遺品整理の豆知識。遺品を供養するには?よくある質問まとめ

遺品整理の豆知識。遺品を供養するには?よくある質問まとめ

故人の遺品を整理する際には、なかなか捨てにくいものが多く見つかります。遺品を多く遺しても、故人への想いは日に日に積もるばかりです。遺品整理に踏み出せない理由の一つとして気持ちの整理があります。遺品整理をスムーズに進めるための第一歩として、「遺品を供養する」という方法があります。

今回の記事では、遺品供養について詳しく紹介していきます。

遺品供養とは?

遺品供養とは、故人が大切に保存していた遺品を供養してから処分することです。故人の思いがいっぱい詰まった遺品の数々は、ゴミとして処分するには心苦しいもの。しかしいつまでもそのまま放置しておくわけにもいきません。

遺品供養をすることの意味とは

遺品を供養することは、故人と共に大切に扱われていた遺品も浄化され天に帰るという意味合いがあると言われています。遺品が残ったままの状態では、残された家族は故人への思いをなかなか断ち切ることができません。遺品供養によって残された家族は故人への思いを断ち切り、前に進むことができるとも考えられています。遺品供養は、あの世で故人と一緒に自分たちを見守っていて欲しいという願いを強く込めて行われています。

遺品供養できるものとは?

遺品供養の対象になるものは、一般的には故人が大切に使用していたものです。

故人のお気に入り

故人がよく着ていたお気に入りの衣類や、使用していた日用品、大切に保管していた写真や手紙は供養対象に選ばれやすい遺品です。女性の場合には、台所用品や化粧品なども多く供養される傾向にあります。

お札やお守り、人形など

故人を守って欲しいという願いを込めて、御札やお守りを供養するご家族もいらっしゃいます。さらには魂が宿りやすいと言われている人形も、遺品供養の対象になる遺品です。

高価な骨董品

神棚や仏壇、高価な骨董品は供養されるケースが多くあります。高価な骨董品をそのまま廃棄してしまうのは忍びないという気持ちの表れです。

趣味で使用していたもの

ゴルフ用品や釣具など故人が趣味で使用していたものや電子機器や大工道具などの愛用品が供養されることもあります。

故人によって供養される遺品は多種多様と言えます。

遺品供養の方法は?

遺品供養の方法には、

  • お焚き上げ
  • 読経
  • 訪問供養

の3種類があります。

遺品供養の方法その1:お焚き上げ

不要になってしまったけれども日頃から大切に使用していたため捨てるのには心苦しい愛用品を、感謝の気持ちを込めて天に送り出すという日本に古くから伝わる儀式です。

代表例→人形供養や針供養

お焚き上げの代表例としては、人形供養や針供養などがあります。日頃から愛用していた道具をお焚き上げすると神様になるという言い伝えもああります。

遺品供養でお焚き上げができるものとは

遺品供養においてお焚き上げができる物とできない物の区別は、特に明確にされていません。お焚き上げを行う寺社によって供養する物の対象が定められているため、お焚き上げを行う際にはしっかりと下調べをすることが大切です。

遺品供養の方法その2:読経

読経とは、供養のために僧侶に経文を唱えてもらうことです。遺品供養のための読経を受け付けている寺社は多くあります。読経の場合にはお焚き上げと違い対象物は定められていませんので、一番手軽な遺品供養とも言えます。

供養後の遺品はどうする?

供養後の遺品の処理方法には、

  • 寺社に納める
  • 処分する

があります。最近人気を集めているのが敷地内にコインロッカー式の墓地を設け、そこに位牌や骨壷など全てを納めて遺品を供養できる寺社です。時代の流れとともに様々なサービスも出てきているので、最新情報はチェックしておきたいところです。

遺品供養の方法その3:訪問供養

訪問供養とは高齢者や障害者などの寺社まで出向くことが難しい人のために、自宅へ僧侶を派遣して読経による供養を行うサービスです。近年では多くの寺社がこの訪問供養のサービスを行っているため、利用者も急増中です。供養に必要なお花や線香なども、業者側が用意してくれる場合がほとんどです。追加費用がかかる場合もあるので事前にしっかり料金内訳を確認しておきましょう。

遺品供養を依頼するには?

遺品供養を行う際には、寺社に連絡を取り依頼を相談するのが基本的です。

遺品供養を行う寺社が増加中

最近は、多くの寺社が遺品供養に対応しており、寺社のホームページなどにも遺品供養について詳しく記載されているので、リサーチが簡単で便利になっています。遺品供養を行っていない寺社であっても相談によって了承してもらえるというケースもあるため、まずは故人がよく利用していた寺社に連絡・相談してみましょう。

遺品整理業者に相談するのも◎

遺品供養の依頼先を探すのが難しい場合には、遺品整理業者に相談してみましょう。遺品整理業者の中には、遺品供養の手配からその後の処分までの作業一式を請け負ってくれる業者が数多くあります。

遺品供養の仲介業者もあり!

遺品供養を仲介を専門としている業者もあります。遺品供養についての疑問・質問を解決してくれるはずなので、無料相談などを上手に活用しましょう。

遺品整理業者選ぶ際のポイント

遺品供養を遺品整理業者に依頼する場合にチェックしたいのは、「遺品供養士」がいるかどうかです。遺品整理は、プロの遺品整理士によって行われます。ほとんどの遺品整理業者は、この遺品整理士しか所属していません。

遺品供養は遺品整理士に依頼

遺品供養を行う際には、遺品整理士では知識が十分でなく、様々なトラブルを引き起こすリスクがあります。トラブルを回避するためにも遺品供養士が所属している業者を見つけ、遺品供養の依頼をしましょう。

遺品供養のプロ!遺品供養士とは

遺品供養士とは、故人に先立たれ深い悲しみを負っている残された家族をサポートするために作られた資格です。遺品供養士は、遺品供養だけでなく、遺品整理や遺品に関する様々な分野で活躍できる知識と技術を身につけています。まだあまり浸透していない資格ではありますが研修などでしっかりと研鑽を積んでいる遺品供養のプロしか取得することができない資格なので、安心して遺品供養を依頼することができます。遺品整理業者の中には、遺品供養士が所属していないのに、遺品供養を大々的に宣伝している悪質な業者もあります。遺品供養を依頼する際には、遺品供養士が所属しているかしっかり確認しましょう。

遺品供養の注意点

遺品供養を行う際に、注意すべきポイントをご紹介します。

親族間での話し合いは必須

遺品供養の依頼前には必ず親族間で話し合いの場を設けましょう。遺品供養だけでなく、遺品整理にも共通する必要事項です。独自の判断で遺品供養を行なってしまい、後になって親族からクレームが入りトラブルに発展するケースが後を絶ちません。遺産相続に関して親族間のトラブルを避けるために、徹底的に話し合うことが必須です。

危険物の遺品供養は不可

遺品供養には危険物だけは依頼できません。危険物とは主に有害な物質を発生させてしまう危険性のある物を指します。このような遺品は家に保管しておいても危険が伴いますので遺品整理業者に相談し、正しい処分方法を教えてもらいましょう。

個人情報の取り扱いに注意

パソコンや電子手帳などには個人情報が残っている可能性があります。見られたくない情報は事前にキレイに消去をしてから依頼をするように。


遺品には故人の思い出がたっぷり詰まっています。生前、故人が大切にしていた遺品の場合には、そのまま処分するのではなく遺品供養を行うのがおすすめです。遺品供養で失敗しないためには、遺品整理業者は慎重に選択する必要があります。清々しい気持ちで遺品を故人と共に送り出せるように、時間をかけてじっくりと遺品整理業者を探すことからはじめてみましょう。

no image

遺品買取

遺品整理は処分や整理業者を呼ぶ前に「価値のわかる」買取福助にご相談ください。本当の価値をしっかり査定し、故人、ご遺族の想いを大切にいたします。亡くなられたご遺族の遺品整理や処分でお困りで…

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線・大井町線 大岡山駅徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00~18:00
古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル