古地図の買取・査定相場

満州時局地図

古地図買取なら東京大田区の福助にご依頼ください。

鑑定歴20年以上の確かな実績で相場を熟知した鑑定士が、お客様の大切な古地図の価値を査定いたします。

福助では様々な古地図の高価買取・査定が可能です。
作家や価値の分からない美術品の査定や、不要な骨董品の処分・売却をお考えなら、無料の出張・宅配買取にも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

古地図の買取相場

品名買取相場
戦前 朝鮮 韓国 平面図 古地図 2,000~100,000円
日本統治時代 大日本帝国台湾 古地図 2,000~20,000円
日本道中行程記 古地図 1,000~15,000円
古地図 鎌倉絵図 1,000~4,000円
江戸の鳥瞰図 俯瞰図 鳥目絵 3,000~10,000円

古地図の買取実績

  • 古地図 昭和10年 上海最新地図
    古地図 昭和10年発行 上海最新地図
  • 朝鮮案内 朝鮮古地図
    朝鮮案内 朝鮮古地図
  • 古地図 満州時局地図
    古地図 満州時局地図 買取価格 2,000円
  • 古地図 朝鮮総督府鉄道局発行 京城市街図
    古地図 朝鮮総督府鉄道局発行 京城市街図 買取価格 2,000円

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古い古地図を処分したい
  • 所有している古地図が幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 昔、集めていた古地図の買取相場が知りたい
  • コレクションしていた古地図を、まとめて売りたい

ご安心ください!
古地図買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に! あなたのガラクタ、だれかのお宝! あなたのガラクタ、だれかのお宝!
創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

古地図を高く売る方法|買取のポイントは?

古地図を高値で売る場合は、無料査定買取実績や専門知識が豊富な買取店を見つけることです。

古地図作品の価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

価値がわかる目利きに鑑定を依頼

著名な古地図や古い写真などは、貴重な歴史資料として価値があります。古地図や古書といっても、様々な種類があるため、鑑定が難しい品目だと言われています。
そのため、古地図に関しての専門知識や買取経験が乏しかったりすると、真贋を見分ける力もなく、買取相場より、低く見積もりされることがあります。
古地図を高めに買取してもらいたい時は、古地図や古文書などの価値を知る、目利きの鑑定士に依頼しましょう。

作者の署名・落款の入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

箱や鑑定書など付属品と一緒に査定

古地図や古書などの紙モノは、素人では価値がわからず、意外と捨ててしまうケースが多いようです。そのため、買取市場では出回っている数が少なく、逆に高価買取になるケースがあります。
特に手書きの古地図は、歴史資料だけでなく、美術的評価が付加されるため、高めに買取される場合があります。
古地図を高値で売却したい際は、必ず箱などの付属品と、古地図以外の絵葉書などがあれば、まとめて査定に出すと良いでしょう。

相見積もりを取って査定額を比較しましょう

相見積もりを取って査定額を比較

古地図を高く処分したい場合は、基準となる買取価格を把握しておくことです。古地図や古い資料などを多く買取している、評判の良い買取店に見積もりを頼みましょう。
なるべく、数店舗の見積もりを比較することが大事です。各店舗によって、見積もり額に差があるのは、買取価格を決める基準や購入後の販路有無など、それぞれが異なるからです。
しっかりと、買取価格を比べたうえで、売却先を選びましょう。

信頼できる古地図の買取業者の選び方

古地図の信頼できる買取業者は、多数の買取実績があり、無料査定、出張買取を実施している買取店です。

査定は無料のお店を選びましょう

査定は無料のお店を選びましょう

古地図や古文書などを高く処分したい際は、無料査定を実施している、目利きの鑑定士がいる買取店で見てもらいましょう。
古地図の買取実績が豊富な買取店は、専門知識をもつ鑑定士が在籍しており、信頼性も高いということになります。
古本や古地図などが多数ある場合は、出張買取を利用するのもオススメです。その際は、鑑定料や出張料など、請求されるのか確認しておくことです。

古地図の買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

買取実績が豊富な業者に依頼

古い写真や古地図を高値で処分したいときは、各買取業者のホームページを確認しておきましょう。ホームページには、古地図の種類、買取価格、買取数などの実績がわかります。
同じような古地図の価格が掲載されていれば、基準となる買取価格を知ることができます。古地図を処分するときや売却する際は、必ず各買取業者の買取実績をチェックしておきましょう。

創業67年の信頼と実績
0120-777-064電話をかける
 LINEお問合せメールお問合せ

古地図について

満州時局地図

江戸時代から戦前に作られた古地図には、学術的に貴重な資料でもあるものが多数残されています。たとえば「切絵図」とよばれる江戸時代に作られた各藩・地域の木版地図。あるいは日本全土の地図「日本全図」や、江戸の町を細かく区分けして描いた古地図「江戸切絵図」などです。いずれも古いものは木版であり、手彩色された美しいものが骨董品・美術品としても高く評価されています。とくに「江戸切絵図」には武家屋敷が細かく描き込まれ、歴史的な資料としても重要視される資料。どの武家屋敷がどこにあったのか、だれが住んでいた屋敷なのかが分かるように描かれています。
江戸時代の古地図とくに「江戸切絵図」は、場所をしめすものであると同時に美術品としての価値も持っていました。江戸時代以前の古地図は手描き・手彩色が主流。しかし江戸時代中期以降の古地図は制作者が浮世絵を手掛ける版元だったことから、木版や銅版で印刷され多色刷りをほどこしたものが多数作られています。発行元は地図出板者の近吾堂や絵双紙屋の尾張屋などが有名です。現在、市場で売買されている古地図の多くは浮世絵製作でつちかわれた華麗な多色木版刷り技術を応用したもの。江戸の町民文化を伝える貴重な骨董品なのです。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定