にとってはとても貴重です。付属品の有無で業者の買取価格も変わります。
    付属品と作品は必ずセットで査定に出すこと。そして引越しでは付属品を捨てないようにしましょう。

  • 相見積もりを取って査定額を比較しましょう

    相見積もりを取って査定額を比較

    大切な輪島塗コレクションを売りに出すときは、複数の買取店から見積りを取りましょう。見積り額は店舗ごとにバラバラですから、金額を比べて一番高い買取額の店へ売ることです。
    専門家が査定すれば高価な輪島塗でも、価値のわからない買取店では安く査定します。骨董品にくわしい買取店はプレミアをつけて高額買取をします。
    損をしない売却のためには、事前の相見積りをおわすれなく。

輪島塗買取業者の選び方

信頼できる輪島塗の買取業者は、希少価値のある輪島塗も無料で鑑定買取実績の高い店です。

  • 査定は無料のお店を選びましょう

    査定は無料のお店を選びましょう

    輪島塗コレクションの売却では、まず無料査定の買取業者を探すことです。ほとんどの業者は無料で鑑定・見積もりしてくれますが、なかには有料査定の店舗もあります。
    骨董品の買取店では、専門家が査定しても基本は無料です。有料であっても交通費など「実費」を出張費としていただくのが一般的。
    良心的な業者はほぼ無料で鑑定しますから、もし有料なら他店を探しましょう。

  • 輪島塗の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

    買取実績が豊富な業者に依頼

    初めての買取なら、輪島塗の買取実績が多い店に依頼することです。買取店のホームページでこれまでの実績・買取価格を確認しましょう。
    実績の多い業者は輪島塗の価値が分かっており、鑑定書がない・来歴不明という作品でも真贋を鑑定して高価買取をしてくれます。
    ビンテージ品にはプレミアをつけ、伝統工芸品としての価値を価格に反映するのでコレクターからの大量買取ができるのです。

輪島塗買取で福助が選ばれる4つの理由

他社との比較で買取福助がお客様に選ばれる4つの理由

  • 1安心のお取引

    買取価格を透明に
    買取福助では、どうしてこの価格なのか?という疑問にすべてお答えできる体制を整えています。 お客様の真摯な疑問にも誠実にお答えすることで、安心してご判断いただけるような工夫をしています。
    分かりやすい明細で安心
    後日、お取引の内容をお客様に確認していただけるように、取引明細書をお客様にお渡ししています。
  • 2満足いただける高価買取の仕組みがある

    手数料は無料
    査定・売却時の手数料は無料。お客様にご満足頂けることを目指しています。
    買取価格日本一に挑戦
    当店では、お客様の満足を第一に考えます。高価買取も大切な課題の一つ。 納得の買取額をご提示いたします。
  • 3お客様目線での対応・お店づくり

    査定が初めてのお客様にも安心していただけるよう、お客様の目線に立ったお店づくりを心がけています。

    査定だけもOK、キャンセル料はいただきません
    思い入れのある大切なお品物は、売るかどうかを迷っているお客様も多いと思います。 買取福助は査定だけでも大歓迎、無料でお見積いたします。 無理に引き止めたりは致しませんので、安心してご来店ください。
    ※クーリングオフ制度により8日以内、キャンセル可能(出張買取のみ)
    即現金化、スピーディーに対応します
    お見積額に納得いただければ買取申込書に必要事項を記入後、1円単位までキッチリ現金にてお支払いします。 急な出費で現金が必要という方も、お手間を取らせません。
  • 4東京・大岡山駅徒歩1分、入りやすい駅チカ店舗

    東京・大岡山駅から徒歩1分
    入りやすい店舗づくり
    どこか閉鎖的で入りにくいイメージのある買取店ですが、当店は安心して利用いただけるよう、明るい店舗作りを目指しています。
    東急目黒線・大井町線大岡山駅徒歩1分。駅チカ、路面店舗でアクセス至便! ベビーカーや車いすでもアクセスしやすい1階バリアフリー店舗です。
    女性お一人やお子様連れでもお気軽にご来店ください。
店舗名称買取福助 東京大岡山店
住所145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
TEL03-6425-9735
営業時間
定休日日曜
交通大岡山駅より徒歩1分
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

輪島塗の買取でよくある質問

輪島塗の買取でお客さまからよくお問い合わせいただく質問と、
その回答を紹介しています。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

輪島塗について

輪島塗千秋刀 沈金蒔絵棗

「輪島塗(わじまぬり)」は、能登半島の石川県輪島市で作られている漆器のことです。現存する最古の輪島塗は、輪島市内にある重蔵宮(じゅうぞうのみや)の重蔵権現本殿の「朱塗扉(しゅぬりとびら)」といわれています。「朱塗扉」は室町時代、大永4年(1524年)の制作ですが、ほかの遺跡調査では鎌倉時代の漆器も見つかっており、輪島塗の歴史は非常に古いものであることが分かります。輪島塗の特徴は、堅牢な塗りと優美な装飾です。輪島塗の工程は75~124にものぼります。木地を作り、下地を塗り、漆を塗り、最後に加飾をおこなう工程はすべて分業制。椀木地、曲物木地、指物木地、朴木地といった器を作るところからはじめ、下地、上塗、呂色、蒔絵、沈金という各種作業は専門の職人が担当します。輪島特産の「地の粉」という珪藻土の一種を下地に塗り、漆を何度の塗り重ねていく工程には時間がかかりますが、それだけ堅牢性・耐久性が上がります。そして輪島独自の加飾技法・沈金(ちんきん)や蒔絵によって華麗な輪島塗が完成するのです。美しく強固な輪島塗は昭和52年には国の重要無形文化財に指定されています。お椀や箸、茶道具の棗、弁当箱などで愛用され、日本だけでなく海外でも評価の高い伝統工芸品です。