鎮西直秀 油絵「瑞彩 薬師寺朝明」

品目 絵画
価格 50,000円
買取方法 店頭買取
買取地域 東京都目黒区
作者・ブランド 鎮西直秀

鎮西直秀の油画絵画をお買取りしました。

鎮西直秀(ちんぜいなおひで)は、1953年に高知県に生まれました。
1972年に東京芸術大学絵画科に入学し、彼末宏(かのすえ ひろし)教室に入り、画業を学びました。1977年に東京芸術大学絵画科を卒業し、1975年には現代洋画精鋭選抜展の金賞を受賞。現代洋画精鋭選抜展は、これからプロを目指す若手画家の登竜門として、数々の作家を生み出してきた展覧会です。

日本で若手画家としての評価を得た鎮西直秀は、1977年にパリ・サンターヌ画廊で個展を開きました。
これ以降、鎮西直秀は海外に画題を求めて出かけるようになります。ヨーロッパやアメリカはもちろん、アフリカ、アジア各国、ソ連、オーストラリアなどを精力的に取材し、みずからの画の中に生かし始めます。

1978年には、沖縄平和祈念堂に100号の大作「守禮の月」を寄贈。沖縄平和祈念堂に併設されているこの美術館には、沖縄の平和理念に賛同した日本洋画画壇を代表する著名画家から、多数の作品が寄贈されています。
さらに1981年には現代洋画精鋭選抜展記念大展の特別奨励賞を受賞し、1993年から98年までは現代洋画精鋭選抜展の審査員をつとめました。日本を代表する洋画家の1人と言っていいでしょう。

今回のお品物は、京都の名刹・薬師寺の朝の姿を描いたものです。
鎮西直秀といえば、早朝や夕暮れ、星夜などの風景を描くことで有名。世界中のさまざまな光景を旭日や落日の風景として描き続けています。あざやかな色使いの空をバックに印象的なモチーフが配置され、自然の美しさを表現しています。

鎮西直秀自身も「名勝の朝夕の光彩を描き40年以上。そこに人の心を和ませるみなぎるエネルギーが満ちていることに気が付きました」と言っています。

こちらの作品でも、清らかな朝の光の中ですっくりと立つ薬師寺の姿がシルエットで描き出されており、自然の光の神秘を感じる油彩画です。
絵画買取 TOP へ戻る

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up