実は種類がたくさん! 日本軍の勲章、その価値は?

実は種類がたくさん! 日本軍の勲章、その価値は?

「祖父がなくなって遺品を整理していたら、押入れから勲章らしきものが出てきた!」でも、その勲章にどれくらいの価値があるかを知ることは難しいもの。

この記事では、豊富に制定されている勲章の種類を知りながら、その価値の見極め方についても解説していきます。

そもそも勲章ってどんなもの?

貢献をした人に対して贈られる「勲章」

勲章は、功績を挙げた人などに授けられる印のようなものです。比較的身近なものでは、スポーツ大会で授与されるメダルも勲章の一つとして数えられます。

スポーツ大会ではスポーツに対する記録などを称えてメダルが授与されますが、勲章の場合は、それが文化に対してだったり、科学技術に対してであったり、公務を遂行してきた貢献に対してだったり、さまざまです。

日本の勲章の歴史

叙勲制度については日本は古くからあり、例えば、文武天皇の大宝律令がその一つです。この大宝律令では、勲一等から勲十二等までの12段階の勲位が定められており、これが勲位の起源だと考えられています。大宝律令は701年の大宝元年に制定されたもの。とても古い歴史があるのです。当時はメダルの代わりに、田畑などが与えられていたそうです。

今ある勲章の歴史は、明治以降に制定されるようになりました。勲章の種類や、対象は変化していますが、明治時代も現代も、与えられる勲章に大きな違いはありません。

勲章は国家から個人に与えられるもので、一般的には国や地域、文化等に貢献した人に与えられます。

勲章と記章

勲章は、勲等という位を与えられた人に与える印のようなものです。一方、記章とは、位に関係なく与えられるものです。

他にも勲章と類似するもので、従軍した印に与えられる従軍記章や、国家のイベントがあるごとに参列者へ配られた記念章など、記章と呼ばれるものもあります。この記章については、あとに詳しく解説していきます。

勲章の種類

勲章にはさまざまな種類があります。ここでは、今では運用されていない勲章も合わせてご紹介していきます。まずは、すでに廃止されている勲章からです。

金鵄勲章(きんしくんしょう)

こちらは現在は授与されていない、かつての日本の勲章です。明治23年に制定された勲章ですが、日本国憲法が制定された昭和22年に廃止されています。

桐花章(とうかしょう)

桐花大綬章は、明治21年に制定された旭日桐花大綬章のこと。現在では用いられていない勲章です。桐の花がモチーフになっており、旭日の光から光線が出ているようなデザインになっています。

菊花章(きっかしょう)

菊花章は、正式には大勲位菊花章といいます。旭日章や瑞宝章よりも優れた功労がある場合に与えられるものです。

大勲位菊花章頸飾(だいくんいきっかしょうけいしょく)/大勲位菊花大綬章(だいくんいきっかだいじゅしょう)

大勲位菊花章頸飾は、日本の勲章の中でも最高位に値する勲章です。これに次ぐのが大勲位菊花大綬章になります。

旭日章(きょくじつしょう)

旭日章は、国家や公共に対し大きな功績を挙げた人に与えられるものです。同じ旭日章でも等級があり、以下のように第1等〜6等まであります。

旭日大綬章 (きょくじつだいじゅしょう)
旭日重光章 (きょくじつじゅうこうしょう)
旭日中綬章 (きょくじつちゅうじゅしょう)
旭日小綬章 (きょくじつしょうじゅしょう)
旭日双光章 (きょくじつそうこうしょう)
旭日単光章 (きょくじつたんこうしょう)

瑞宝章(ずいほうしょう)

瑞宝章は、長年公務などに従事していた人に対して与えられます。国家や公共に功労のある人という点では旭日章と同じです。こちらも旭日章のように第6等まであります。

瑞宝大綬章 (ずいほうだいじゅしょう)
瑞宝重光章 (ずいほうじゅうこうしょう)
瑞宝中綬章 (ずいほうちゅうじゅしょう)
瑞宝小綬章 (ずいほうしょう)じゅしょう)
瑞宝双光章 (ずいほうそうこうしょう)
瑞宝単光章 (ずいほうたんこうしょう)

宝冠章(ほうかんしょう)

宝冠章は、明治21年に制定された女性を対象とした勲章です。当時は、旭日章が男性、宝冠章が女性と対象を分けていましたが、現代の日本では男女ともに旭日章の対象となっています。

現在運用されている宝冠章の対象は、皇室の女性、外国人のみ。儀礼叙勲などの特別な場面で授与されています。

文化勲章

文化勲章は、文化の発達に功績をおさめた者に与えられる勲章です。文化とは、美術や音楽などの芸術に関するものと思いがちですが、スポーツや科学技術、教育などについても文化勲章が授与される対象となります。

記章の種類

従軍記章

日本では、戦役に関わったことに対して与えられる従軍記章があります。この従軍記章は従軍した人すべてに与えられるものです。この従軍の定義とは、戦地で実際に戦ったことだけを示すわけではありません。医療従事者や物資の輸送に関わった人など、広く従軍に関わって後方支援した人に対しても与えられます。

記念章

記念章は、明治時代に制定された大日本国帝国憲法の発布を記念した記章、天皇が式典に参加したことを記念する記章など、何かの記念として与えられた記章です。

現代に置き換えると、イベントなどで配られるノベルティグッズのようなイメージで、さまざまなシーンで参列者などに与えられました。

詳しく種類を知りたい場合は専門家へ

同じ種類の中でも位が違うなど、複雑な勲章の世界

勲章といえばなんとなくイメージがつくものですが、実際は勲章にも色んな種類があり、勲位が与えられるなど、複雑な仕組みになっています。授与される対象も、「功績を残した場合」など、少し抽象的な基準です。

また、勲章は時代によっても種類や価値が変わります。その真価は、一般の人ではなかなかわからないものです。

そっくりのレプリカが出回っていることも

実は勲章は、レプリカが多いことでも知られています。日本では、ミリタリーショップなどで扱っていることが多く、ドイツ軍の勲章など、海外の勲章レプリカも人気が高いものになります。もちろん、旧日本軍の勲章のレプリカも人気が高いようです。

判別が難しいので専門家の査定や鑑定がおすすめ

一般的に旭日章や文化勲章などの勲章は、国家から与えられるものです。多くの人が手にできるものではないため、本物であれば希少価値は高いと言えるでしょう。しかし、従軍記章などは、一般の人でも比較的手に入りやすいもの。遺品から出てくることも珍しくありません。

しかし、レプリカが多いことも鑑みて、基本的にはその真贋を見極めるのは、プロにお任せした方が安心です。本物と偽物の見分けは簡単ではありませんので、勲章などを扱っている買取専門業者などに依頼して、その価値を明らかにしておくといいでしょう。

まとめ

遺品から出てくる勲章は、最近の新しいものではないかもしれません。一般的に多くの人が授与されるわけではありませんし、種類も多いので、詳しいことはわからなくても当然。

ネットなどで自分で検索するのは限度がありますので、プロの鑑定人にみてもらい、どれくらいの価値があるものなのかハッキリさせておくといいですね。

勲章

勲章買取・無料出張査定なら63年の実績

勲章買取は東京・買取福助におまかせください。遺品などで発見することの多い、戦時中の手紙や軍装品(勲章・軍服)などの軍事資料は、貴重な歴史資料にもなります。買取福助では、鑑定歴20年以上の確かな実績と経験…

関連記事

  • no image

    勲章以外の軍装品も高値に!?

    「物置から出てきた勲章や刀剣、旧日本軍の軍服・・・これどうしよう?!」軍装品は、遺族にとってはちょっと困る品であることも。汚れていたり、破れていたり、思わず「すぐに処分したい!」と思う人も多いかもしれ…

  • no image

    実は種類がたくさん! 日本軍の勲章、その価値は?

    「祖父がなくなって遺品を整理していたら、押入れから勲章らしきものが出てきた!」でも、その勲章にどれくらいの価値があるかを知ることは難しいもの。この記事では、豊富に制定されている勲章の種類を知りながら、…

  • 勲章売却

    未使用の勲章なら高値査定? 買取価格がアップする勲章売却のコツ

    遺品整理などをしていて偶然見つけた勲章。「どうせ階級が低いから、高値査定は無理だろう」と、思っていませんか?勲章の価値は、階級位だけで決まるわけではありません。ここでは、買取価格がアップする売却のポイ…

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル