遺品整理で古くて価値のありそうなものが出てきたときの処分方法をご存知でしょうか? ただ古いだけのものでしたら、不要品として処分しても問題ありませんが、もし、高値で買い取ってもらえるものだったら…、捨ててしまうのはもったいないですよね。何だか高値がつきそうな骨董品に価格をつけるのは、買取をする業者です。売却するのか、手元に残すのかを決めるのは、遺品整理をした残されたご家族、つまりその骨董品の所有者です。価値あるものは適正価格で取引されるべき。遺品整理で見つけた骨董品・古美術は安心の業者との取引で高価買取をしてもらいましょう。骨董品はどのようにして高価買取をされていくのか、その流れを知り、正しい処分方法をチェックしてみてください。

信頼できる取引にはプロの鑑定士が必要

価値のあるものを評価するためには、プロの鑑定が必要です。そこで登場するのが鑑定士です。骨董品、古美術の知識は、簡単に身に付くものではありません。もちろん趣味としてとても詳しいという方も中にはいらっしゃいます。しかし、鑑定となると話は別です。安心して任せられる業者を選ぶことが大切です。とはいっても、骨董品の依頼の経験なんてない、そもそも骨董品について良く知らないという方も多いと思います。遺品整理で見つかったけれど、そもそも骨董品が自宅にあることも知らなかったというケースも珍しくありません。

信頼できる鑑定士による査定を行なってくれる業者を探すためには、インターネットや口コミを利用するしかありません。実際に業者、サービスを利用したことのある方の意見をしっかりと参考にして身長に選びましょう。遺品整理で見つかった大量の品物の中に、どれだけの本当の価値のある骨董品、古美術が含まれているかははっきりいって分かりません。だからこそ、ひとつひとつ丁寧に鑑定してもらうことが大切なのです。適正価格の査定をしてもらうことで、遺品整理に必要な処分費用にあてることも可能になりますし、場合によっては臨時収入となることだってあるのです。

オークションで処分するメリット・デメリット

骨董品や古美術を扱うオークションといえば、サザビーズなどの専門家やコレクターが集まる場所というイメージですよね。遺品整理で見つかった一般的な骨董品の類いを扱う場所ではありません。身近なオークションと言えば、ヤフオクなどのようなインターネット上で開催されるオークションで、誰もが手軽に参加できるというメリットがあります。

骨董品、古美術の知識が豊富な方だけでなく、一般の方も参加するので、骨董品、古美術の本当の価値、適正価格で落札されるという保証はありません。もちろん、自分で価格設定をするため、希望価格以上での取引をすることは出来ますが、設定価格によっては落札されずということもよくあります。逆に、想像以上の高値で取引されることもあります。一般的なオークションで価格を決めるのは落札者です。出品した骨董品の価値を落札者が決めることになります。

顔の見えない取引が一般的なので、オークション二慣れていない方にとっては不安なことも多いかもしれません。初めての骨董品売却であれば、骨董品の知識などを直接顔を合わせて教えてもらいながら、プロの鑑定士とやり取りする方が、安心ではないでしょうか。

鑑定士は何をする?

遺品整理で見つかった骨董品や古美術の鑑定で、プロの鑑定士は何を見るのか。そのチェックポイントは大きく分けて3つあります。

  1. いつ頃作られたものなのか
  2. 誰が作ったものなのか
  3. どのくらいの価値があるのか

骨董品の中にはさまざまなジャンルがあります。日本画、版画、浮世絵、掛け軸、茶道具、焼物、刀剣、屏風、現代美術、絵画など。鑑定士によってジャンルに強い弱いがあるものなので、買取の相談をする際には、鑑定して欲しい骨董品のジャンルに強い鑑定士のいる業者に依頼することをおすすめします。鑑定は最終的に現物を見て行なわれるものです。しかし、メール等で画像を見てもらうことである程度の鑑定が可能なケースもあります。しかし、一番安心なのは、実際に見てもらうこと。店頭に足を運ぶのが面倒だったり、宅配買取で品物をまとめるのも手間! と感じるときには便利な出張鑑定をしてくれる業者を選びましょう。買取福助では、出張買取にも無料で対応しています。鑑定後に、価格にご満足いただけない場合は、キャンセルも可能です。出張にも鑑定にも、キャンセルにも一切料金は発生しません。安心して任せられる業者としてお客様にご満足いただける自信があります。

遺品整理で見つかった骨董品・古美術をより高値で

どうせ売却するなら1円でも高い方が良いと誰もが思うものです。より高値で買取をしてもらうために遺品整理で注意しておくポイントをご紹介します。

◎保管状態は“ベスト”をキープ

遺品整理をして、すぐに引き取ってもらうこともできますが、売却しようかどうか迷ったり、家族全員で相談したりと、実際の売却までに時間を要することはよくあります。その期間が長くなれば長くなるほど、保管状態には気を配らなければいけません。特に、絵画や掛け軸、書物などは、湿気にとても弱いのです。紙や布で出来ているものには特に注意してください。

実は、陶器にも湿気はよくありません。吸水性があるのでジメジメした場所に放置しておくのは危険です。カビなどの原因になります。特に、今まで倉庫や押し入れの奥の方に放置されていたものは、換気ができ、温度と湿度が安定している環境に移動して保管するようにしましょう。保管方法次第で劣化の防止に繫がります。

汚れているものに関しては、注意が必要です。骨董や古美術の知識がないと、掃除方法を誤ってしまい、キズやシミ等をつけてしまう原因になります。ホコリや汚れが気になっても、そのままにしておくのが正しい判断です。

◎鑑定書や付属品がある場合

骨董品や古美術は、古いものなので、なかなか鑑定書や箱などの付属品がすべてきれいに揃っているというケースは少ないものです。しかし、骨董品に限らず、買取を依頼する場合には、少しでも多く付属品が揃っている方が高い評価に繫がります。掛け軸、陶磁器などは箱付きになるだけで買取価格がグッとアップしますし、食器類のセットは、箱やケース込みで全アイテムが揃っていると評価されます。鑑定書がある場合は、しっかりと提示しましょう。査定価格に差がつきます。

◎長い時間放置する前に…

骨董品は丁寧に扱うことで、良い状態をキープすることができます。査定を依頼する前でも後でも、骨董品をご家庭で保管しなければならないときには、できるだけ最適環境での保管を心がけましょう。どのように保管すればいいのか分からない! という方は、お気軽に買取福助にお問い合わせください。

また、買取してもらうことを決めたら、少しでも早く買取の手配をするようにしましょう。プロの手により保管されれば、骨董品はその価値を保つことが出来ます。せっかく鑑定してもらい、良い値段を提示してもらったのに、しばらく放置してしまい、価値が下がってしまった! ということも多くあります。骨董品や古美術の売買には、実はタイミングがとても大切ということを頭に入れておきましょう。

◎まずは鑑定を依頼してみる

初めての骨董品売却であれば、信頼できる業者を選ぶ際には不安も伴うはず。選ぶ際のポイントは、鑑定能力が高いということ、売却したいアイテムのジャンルに強い鑑定士がいるか、取り扱っている商品の数は多いか、会社の歴史は長いのか、対応は丁寧かなどをまずはしっかりと抑えておきましょう。少しでも不安を感じたり、不満に思う点があれば、「選択しない」がベストです。

骨董品や古美術を見つけたら、まずは鑑定を依頼するが鉄則です。そのままさらに放置することで、商品は劣化する可能性があります。現状よりも“悪い状態”で売却することのないよう、まずは、現在の適正価格を知り、保留する場合には、きちんとした保管方法をプロにアドバイスしてもらいましょう。

どんなジャンルの骨董品を見つけましたか?

実際に買取に出す前に知っておくべきポイントを、骨董品のジャンル別に観ていきたいと思います。骨董品や古美術は一点モノで希少価値が高い! ということをまずは頭に入れておきましょう。保管状態によっては、今、このときも劣化が進んでいるというケースもあります。査定評価が、どんどん下がってしまうのです。

絵画の場合には、キャンバス、和紙などの用紙だけではなく、油絵などの絵具にも気を配らなければいけません。よく見ると、ヒビやカビなどが入っているものもあります。さらに、湿気やホコリ、紫外線などの影響も受けやすいので、取扱いには十分に注意が必要です。

焼き物に関しては、有名な作家の作品、初期の伊万里や古九谷などは、レアなので価値がとても高まります。箱があるのとないのとで大きく値段に差がつくのが差道具です。箱書きは、鑑定書代わりにもなるので、箱書きの有無はとても重要です。

遺品整理で見つかった骨董品・古美術を少しでも高く高価買取してもらうためには、保管状態が大切ということがお分かりいただけたでしょうか。今が売却のタイミングではない! というときには、ベスト価格で売却できるように、保管方法についてきちんとプロのアドバイスを受けるようにしましょう。買取福助でもアドバイスに対応しております。骨董の売却に関する質問、疑問などお気軽にお問い合わせください。



遺品整理レポート一覧はこちら