龍駿介 「春の聖峰 富士山」

龍駿介作 油彩富士山図
品目 絵画
価格 13,000円
買取方法 店頭買取
買取地域 東京都港区
作者・ブランド 龍駿介
状態 額装(額に痛みあり)

龍駿介作 油彩富士山図をお買取りしました。 額の四隅に痛みがありましたが、キャンバスの状態は良くサインもしっかり残っておりました。
龍駿介:明治22年福岡県に生まれ、富士山の画を専門的に描いたことで知られる洋画家です。

若い時期に画家を目指し上京。遠山五郎・山本森之助・南薫造に師事、川端画学校でも技術等を学びました。

山岳風景が広く知られており、作品として数多く制作していましたが、1930年頃より肖像画家としてでもその名は広く知られていたため、多くの肖像画が残されています。

1931年には柳川の伝習館講堂と柳川高等女学校講堂において個展を開催。1932年より熊本県天草に滞在し、翌々年の1934年には中国東北部(旧満州)に移り住み、それぞれの地の風景画を多数制作したと言われています。

1935年に名前を清六から「駿介」に改名。満州から帰国した後に「万里長城附近戦跡洋画展」を開催。戦後も富士山の制作を数多く生み出し、たびたび富士油絵展を開催しました。晩年は東京都練馬区に移り住み活動の拠点としていました。1988年に永眠。

今回お買取りをさせていただいた油彩富士山図は龍駿介を象徴するような力強く大変迫力のあるお品物でした。
富士山の図は非常に高い人気があるモチーフです。金色の額縁も丁寧が彫刻が施された美しさで、富士山の素晴らしさをより一層引き立てています。

価値の分からない古い絵画の買取りは福助にお任せください。

絵画買取 TOP へ戻る

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up