日本画家・大野麦風作 美人画扁額

大野麦風作 美人画扁額
品目 絵画日本画
価格 150,000円
買取方法 出張買取
買取地域 東京都目黒区
作者・ブランド 大野麦風
状態 額装

明治から昭和初期に活躍した日本画家 大野麦風の美人画額をお買い取りさせて頂きました。

大野麦風(おおのばくふう) 明治21年~昭和51年 日本全国の魚類の生態を描いた版画集『大日本魚類画集』で有名な方ですが、初期の作品だと思われる裸婦画は珍しい一品です。

明治21年(1888)~昭和51年(1976)東京都生まれの日本画家で、本名は要蔵といいます。長原孝太郎のもとで洋画を学び、白馬会、太平洋画会、光風会などで活躍をした後に日本画家で転向。

独学で文展、帝展に出品し1923(大正12)年関東大震災をきっかけに、関西に拠点を関西に移動。
その時期から中央画壇と関係を持たずに無所属という形を通しました。

1930(昭和5)年兵庫県美術家連盟の創設に参加し、戦後は兵庫県日本画家連盟の委員長を務めました。後に出版をした『大日本魚類画集』は世間でも広く知られるようになった非常に有名な作品です。

今回お買取りさせていただきた大野麦風の絵は、目立つ色焼け、シミ、汚れもなく非常にきれいな状態で保存されていました。

大きな作品だったため、出張買取をご利用いただき、お客様には大変ご満足いただくことができました。
ご自身での絵画等の持ち運びは非常に大変かと思います。当店の出張買取サービスをお気軽にご依頼くださいませ。

大野麦風の日本画など絵画の買取は福助にお任せください。

絵画買取 TOP へ戻る

フリーダイヤル LINE査定 無料相談
Scroll Up