軍刀買取・査定相場

旧陸軍九八式軍刀 銘:吉近

軍刀買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な軍刀の価値を査定いたします。

福助では様々な軍刀の高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からない美術品の査定や、不要な骨董品の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

軍刀の買取相場

品名買取相場
軍刀 旧日本海軍明治期将官大型短剣 80,000~200,000円
軍刀 海軍士官用短剣 8,000~60,000円
陸軍将校用新型軍刀 20,000~140,000円
旧日本軍 佐官 指揮刀 軍刀 儀礼刀 50,000~100,000円
陸軍 昭和13年制式軍刀 九八式軍刀 20,000~100,000円

軍刀の買取実績


                  軍刀

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い軍刀を処分したい
  • 所有している軍刀が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていた軍刀の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた軍刀を、まとめて売りたい

ご安心ください!
軍刀買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業68年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

軍刀を高く売る方法

サーベルや日本刀、軍刀を
高額で売却するためにできること、お教えします。

高く売る方法

軍刀の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
軍刀は、俗に九八式と呼ばれる昭和13年制式や、三式軍刀といわれる昭和18年制式、柄が日本刀式で鞘がサーベル式の九五式など、明治から昭和にかけて多くの制式がつくられてきました。

日本刀や武器のファンから愛されるだけでなく、骨董品としての人気も高いのが特徴です。

しかしどんなに価値が高くても、真贋を見極められる専門家に売却しなければ高額査定は期待できません。軍刀に詳しい業者に見積もりしてもらいましょう。


作者の落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
骨董品は共箱と呼ばれる箱や、来歴の分かる付属品と一緒に鑑定してもらうと、より正しい価値を知ることができます。

軍刀の場合、刀だけよりも制服や勲章、軍刀以外の儀礼的な軍装品が付属している方が、高い価値がつきやすくなります。

付属品がある場合は忘れずにつけて査定を依頼するようにしましょう。


評判の良い軍刀買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
軍刀の真贋や価値を見極めるためには、日本の歴史や骨董品、軍装品に詳しい専門家の鑑定眼が必要です。

また、査定額はその業者の知識だけでなく、コレクターとのつながり、業界の需要と供給のバランスによっても変わってくるため、いくつかの業者、買取店で相見積もりを取り、もっとも高い査定額を出してくれた業者に買取してもらいましょう。


信頼できる軍刀買取業者の選び方

では、信頼できる軍刀の買取店とはどのように探せば良いのでしょうか?
ポイントをお教えします。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
骨董品や軍装品、軍刀、日本刀の買取業者の中には、法外な鑑定料を支払うように迫る悪質な業者や、自宅に押しかけて売りたくないものまで持ち出してしまう押し買い業者もいます。

後から高額な手数料を要求されないよう、見積もりを申し込む際は査定にかかる費用を確認しておきましょう。無料査定を実施している場合は利用してみましょう。


軍刀の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
軍刀や勲章などの軍装品、武器系グッズ、ミニタリーアイテムを多数買取実績としてアピールしている業者は、軍刀の知識豊富な業者(買取店)といえます。

サイトや口コミ、ブログ、SNSを検索して、軍刀の買取実績を探してみてください。


創業68年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

軍刀について

旧海軍軍刀

日本において軍刀とは、一般的に帝国陸軍、海軍などが身につける刀剣、サーベルを総称する呼び名です。将校などの階級によっては、正装する際に着用する場合もあったため、戦闘以外にも佩用(はいよう、身につけること)されることがありました。侍の用いる日本刀が両手持ちの構えを基本とするのに対し、軍刀は片手で扱えるという点が違いです。とはいえ、長らく両手で扱うことに慣れていた兵士にとって、片手で扱うサーベル式の軍刀は扱いにくかったと想像されます。ですが、明治維新の廃刀令によって途絶えかけた刀工技術は、「折れない」、「錆びない」という性質を求める軍刀需要によって復活を遂げたといえるでしょう。軍刀には、造兵刀という異名をもつ大量生産可能な「昭和刀」、上質な玉鋼を材料とした「靖国刀」、海軍用の軍刀であり船と一緒に大多数が沈んだため現存数が少ないとされている「菊水刀」、士官学校の成績上位者にしか与えられなかった「恩賜の軍刀」などの種類があります。いずれの軍刀も、単なる武器ではなく、それぞれが軍人の心の拠り所として重要な存在でした。軍刀を通じて国に報いるという意味の「軍刀報国」という熟語を見ても、その存在の重要性がしのばれます。

軍刀買取の流れ

  1. Step 1
    ご相談

    ご相談
    お電話、メール、LINEなどでどのような軍刀をお売り希望か、ご相談ください。 直接店舗にお越しいただき、ご相談いただくことも可能です。
  2. Step 2
    買取方法の選択

    買取方法の選択
    店頭、出張、宅配いずれかご希望の軍刀買取方法をお選びください。
  3. Step 3
    鑑定・査定

    鑑定・査定
    過去の軍刀買取実績データや専門知識を元に鑑定士が一点づつ丁寧に商品のお見積りを致します。
  4. Step 4
    お見積り金額の
    御確認

    お見積り金額の御確認
    軍刀のお見積り金額をご確認いただき、ご満足いただけましたらお支払いのお手続きをいたします。
  5. Step 5
    申込書の
    記入

    申込書の記入
    申込書にご記入いただきます。本人確認書類(運転免許証、住民基本台帳カード、日本国パスポート、各種健康保険証、個人番号カード、各種運転免許証のうちいずれか)をご用意ください。
  6. Step 6
    買取成立・
    お支払い

    買取成立・お支払い
    決められたお支払い方法にて買取金額をお支払いいたします。