遺品整理で見つけた蔵にあった骨董品。評判の良い業者に売りたい!│古美術品買取・査定なら東京の【買取福助】創業63年の実績

遺品整理で見つけた蔵にあった骨董品。評判の良い業者に売りたい!

最近では蔵のある家というのは少なくなってきました。日本の蔵(土蔵)は、伝統的な建築様式で非常に特殊なものです。住居に隣接して建てられる土蔵の役割は、防火・防弾機能のある漆喰の厚みのある壁により、収蔵した貴重品を保全・保管することです。

土蔵ってどんなもの?

土蔵は、漆喰総塗籠と呼ばれる土壁の上に漆喰を塗り重ねたものや、なまこ壁と呼ばれる瓦と組み合わせた文様が特徴的なものが良く知られています。現在では、文化遺産として保存され、古い街並のシンボル的存在になっています。旅行先でしか見たことがないという方も多いのではないでしょうか。

蔵は外見も中身も貴重!

土蔵の壁の厚さはなんと30cmあまり!とても分厚いんです。分厚い壁は、驚異的な耐火性能があるため、火災にあっても残る可能性が高いことで知られています。貴重な文物が長期に渡り収蔵されていることが多いのも、蔵の特徴のひとつです。建物だけでなく、中身も歴史的価値のあるものが残っている場合が多いのです。土蔵のあるご自宅で育った方は、昔から実家にあるものだから…という理由で、それほど特別に感じていないケースも多いかもしれません。しかし!蔵は外身も中身もとても貴重なものなので、遺品整理の際には、取扱いに充分注意して欲しいと願うばかりなのです。蔵で発見した骨董品の買取りを希望する業者はとても多いはずです。

こちらもチェック!→国が指定・登録・選定した文化財情報を公開!国指定文化財等データベース

土蔵を残すのは大変!!

貴重で文化的価値もある土蔵は、できる限り残しておきたいもの。しかし、そのためには費用がかかるのも事実です。建物の老朽化に伴い、補修が難しくなってくると、不動産の売却とともに、蔵の解体を検討するご家族も多くなってきます。そうなると問題になるのが、蔵の中にあるたくさんの古いもの、骨董品、古美術品です。収集したご本人が他界後の遺品整理であれば、来歴のわからないものがたくさんあります。さらに、土蔵で発見された骨董品、古美術品には、先祖代々受け継がれてきたものが保管されているケースもたくさんあります。

注意したいのは、

「土蔵で発見された骨董品、古美術品を不用品処分としてしまわないこと」

骨董品の価値が度外視された処分をしないようにしてください。価値あるものは、最適な鑑定により適正価格で売却されるべきなのです。

こちらもチェック!→骨董品かどうか価値がわからず、見分けがつきません!

蔵の中に骨董品を見つけたら…

生前整理や遺品整理を機に、蔵の解体工事をすると決まったら、蔵の中に保存してある先祖代々の遺品である骨董品、古道具、タンス、掛け軸、古書籍、古文書、茶道具、故人の私物(手紙等が残されている場合が多くあり!)を処分しなければなりません。

骨董品の鑑定は専門業者に

解体時、蔵の中に物が残っていたら、解体業者は“廃棄物”として処分してしまいます。もちろん、収蔵品がすべて価値のあるものとは限りませんが、遺品を廃棄物とされてしまうのは、忍びないものです。古いだけでは骨董品にならないものですが、その当時のことを知るためのとても貴重な書物となる可能性もあります。個人的な手紙や日記等は別として、まずは専門家に鑑定依頼をすることをおすすめします。個人的な手紙や日記の中にも、歴史的に貴重な情報を見つけることもあるので、一通り目を通すことをおすすめします。

骨董品を鑑定に出さない場合

すべて不用品と同じ扱いになることを覚悟しましょう

骨董品を鑑定に出す場合

価値あるものは高価買取の対象になります

どちらを選ぶかは一目瞭然。鑑定に出す!というひと手間で、骨董品の本当の価値を見出し、正しい処分ができることを覚えておきましょう。

蔵や納屋の骨董品整理はとても大変!

木造建築は日本の気候風土に適した建築様式でした。しかし、歳月の経過とともに、メンテナンスの手間だけでなく費用がかかるのを避けることはできません。

蔵や納屋をお持ちの方へ

遺品整理のタイミングだけでなく、一度断捨離をすることをおすすめします。思った以上にたくさんの物が詰まっているケースが多く、一度で処分するのは本当に大変なのです。

故人のものだけでなく、その前の代、さらにその前と、代々受け継いできたものが詰まっているのが蔵の特徴です。もし、ご先祖の中に骨董品収集が趣味の方がいらっしゃった場合には、骨董品として価値の高いものが保管されていることが期待できます。

骨董品の価値はプロの鑑定士に見てもらうのが◎

古くて何だか価値がありそう。これが一般的な骨董品に対するイメージだと思います。これでは、売却の際の目安となる価格がまったく分かりません。処分を考えているからといって、すべて不用品としてしまうのはもったいないです。遺品整理業者や不用品処分業者に一括で買取依頼をするのはとても簡単です。価値の判断をしませんから。

しかし!!

骨董品の価値を知る骨董品買取の専門業者へ買取を依頼すれば、価値あるものを不用品として処分することは避けられます。査定に時間がかかることもありますが、ひとつひとつ丁寧に、鑑定のプロが価値を判断してくれている証拠です。骨董品の本当の価値を査定できるのは、長年の経験と実績を持つ専門家以外にはあり得ません。

こちらもチェック→買取価格に差がつく!遺品整理で高価買取してもらうコツは正しい鑑定士選びから

骨董品はブランド品とは違う!

買取という言葉を聞くと、ブランド品や高級時計などの売却をイメージする方も多いのではないでしょうか。確かに、ブランド品や高級時計も買取の際にはきちんと査定できるプロの目が必要です。しかし、骨董品はまたちょっと違います。骨董品は、知識と経験が豊富な鑑定士でないと適正な査定はできません。骨董品買取専門店であってもその実力の差はかなりあるのが現状です。

買取福助をはじめ、骨董品買取を専門とする業者では、無料鑑定で対応している業者もたくさんあります。鑑定に自信があるからこそ、声を大にして言いたいのです。他の業者様と査定価格を比べていただいて構いません!最後に買取福助をお選びいただけるという自信を持って査定いたします。比較されて選ばれるという確信があります。お問い合わせ・相談料は無料!まずはお気軽にお問い合わせください。

プロの鑑定士が査定した価格が市場価格!

複数の買取業者に査定を依頼すると、価格の目安が見えてくるはずです。それが市場価格と同じと考えて間違いはありません。骨董品の知識がない、鑑定眼もないケースでは、まずは骨董専門店での鑑定、査定を依頼するのがおすすめです。

自宅に蔵がある、実家に蔵があるという方はなかなか少ないかと思います。だからこそ、情報収集が難しいというデメリットもあります。中には、もう長い間蔵のカギを開けていないといったケースも珍しくありません。メンテナンスをしていない状態では、蔵だけでなく、蔵の中のものも劣化や破損により価値を下げてしまうことも。蔵がしっかりしているうちに、一度骨董品の鑑定などを行うことをおすすめします。お宝が眠っている可能性が高い蔵ですが、放置したままではメリットよりデメリットの方が多いということを頭に入れておきましょう。

こちらもチェック!→骨董品や美術品を高く売るコツは保管方法にあり!

まずは骨董品の今の価値を知る

骨董品は、売却のタイミングで買取価格が大きく変わることがあります。しかし!劣化をしてしまっては価値は確実に下がります。まずは、早めに蔵の中をチェックすることが大切です。遺品整理のタイミングが訪れたのであれば、先延ばしせずにこの機会にすべての価値を把握しておくことが大切です。

蔵の中に眠る品物の数は、かなり多いことが予想されます。見た目よりたくさん保管できるのが蔵の特徴だからです。蔵の中の骨董品は持ち運びは難しいでしょう。また、保管状態によっては、さらに移動を難しくします。そんなときに役立つのが、出張買取です。買取福助では、無料で出張買取に対応しています。まずは査定だけでも構いません。

買取価格にご満足いただけなかった場合には、無料でキャンセルも可能です。余計な費用はまったくかからない、買取福助に蔵に眠るお宝の鑑定を依頼してみませんか?


買取福助はご利用いただいたお客様からも好評いただいている、評判の骨董品買取業者です。安心してご利用いただけるという自信があります。初めての骨董品の査定依頼、売却依頼には不安や疑問が伴うものです。どんな些細なことでも丁寧にお答えします。まずは、買取福助にご相談ください!

任せて安心昭和30年創業『買取福助』
  • LINEで査定
  • LINEで査定
  • お問い合わせ・無料買取相談
  • 0120-777-064
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分

買取福助 0120-777-064

〒145-0062 東京都大田区北千束3丁目26-14

  • TEL03-6425-9735
  • FAX03-6800-1615
営業時間
11:00〜18:00
古物営業法許可番号 東京都公安委員会 第302201506079号
Scroll Up
LINE査定 無料相談 フリーダイヤル