象嵌の買取・査定相場

象嵌花器一対

象嵌買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な象嵌作品の価値を査定いたします。

「象嵌(ぞうがん)」は金属工芸の技法。日本には仏教の伝来とともに、奈良時代には伝わりました。ベースとなる品物の素材とは別のものをはめ込む技法で、金工象嵌や木工象嵌、陶象嵌などがあります。

福助では様々な象嵌の高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からない美術品の査定や、不要な骨董品の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

象嵌の買取相場

品名買取相場
硝子花瓶 黒木国昭 金彩象嵌 光琳 70,000~160,000円
龍文堂 上田照房 金銀象嵌入銅蓋鉄瓶 25,000~35,000円
石黒政美 銀製金象嵌三脚香炉 18,000~40,000円
人間国宝 島岡達三 地釉象嵌縄文方壺 20,000~30,000円
玉峰刀 銅製銀象嵌花瓶 8,000~12,000円

象嵌製品の買取実績

                  象嵌

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い象嵌作品を処分したい
  • 所有している象嵌の花器が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 集めていた象嵌入り銅器の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた明治期の象嵌製品を、まとめて売りたい

ご安心ください!
象嵌製品買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

象嵌を高く売る方法|買取のポイントは?

お手元の象嵌作品を売るときは、和洋の象嵌作品にくわしい目利き鑑定士にしっかり査定してもらいましょう。

象嵌製品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

「象嵌(ぞうがん)」は土台になる木材や金属に模様を彫り込み、出来たスペースに別の素材を埋め込む技法です。とても細い彫り込みを作ることによって繊細かつ美しい模様ができあがります。
素材によりさまざまな象嵌が可能で、木に別の色の木材をはめる木象嵌や金属に金をはめ込む金象嵌などが有名。
象嵌作品は作家ものや素材、時代によって価値が変わります。売却するなら、目利き鑑定士に見てもらいましょう。

作者の署名の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

高額な美術品である象嵌製品には、作家が手がけたものもあります。作家ものには、鑑定書や作家の署名・落款の入った桐箱がついていることがあり、鑑定額を左右する重要な付属品です。
目利き鑑定士であっても、鑑定額を決めるときの参考にすることもあります。買取業者の無料鑑定に出すときは、必ず事前に付属品一式もそろえておきましょう。
保証書など、象嵌細工に関連ありそうなものはすべて査定に出すのがコツです。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

象嵌作品は多岐にわたります。家具、ペンダント、懐中時計などなど。どれを売却する時でも複数の買取店に見積もりを依頼しましょう。
おなじ象嵌作品でも買取店によって査定額が違います。店によって力を入れている品物ジャンルが決まっているので、どの店でも同じ価格で買い取るわけではないからです。
見積もりを比べて買取価格を突き合せれば、高く買ってくれる店が分かります。しっかり比較して、納得して売ることが大事です。

信頼できる象嵌製品の買取業者の選び方

素材によって多種多様な象嵌製品。買取業者に相談するなら、無料鑑定・豊富な買取実績の店を選びましょう。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

アンティークの象嵌製品やアクセサリーは、高い技術で作られたもの。高価買取になりますから、無料査定ができる買取店に頼むのがコツです。
とくに象嵌がされた大きな作品は、出張買取で査定してもらいましょう。
東京なら、決まったエリア内は交通費無料で出張査定をしてくれる業者もあります。
事前に査定に関する費用を確認し、鑑定料無料または鑑定士の交通費だけでOKという業者に頼むのが安心です。

象嵌製品の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

お手元の象嵌作品を信頼できる業者に売却したいとお考えなら、これまでに象嵌を多数買取している業者を探しましょう。
刀の鍔やアンティークのアクセサリーには華麗な象嵌細工がほどこされていることが多いです。
だからこそ、さまざまな象嵌作品を適切に鑑定できて買取相場にのっとって鑑定できる業者がおすすめ。
買取実績は、店のホームページに掲載されています。多数の象嵌作品を買取している店を選びましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

象嵌について

金森映井智作 布目金象嵌花瓶

「象嵌(ぞうがん)」とは、金属や木材を使用した工芸技法のひとつです。「象」には、かたどるという意味があり、「嵌」は物をはめ込むという意味。文字どおり、土台となる金属や木材、陶磁器に形を彫り、できた空間に別のものを埋め込んで絵柄を作る技法です。金を埋め込めば「金象嵌」となり、貝を使えば「貝象嵌」、木を使えば「木象嵌(もくぞうがん)」というように、素材によって多種多様な象嵌ができます。木象嵌は奈良・天平時代の正倉院宝物にも収蔵されていることからわかるように、日本で長い歴史を持つ工芸技法です。
象嵌の特徴は、非常に繊細な絵柄を作れること。ベースとなる木材や金属にごく細い彫り込みを作ることで、細かい模様を作り上げることが可能になります。アンティーク家具の木象嵌は無垢材にはめ込まれた色の違う木材が繊細なモチーフになり、金属象嵌では、ベースとはめ込んだ金属に高低差をつけることでより印象深い作品に仕上げることもできるのです。象嵌は完成までには長い時間と手間、高い技術力が必要になります。ごく小さいサイズの象嵌作品でも存在感があり、素材やモチーフによってたいへんな高額で取引される美術品。今も世界中で愛されている工芸技法なのです。

金工の買取品目

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定