電笠の買取・査定相場

電笠買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な電笠の価値を査定いたします。

福助ではアンティークランプシェードの高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からない美術品の査定や、不要な骨董品の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

電笠の買取相場

品名買取相場
乳白かき上げ電笠 20,000~350,000円
緑色ヘルメット型草加文電笠 5,000~180,000円
桃色(ピンク)切子文電笠 5,000~180,000円
乳白被せ薔薇花模様電笠 6,000~150,000円
ウェーブフリル 波型 電笠 20,000~200,000円

電笠の買取実績

  • 乳白地水玉文 雫型電笠
    乳白地水玉文 雫型電笠 買取価格 10,000円
  • 水玉模様棗形電笠
    水玉模様棗形電笠 買取価格 20,000円
  • オパールセント フリル型電笠
    オパールセント フリル型電笠 買取価格 5,000円
  • 薄緑被切子電笠
    薄緑被切子電笠 買取価格 80,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 古い電笠を処分したい
  • 所有している電笠が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • コレクションしていた電笠を、まとめて売りたい
  • アールデコ調の照明器具を出張買取してほしい
  • 大正~昭和初期に作られた切子硝子のシェードを買い取ってほしい

ご安心ください!
電笠買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

電笠を高く売る方法|買取のポイントは?

電笠を高く売却する際は、電笠価値を知っている鑑定士が在籍電笠買取実績が豊富な買取店を探しましょう。

電笠作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

レトロなデザインで、インテリアや骨董品としても人気が高い電笠。日本の照明器具として使われていた電笠は、買替などによって捨てられてしまうことが多く、市場でも数が少ないため、高価買取が期待できます。
また電笠は、昭和や大正など時代によってデザインが異なります。高値で処分したい場合は、電笠の買取相場や買取価格、オールドノリタケなどのブランド価値などを熟知している、実績豊富な鑑定士に依頼することです。

作者の署名・落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

国内外に熱烈なコレクターをもつオールドノリタケの電笠は、真贋を見分ける方法のひとつとして、電笠に刻印がつけられているかどうか確認します。
電笠の査定額は、買取相場、真贋の判定、付属品の有無、ブランド・美術品価値など、様々な基準をトータル的に判断して、提示してくれます。
そのため、電笠などを、買取業者に出す場合は、箱などの付属品も一緒に出しましょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

昭和レトロの雰囲気が残るランプシェードや電笠を、高く売却するには、電笠などを多く買取している業者を複数選ぶことです。
そして、選んだ買取店に、見積もりを依頼しましょう。見積もり額を、複数比べることにより、基準となる価格が把握できます。
買取価格を把握することで、交渉するときにも役に立ちます。

信頼できる電笠の買取業者の選び方

信頼できる電笠の買取業者は、無料査定や出張買取ができ、鑑定実績が豊富なところです。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

レトロの雰囲気を演出する電笠を鑑定してもらうには、実績が豊富な買取店に依頼しましょう。また、無料鑑定・無料査定を実施している業者を選ぶと安心でしょう。
壊れやすい電笠やランプシェードは、出張買取を実施している買取店に依頼するのも手段の1つです。移動する際の破損などの心配がないので、安心です。

電笠の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

電笠を、どこかの買取店に高めで売却したいときは、オールドノリタケ電笠などのブランドものから、アンティーク電笠まで、幅広く買取している業者に依頼しましょう。
また、ホームページで、電笠の買取実績が豊富な買取店を選ぶことです。
豊富な買取実績がある店は、買取価格相場を熟知、電笠やランプシェードなどの専門知識をもつ鑑定士が在籍、多くの販売ルートを持っているため、電笠の価値に見合った査定額を提示してくれます。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

電笠について

薄緑被切子電笠

日本に電笠の文化が入ってきたのは、江戸時代末期から明治時代のはじめにかけてのことです。吊りランプとも呼ばれています。明治時代はじめはいわゆる文明開化の時代であり、「西洋のものなら何でも良い(に決まっている)」という風潮がありました。そのため、ヨーロッパや米国から輸入された電笠は高級品とされ、富裕層のみに許される調度品としてたいへん人気になったといわれています。明治以降、障子と襖、畳で構成されていた日本の住宅は、急速に西欧化しました。西欧化にしたがって、電笠も注目されるようになったのです。とはいえ、西洋式の電笠は大型で重いため、当時の和洋折衷式住宅でも、あまり使い勝手が良いとはいえませんでした。次第に、高価で使いにくい西洋の電笠よりも軽く、そして小さな型の電笠が求められるようになり日本での製作がなされるようになりました。日本製の電笠は、明治20〜30年頃に全盛期を迎えていますが、それらの電笠は現在、アンティーク(骨董品)として収集家だけでなくおしゃれなインテリアを求める人から人気を集めています。というのも、明治時代、大正時代に作られた日本製の電笠は、天井からも吊り下げることが可能で移動もスムーズにできるためです。状態が良ければ、現在でも使用できるため、レトロな空間作りにぴったり。ペンダントライトやスタンドライトに応用する形でも使われています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定