未使用の勲章なら高値査定? 買取価格がアップする勲章売却のコツ|勲章買取なら創業63年の実績、東京の【買取福助】

未使用の勲章なら高値査定? 買取価格がアップする勲章売却のコツ

遺品整理などをしていて偶然見つけた勲章。「どうせ階級が低いから、高値査定は無理だろう」と、思っていませんか?

勲章の価値は、階級位だけで決まるわけではありません。ここでは、買取価格がアップする売却のポイントをご紹介。ちなみに、未使用の勲章は価値が高くなる可能性があるので、開封せずにこの記事をお読みくださいね!

→ ほかのお悩みを見る(骨董品買取のお悩みQ&Aトップへ)

勲章を高値で売るポイントは「希少性」

勲章の階級位とは


勲章は、勲位といって階級位が決められています。旭日章という勲章であれば、その中でも勲位が第1等〜第6等まであり、その中から例えば2等であれば勲二等の「旭日重光章」が授けられます。

勲章の他に類似するものとして、従軍したことを記念して与えられる従軍記章や、国家的な催し物、記念日などを記念した記念章などもあります。

階級位が高い勲章は数が少ない

勲章は、社会に貢献したことなどを称えられて与えられるものです。そのため、階級位が高ければ高いほど、貢献度が高い功績を残したことになります。序列となっていますので、階級位の高い勲章と低い勲章では、低いほうが授与数が多いです。

世の中で階級が高い勲章を授かった人自体が少ないため、階級が高い勲章ほど希少価値は高まります。

例えば、もっとも階級の高い大勲位菊花大綬章(だいくんいきっかだいじゅしょう)をする人は、皇族や内閣総理大臣の経験者に与えられるのが一般的です。当然ですが、皇族や内閣総理大臣の経験者は、そう多くはありません。

他にも、旭日大綬章(きょくじつだいじゅしょう)や瑞宝大綬章(ずいほうだいじゅしょう)は、知事や大学の総長、大企業の重役等が受賞します。皇族や内閣総理大臣経験者に比べれば、頭数自体が多いことが分かるはずです。

位が高くなくても希少価値があるものも

階級がたとえ低くても、中には希少価値が高いものもあります。例えば、歴史的に古い勲章などであれば希少価値が高いため、高価買取になる可能性も高いです。

勲章の中には、もうすでに与えられていない金鵄勲章(きんしくんしょう)などもあります。

未使用で保管状態がよければ高値に

同じ勲章でも、保管状態が良ければ価値は高くなります。これは階級の高さにかかわらず、未使用で保管状態が良ければ高値がつくことがあるのです。

授与されてから1度もケースを開けてない場合と、部屋などに飾ってホコリを被ったり、サビたりしている様子を比較してみてください。イメージすれば、どちらが価値が高いかは想像がつくのではないでしょうか。

勲章や記章の付属品

付属品はなるべく多いほうが高値に

勲章や記章を授与される際は、勲位について記載された賞状なども渡されます。これらの付属品は、買取査定に出す場合は価値を大きく引き上げるポイントに。なるべく授与された当時のまま、すべてのものが揃っていたほうが有利です。必ず付属品をとっておき、高価買取してもらうようにしましょう。

木箱やケース

勲章は木箱やケースなどに入っていることが多いです。もしかしたら、勲章額などに勲章を飾っておきたいと、これらの木箱やケースを捨ててしまうこともあるかもしれません。しかし、これらの木箱やケースも大切な価値を高めるものの一つ。必ず保管しておきましょう。

綬(リボン)

勲章は、スポーツ大会のメダルのような作りになっています。リボンの部分は綬(じゅ)と呼びますが、補完する際にこの綬を外してしまうこともあります。外してしまうのは問題ありませんが、誤って捨ててしまうと価値は半減…。

また、額などに入れて飾っておく場合は、この綬が変色することも多々あります。変色しないように、必ず日の当たらないところで保管するようにしてください。

略章

略章は、勲章を略式化したものです。これらの勲章は、胸などにつけて勲位を示すために使用します。勲章とデザインは似ているものが多いですが、身につけられるようにサイズが小さくなっています。

勲章は、勲章そのものだけに価値があるわけでなく、これらの略章にも価値があります。

勲章の保管とお手入れ方法

保存状態も買取価格に影響する

先述の通り、保存状態は買取価格を左右します。勲章を授章したら飾っておきたくなるものですが、箱に入れておくのがベスト。

できれば湿度の安定した日光の当たらない場所に保存することが理想です。

カビやサビを防ごう

勲章の価値を高くするためには、カビやサビを防ぐ必要があります。湿度の高いところではカビが生えやすくなります。また、材質によってはサビなどの出てしまいます。裸のままで保管せず、湿度管理をして直射日光を避けることが大切です。

汚れがついている場合は

もし、手垢やホコリ、チリなどが付いてれば、それがカビやサビ、変質や変色の原因になります。本来は汚れがつかないように保管するのがベストですが、もし、汚れが付いてしまったら、柔らかい乾いた布でやさしく拭き取りましょう。

濡れた布ではカビやサビの原因になりますので、必ず乾いた布でお手入れしましょう。

重要な売却先選び

買い取ってもらう場所によって価格は変わってくる

勲章を販売する際には、売却先をしっかり選びましょう。例えば、勲章についての価値がわからない人にとっては、その勲章は価値がないのと同じです。同じ買取店でも売却先によっては大きく買取額が変わる場合もあります。その点を踏まえながら、売却先を選びましょう。

市場価値や相場を把握している買取店に査定してもらおう

売却をする際には、勲章の買取実績がある買取専門業者などに依頼し、正しく価値を判断してもらうのがベストです。価値の分かる業者は、買い取った勲章を高く販売する特別なルートを持っています。

市場や業界に詳しければ正しい価値がわかるため、高額査定も可能になるでしょう。

まとめ

遺品整理などで勲章が出てきた場合は、まず、適当に保管しないようにしてください。未使用であれば価値高まりますので、いたずらに取り出して汚したりしないようにしましょう。

高値で売ることができるように、ここでアドバイスした保管方法、売却方法を参考にして、ベストな取引ができるといいですね。

→ ほかのお悩みを見る(骨董品買取のお悩みQ&Aトップへ)

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00〜18:00
古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル