ミッシェル・アンリ 油彩「優しいコクリコ」

品目 絵画
価格 45,000円
買取方法 店頭買取
買取地域 東京都世田谷区
作者・ブランド ミッシェル・アンリ
状態 額装・美品

ミッシェル・アンリの絵画を買取りいたしました。

ミッシェル・アンリは、1928年にフランス西部のラングルに生まれました。
1947年に国立パリ美術学校に入学して、色彩の美しさで知られた画家、シャプラン・ミディのクラスで画業を学びます。

在学中の1954年には、国立パリ美術学校の代表としてスペインのバルセロナに派遣されて、作品を展示。1955年に国立パリ美術学校を主席で卒業して、同年にテイラー賞を受賞するなど、早くからその才能を認められて伸ばしてきました。

卒業後も精力的に作品制作を続け、1965年に国立美術協会青年画家大賞を受賞、1977年にはフランス芸術家協会金賞を受賞、1981年にはレジオン・ドヌール勲章騎士号を授与されるなど、名実ともにフランスを代表する画家となりました。

ミッシェル・アンリの作風は、独特のあざやかな色づかいが特徴です。
モチーフとして華麗な花々や植物、風景を好みました。とくにバラやチューリップ、ガーベラ、すみれ、コスモスなどの花々を描くと、画面から色彩がこぼれるような華やかさが目を引きます。

見ているだけで気持ちが明るくなるような作品から、フランスの美術評論家はミッシェル・アンリを「幸福の画家」と呼び、アメリカでは花の中でも特にコクリコをたびたび描いたところから、「コクリコの王様」とも呼ばれています。

今回お買取したお品物も、ミシェル・アンリらしいコクリコを描いた油彩画です。目を引く赤のバックに、咲き乱れる赤いコクリコの花を入れた花器を中心に据えた、王道スタイル。奇をてらわず「コクリコの王様」らしい、華やかさあふれる作品です。

またミッシェル・アンリは親日家でもあり、1985年にサロン・ドートンヌの代表として初来日してから、1988年にはミッシェル・アンリ・ジャポンを設立するなど、日本を愛した画家でもありました。

2016年12月25日に惜しまれつつも生涯をまっとうしましたが、亡くなった後も作品に対する評価は変わらず、とくに日本国内では引き続き高い人気があります。

絵画買取 TOP へ戻る

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up