シルクスクリーン買取

ヒロ・ヤマガタ「日本のエッセンス サンライズ」シルクスクリーン AP版

シルクスクリーンは版画の一技法。画家が描いた原版があれば、同じものを複数作れるのが特徴です。

20世紀初頭のアメリカで始まったポップアートの世界で多用され、広く知られるようになりました。

草間彌生やヒロ・ヤマガタなどの人気画家によるシルクスクリーン作品は、肉筆画とおなじく買取価格が高額です。
印刷されたものであるとはいえ、シルクスクリーン作品は美術品として認められていますので専門家の査定を受けましょう。

シルクスクリーン買取実績

画像

*掲載価格は実際の買取価格を保証するものではありません。
品物の状態や市場相場により価格が変動いたしますので予めご了承ください。

こんなお悩みございませんか?

  • 遺品の古いシルクスクリーンを処分したい
  • 所有しているシルクスクリーンが幾らくらいで売れるかどうか査定してほしい
  • 亡母が集めていたシルクスクリーンの買取相場が知りたい
  • コレクションしていたシルクスクリーンを、まとめて売りたい

ご安心ください!
シルクスクリーン買取の専門業者
「買取福助」が解決いたします!

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

思わぬ物がお宝に!思わぬ物がお宝に!

あなたのガラクタ、
だれかのお宝!

こんな古いものは価値がないのでは?」と処分してしまう前に、その価値を調べてみませんか?
一見するとゴミのように見える品物に驚きの値段が付くことがあります。「買取福助」は価値ある骨董を次の世代へと受け継ぐためのお手伝いをいたします。

「こんな質問や相談をしても大丈夫?」と悩む前に、まずはお電話ください。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

買取福助「安心」の3つのこだわり

当店では、初めてのお客様やお一人様でも安心してご利用いただくために、3つのこだわりを持ってご対応させていただいております。

1安心のお取引

買取価格を透明に

買取価格を透明に

買取価格を透明に

買取福助では、どうしてこの価格なのか?という疑問にすべてお答えできる体制を整えています。

お客様の真摯な疑問にも誠実にお答えすることで、安心してご判断いただけるような工夫をしています。

分かりやすい見積書

分かりやすい明細で安心

分かりやすい見積書
後日、お取引の内容をお客様に確認していただけるように、取引明細書をお客様にお渡ししています。

2満足いただける高価買取の仕組みがある

手数料は無料

手数料は無料

手数料は無料
査定・売却時の手数料は無料。お客様にご満足頂けることを目指しています。
買取価格日本一へ挑戦

買取価格日本一に挑戦

買取価格日本一へ挑戦

当店では、お客様の満足を第一に考えます。高価買取も大切な課題の一つ。 納得の買取額をご提示いたします。

3お客様目線での対応・お店づくり

査定が初めてのお客様にも安心していただけるよう、お客様の目線に立ったお店づくりを心がけています。
査定だけでもOK

査定だけもOK、キャンセル料はいただきません

査定だけでもOK
思い入れのある大切なお品物は、売るかどうかを迷っているお客様も多いと思います。 買取福助は査定だけでも大歓迎、無料でお見積いたします。 無理に引き止めたりは致しませんので、安心してご来店ください。
買取成立すれば、即現金でお支払します。

即現金化、スピーディーに対応します

買取成立すれば、即現金でお支払します。

お見積額に納得いただければ買取申込書に必要事項を記入後、1円単位までキッチリ現金にてお支払いします。 急な出費で現金が必要という方も、お手間を取らせません。

入りやすい店舗づくりを心がけています。

入りやすい店舗づくり

入りやすい店舗づくりを心がけています。

どこか閉鎖的で入りにくいイメージのある古美術店ですが、当店は安心して利用いただけるよう、明るい店舗作りを目指しています。

お店は1階にある路面店なので、ベビーカーや車椅子の方でも安心です。 女性お一人やお子様連れでもお気軽にご来店ください。

シルクスクリーン作品を高く売る方法

お手持ちのシルクスクリーン作品を高く売りたいなら、
経験豊富で目利きの鑑定士に査定を依頼しましょう。

高く売る方法

シルクスクリーンの価値がわかる目利きに鑑定を依頼しましょう。

福助
福助
シルクスクリーンは、印刷したい面にインクを直接落としていく版画技法です。下地が反転せず、そのまま刷り上がるのでイメージどおりの作品が作りやすく、アーティストにも人気の技法。

シルクスクリーンは現代アートの作家、アンディ・ウォーホルやリキテンシュタインが多用し、ファンの多い作品です。ポスターなども高値買取の対象になりますので、売却時には買取相場に詳しい鑑定士に査定を頼みましょう。


作者のサインの入った箱など付属品と一緒に査定に出しましょう。

福助
福助
多様な作品が制作されているシルクスクリーン。買取業者の査定を受けるときには、作家のサインがはいっている箱なども作品と一緒に出しましょう。

外箱や、ギャラリー購入時についていた額縁、鑑定書、保証書などは、作品の価値を高めるものです。古い・汚い箱であっても、安易に処分してはいけません。

無料査定時に真贋判定の助けになるかもしれませんし、鑑定額がアップする可能性があります。付属品こみで査定を受けましょう。


評判の良いシルクスクリーンの買取店数社で見積もりをとって査定額を比較することをオススメ

福助
福助
シルクスクリーン作品を高く売りたいときは複数の買取店から見積もりを頼み、一番高い査定額の買取店を探しましょう。

アート作品の見積もり額は、買取店によってまったく違います。買取店が力を入れている作家の作品なら高くなりますし、買取後の販売先がなければ査定額も安くなるのです。

見積もり比較で高い鑑定額の店を見つけて、売却を相談。大事な作品は時間をかけて買取店を調査し、納得の査定額で売るようにしましょう。


信頼できるシルクスクリーンの買取業者の選び方

シルクスクリーンの買取業者は、多数の作品を買取しているか
無料査定ができるかの2点で選びましょう。

信頼できる買取業者の選び方

査定は無料のお店を選びましょう

福助
福助
所有するシルクスクリーン作品を売りたいので、査定を受けたいというときは、無料査定を実施している買取業者を選びましょう。

ほとんどの買取業者は無料鑑定をおこなっています。有名作家や高額な作品の鑑定であっても、鑑定料を請求することはありません。良心的な買取業者ほど無料査定をしているのです。

反対に、高額な出張費を請求する業者は悪質だといえます。査定依頼時にいくらかかるか、確認しておきましょう。


シルクスクリーンの買取実績が豊富な業者に依頼しましょう。

福助
福助
シルクスクリーン作品の買取実績が豊富な業者は、作品の市場価値がよくわかっている目利きの業者です。最新の買取相場に準じた査定額を出すから、多数の作品を買取できます。

つまり実績豊富な業者は、信頼できる買取業者でもあるのです。買取した作品はホームページに掲載されていることが多いもの。

画像つきのホームページもありますから、どんなシルクスクリーン作品をどれくらい買取しているのかを見てみましょう。


出張買取

  • 日時のご予約
  • ご自宅へ訪問・査定
  • その場でお支払い

出張買取対応地域(東京都内一部地域限定)

*出張買取対応地域を東京都内の店舗近郊に限定することで経費を抑え、買取価格に還元しています。

ポイント
  • 成約に至らなくても出張料金はかかりませんのでご安心ください。
  • お品物によっては出張買取をお断りする場合がございます。
  • ご質問・ご相談は無料です、些細な事でも、お気軽にお問い合わせください。

店頭買取

宅配買取

  • 伝票到着後に品物と必要書類を郵送
  • 品物到着後、2営業日以内に査定、ご連絡
  • 買取金額ご同意後、翌営業日までにお振込み

店舗案内

東急目黒線・大井町線

大岡山駅徒歩1分

営業時間
11:00~18:00

クリックして今すぐお電話ください

0120-777-064

店舗名称骨董品買取の福助
住所145-0062
東京都大田区北千束3丁目26-14
TEL03-6425-9735
営業時間
定休日日曜
交通大岡山駅より徒歩1分
東急目黒線で
お越しの方
  • 大田区田園調布駅から2駅急行で2分
  • 品川区武蔵小山駅から3駅急行で3分
  • 蒲田方面多摩川駅から2駅急行で4分
東急大井町線でお越しの方
  • 世田谷区二子玉川駅から2駅急行で8分
  • 目黒区自由が丘駅から2駅急行で3分
  • 大森方面大井町駅から2駅急行で6分
  • 店舗外観

    店舗外観

  • 店内①

    白を基調とした明るい店内

  • 店舗とスタッフ

    お客様のご来店を
    お待ちしております。

0120-777-064電話をかける
お問合せ

関連買取品目

シルクスクリーンについて

画像

「シルクスクリーン」とは、版画技法・孔版印刷の一種です。正式にはシルクスクリーン・プロセス・プリンティング(silk screen process printing)といい、枠に張ったメッシュ状の版に孔をあけ、孔からインクを落として下にある布地や紙にプリントします。ちなみに「シルク」という名前の由来は、かつて版に絹生地を使用していたことから来ているものです。シルクスクリーンの特徴は、印刷が反転しないこと。通常の版画は版の上に紙を置いて刷りますから、画面と作品は反転します。シルクスクリーンの場合は上から絵具を落とすので、画家がイメージしたとおりの絵・デザインがプリントできるのです。また絵具量を調節することでグラデーションが作れますし、平面だけでなく曲面にも印刷が可能。おしゃれなTシャツやトートバッグのイラストなどに幅広く利用されています。アートの世界では1960年代からシルクスクリーンの技法が注目され始めました。ポップアートの第一人者、アンディ・ウォーホルによる「キャンベルのスープ缶」やマリリン・モンローの肖像画はシルクスクリーンを一躍世界に広めた名作。日本人アーティストでは、草間彌生の水玉のかぼちゃシリーズもシルクスクリーンで制作されたものです。シルクスクリーンは、製版が終わればひとつの版で複数の作品を作ることが可能です。プリント作品ではありますが、ウォーホルや草間彌生のような有名作家の作品は今もアート市場で高い評価を得ています。

フリーダイヤル LINE査定 無料査定・お問合せ
フリーダイヤル LINE査定 無料相談