陳永森 油彩額装「妙義秋色」

品目 絵画
価格 50,000円
買取方法 出張買取
買取地域 東京都世田谷区
作者・ブランド 陳永森
状態 額装

陳永森 妙義秋色 油彩をお買取りいたしました。

陳永森(Chen Yong Sen)は台湾生まれの画家です。
1913年に台南(たいなん)に生まれ、1935年に日本に美術を学ぶためにやってきました。来日後は東京・早稲田にあった日本美術学校の日本画学部で日本画を学び、東京藝術大学の彫刻科でも学びました。

陳永森の父親・陳瑞宝は台湾でも有名な彫刻家でもあり、その才能を受け継いだ陳永森は、絵画だけでなく彫刻家としてもしだいに頭角をあらわすなど、マルチな才能を発揮しました。

学業を終えた後、陳永森は台湾に戻らず東京でしばらく滞在しました。
日本各地で日本画の個展を開いては評価を高めていき、のちにパリや上海、南京など海外でも、風韻のある日本画で人気の高い画家となりました。
生まれ故郷である台湾では、台北・高雄(たかお)・台南(たいなん)などで展覧会を開催。独自の世界を切り開いていきます。

陳永森は日本の展覧会の受賞歴も多く、日展の特選・白寿賞を2回も受賞し、日展の油絵部門でも5回選ばれ、書道部門でも選定されたことがあります。海外のアーティストとしてこれほど日展で高く評価された作家は珍しいでしょう。
日展での入選回数の多さも驚きですが、それ以上に多部門にわたって才能が評価されているというマルチぶりに驚きます。

今回のお品は、妙義山(みょうぎさん)の秋の風景を描いた油絵です。
妙義山は奇岩の多い不思議な風景の山で、日本三大奇勝のひとつに数えられます。アーチ状の石門群などは自然の造形美と言うべきもので、どこから見ても画のモチーフとなりうる山。

画家にとっては創作意欲のかき立てられる山容で、陳永森も画面上部に切り立った岩、ふもとに紅葉する木々を配置して、形と色の対比を鮮やかに切り取っています。
日本画と台湾の伝統的な絵画技法に基づいて油彩をたくみに使いこなした、陳永森らしい作品です。

絵画買取 TOP へ戻る

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up